日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

稽古すれば上達できる

 今の時期、稽古は若干早めに開始されて、前半・後半と別れて行われています。
 前半の稽古はいつも通りの稽古。
 後半は大会出場を目標としている選手候補の稽古。 これは自己参加ですけど....


 前半の稽古では、その場の基本と移動基本に重点が置かれました。
 その場の基本では、「蹴上からのエンピ」を集中してやったのですが、これもなかなかうまくいかない挙動ですよね。

 管理人も「しっかりやるのは当然でリズム感がない!」と一刀両断にダメ出しを食いました。

 まあ、そうは言っても上手くいかない色帯さんたちの動きを見ていると、直してあげることくらいはできます。
 アドバイスをすることはできても、それを実行するのは当人たちですから、何度も繰り返し練習して、その中から何かきっかけを見つけてもらうしかないんですよね。

 これは移動基本にも同じことが言えます。
 紫帯の小学6年生の男の子から指導をお願いされて、その挙動をチェックしました!
 身体も大きくなって、力もついてきています。
 でも、それがためにガチガチの動きになってスムーズに動けなくなっているのです。

 一部分の筋力を使って挙動をするのではなくて、身体全体のスムーズな体重移動の中から腰を押し出してつなげていく...というような動作を身に着けるには、まだもう少し時間が必要です。

 「ある日突、然開眼する!」と言ったドラマチックな展開があれば、それはそれで凄いことだと思いますが、地道に何度も繰り返す中で身体が自然に覚えていくものでしょうし、逆にそうでなければいけないのだとも思います。

 まだまだ時間はかかるだろうけど、頑張ろうね。

 移動基本では弐段の基本も行われ、管理人もその中に入ってやったのですが、すっかり間違えて動いてしまい、見本にもなりませんでした。
 常日頃、繰り返していなければ身に付きません.....

 組手も行われましたが、すでに時間は移動基本までにかなりの部分を使ってしまっていたので、そこそこに終了。

 そのあとは大会組の練習です。

 ここ数回、中学3年生になってから、受験対策のために道場に顔を出していなかった男の子が稽古を再開しています。
 聞くところによれば、高校入試の前期選抜(自己推薦)の試験を見事にパスして、高校合格したそうです。
 おめでとう、一年間頑張ってきたかいがあったよね。

 高校生になってからは、自分のペースに合わせて空手を続けていけばいいと思います。
 高体連の大会なども入ってくるでしょうけど、それも本人次第。

 楽しく、長く続けていけることが大切ではないでしょうか。
 その中で、結果が目に見えるということであれば素晴らしいことですが。

 やっぱり、道場に来て稽古しなきゃ!
スポンサーサイト

コメント

「蹴上げからのエンピ」 平安四段 観空大 
ソウチンなど に出てきますね~
個人的にあまり好きでない型に出てきてることにきづきました。もうすぐ一年になりますが、
この動作を 体操もやらずに 稽古前に練習し
今日は調子いいな~と  やりすぎたせいで
左ひざと 左腿付け根を痛め  未だに治らず
最近又 正座が痛くて 立つ時にも手で支えて立たないといけない状況です。 毎日使う為
休めるなんて出来ないので治らないんでしょうね  しかし 蹴上げは 難しいですよね!

  • 2012/03/08(木) 23:22:57 |
  • URL |
  • とーこさん #-
  • [ 編集]

まったくですね(笑)

 挙動の難易度は別としても、やっぱり準備運動は大切ですよね!
 同世代としてお察しいたします。
 我々の年代になってくると、痛めた個所が治りが遅く、季節の変わり目や天候などでぶり返すという傾向にありますからねv-12
 子供たちに混じっての無理は禁物ですv-392

  • 2012/03/11(日) 18:50:15 |
  • URL |
  • 空手親バカ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/682-3a9126e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad