日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

火曜日

 今夜の稽古、管理人は遅れて参加。
 道場に到着すると、みんなは組手の稽古中。

 準備運動をしていたら、組手も終了。
 最後に「形を一回やります」と言う先生の言葉。
 選定形から選ぶことになりました。

 「選定形」と言っても、低学年の色帯さんたちは理解できていません。
 平安形とか始めちゃっていました....

 まあ、仕方ないですが....

 管理人もこれだけはやりましたが、一回の形で息が上がってしまいました。
 動いていない身体を、いきなり「全開」で動かすのは無理がありますね、やっぱり

 そして稽古は締め。

 「先日の昇級審査の結果を報告してください」

 先生のかけ声で色帯さんたちが前に並びます。
 下の方から「僕は仮6級から6級になりました」とか「私は仮5級から5級になりました」とか...
 半級しか上がれない子が多いのです。

 半級ではなく、一級上げた子は3人くらい??
 なんだか煮え切らないというか、そんなことでいいのか!?

 先生は「普段の練度を見られた結果」と言っています。
 その通り、普段の稽古がまだまだしっかりできていないんじゃないのかな?
「自分の三か月」は他人から見れば「半級」だったと言う事が、この結果です。

 別に先を急ぐ必要はないんです。
 自分が「できる」「できている」と思ったら、審査を受けて確実に上がっていけばいいんじゃないかな....
 ライバルが、同じ学年の子が、自分より「先」に行くことに不安があったり、「負けられない」という密かなプライドがあったり....

 わかります、その気持ち

 でも!!

 それなら、もっともっと頑張っていいはずじゃない~!!!???
 と言う事で、頑張ってね、みんな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/684-194d03a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad