日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

何を求めるか

 今夜の稽古、始まる前には「なんだか人が少ないなぁ」という感じだったのですが、いざ始まってしまえばいつも通りの顔ぶれ。
 なかにはインフルエンザにかかっている者もいるという話がありましたが、欠席者はごく僅か....
 でも、新年度になって引退した門下生が如何に多かったか、という事が解るような気がします。

 それはそれとして、新年度になってから見学者が何人か見えているというのは先日来の話の通り。
 今夜も前回の火曜日の稽古の際に入門した3人の他に、男の子2人がやってきて体験入門という感じで稽古に参加していきました。
 3年生と1年生の兄弟で、まだその下に年中の男の子が控えています。
 上の二人が稽古に参加しましたが、なかなか楽しそうにやっていきました。
 楽しかったのなら、また来て欲しいですね。

 稽古はサクサクと進んでいきます。
 体験入門の子たちもいるので、そんなところもあって先生は「すべてのメニューを体験させよう」という気持ちがあったのではないかと思います。
 前回入門した子たちと一緒に、最後に移動基本をみんなの前でやることに。

 「追い突き」「上げ受け」「前蹴り」「手刀受け」の挙動をやる事になってしまった子供たちは
さぞかし困ったでしょうに!!

 でも、一般の女性に指導を受けたせいもあって、初めてにしては頑張りました。
 こういう動きってなかなか解らないんですよね。
 それも数回見ただけでは理解できないような動きが入ってるから大変です。

 それを頑張ってやっていたんですから.....
 そうそう、組手の試合も体験しました。
 メンホーつけて、拳サポーターもつけて組手の試合です。
 3年生の子は管理人から見ても、とても初めてとは思えない動きで試合をしていました。
 「将来有望」かな.....(笑)

 稽古が締まった後に、兄弟のお母さんと少しお話をする時間がありました。
 
 管理人にも経験がありますが、子供に空手に限らず「武道」を習わせようとする保護者の気持ちってどうでしょう?
 
 「礼儀作法を身につけさせたい」

 管理人もそんな様な理由だったのかもしれません。
 いろいろな武道を見せて、空手も違う流派も見に行きました。
 でも最終的に、ここ「仁武館」にお世話になるとこになったのです。

 その辺の決定の決め手というのは、一概には言えませんが「指導者の資質」ではないでしょうか....

 「指導者の資質」によって、その道場の雰囲気が決まります。
 それはそうですよね。
 その道場は、その指導者が掌握して運営しているのですから。

 でも、門下生にも左右される部分が当然ながらあります。
 それは保護者にも言えることです。

 「子供を預けて、すべてを指導者に一任できる」という信頼関係が築けなければ、うまく行くわけないですよね。
 その辺りのことが上手くいっているのが「仁武館」です。(と指導者ではないのに、自負しているのですが....)

 さて、新年度になって新しい門下生が増えていますが、空手に、この仁武館に何を求めているのでしょうか。

 いままでお話ししたとおり、先生は子供を任せるに値する方だと思いますが、この道場でできることは「挨拶」をさせる位だと話していたことがあります。
 要は、ここで「どう過ごすのか」は当の門下生本人と保護者の考え方と、取り組み方ではないでしょうか?

 常にポジティブな意識を持って、道場の活動に取り組んでいけば充実した時間を過ごせるはずです。

 体験入門中の子供たちも、この道場のどこか気に入ってくれれば嬉しいです。
 そして、ここで一緒に頑張れるといいな。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2012/04/25(水) 12:33:33 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

せっかく頂いたのですが...

 せっかくコメントいただいたのですが、文面が入力されていません。
 よろしかったら改めてコメントいただければ幸いです。

  • 2012/04/25(水) 22:30:17 |
  • URL |
  • 空手親バカ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/692-1fbc1099
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad