日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

新しい仲間

 新年度に入って4月も半ばとなりました。
 何か新しいことを始めるには良い時期ですね。

 このところ、道場への見学者も何人か来てくれていますが、昨夜の稽古にも男の子がお母さんとやってきました。
 小学1年生と言う事で、空手を始めるにはちょうどいいタイミングですよね。
 稽古の後半になって帰られましたけど、「また来る」と言う感じだったようですので、期待して待つことにしましょう。

 先日から見学に来ている男の子2人と女の子1人が入門することに決定しました。
 女の子はまだ年長さんで、稽古についていくことはなかなか難しいと思うのですが、上手に教えていくことで何とかなるのかも.....

 しばらく前に入門し、最近になって胴衣を着ることができるようになった男の子と女の子の兄妹は、これで突然先輩になってしまったわけですが、先輩としての「責任」ができてしまいました。
 いちばん近い先輩ですから、新しい入門者の見本にならなければいけません。
 もっと上の先輩たちが稽古をしているとき、しっかり「看取り稽古」をすること。
 お互いに無駄話をして遊んでいないこと。
 そんなところを後輩にみられることになったのですが、これがなかなか大変だと思いますね。

 管理人はそういう所はしっかりやって欲しいので、たとえ小学1年生であっても指導します。
 
 「先輩のやっていることをしっかり見て覚えなさい」
 「人が稽古をしているときは、遊んでいないで座って見ていなさい」

 道場はスポーツクラブでもありませんし、ましてや友達との遊びの延長でもありません。
 
 空手の道場に来る人と言うのは、多かれ少なかれ「礼節」を身に付けさせたいと願っていると思っていますので、しっかり指導してしまいます。
 「ここまでやっていいのかなぁ」と自問自答しながらですが、「ダメなものはダメ」ですから、これからもいいまで通りにやらせてもらいます。

 稽古には管理人、遅れて参加したので形を2回やって終わってしまいました。
 実際はそれだけでも、体が疲れてしまって大ごとでしたが
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/691-dc3d9143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad