日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

やっぱり立ち方

 昨夜の稽古は参加者が少なめでした....?

 中学生がいなかったのかな?
 でも、稽古が始まってからはポツリポツリと高校生や一般がやってきて、最終的にはちょうど良い位の人数になったようです。

 部活が終わってからやってくる中学生の男の子は、短い時間しか稽古できませんが頑張ってますね
 できるだけ効率よく練習して、「早い時期に昇段審査を受けてくれれば」と思っているのですが....

 さて、先生曰く「簡単なことでも、しっかり完全に行うのは難しい」と言う事で、基本を重点に稽古が続きます。
 「手刀受け」の立ち方で、後ろ足の「腿の張り」について、重点的に直されました。
 管理人などは、既にそんな筋肉はどこかに行ってしまっているのですが、「弱弱しい!」と厳しくダメ出しです

 「騎馬立ち」の両足の張りについても、同じように直されました。
 
 「張りながら締め込む」

 と言う、この矛盾した動きができないと騎馬立ちの「安定感」が出ませんね。
 そして、上体が突きを出すと振れてしまいます。
 この矛盾を解消できるのはいつのことやら....

 基本の動作については、帯の上も下も関係ありません。
 「できない」のであれば「できない」んですね。

 組手の稽古では「蹴り」を取り入れた約束組手を行いました。

 「一本組手」で上段、中段、前蹴りの受け側の攻撃を「突き」ではなくて「蹴り」で行いました。
 当然、間合いが遠くなければ蹴りは出せませんから、自ずと受けの挙動は離れて行うことになりますが、その間合いの取り方で出せる蹴りの種類が限られてしまいますので、難しいですね。

 そのあとに、受けたら突き・蹴りを織り交ぜて短時間の連続攻撃を練習しましたが、管理人は「遅くて逆に攻撃されちゃうよ」とまたまたダメ出しでした。
 この練習は流石に有段者でけでしたが....

 形の稽古は「平安初段」でした。
 一つ一つの挙動がしっかり極められるように意識しての練習です。
 
 「ふらつくのは問題外!」

 先生の檄が飛びます。

 最後に平安初段の逆動作の「裏形」をやってお終い。
 なかなか極まらないですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/702-0fe88f9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【やっぱり立ち方】

 昨夜の稽古は参加者が少なめでした....? 中学生がいなかったのかな? でも、稽古が始まってからはポツリポツリと高校生や一般がやってきて、最終的にはちょうど良い位の人数になったようです。 部活が終わってからやってくる小学生の男の子は、短い時間しか稽古できま...

  • 2012/05/26(土) 14:03:12 |
  • まとめwoネタ速neo

FC2Ad