日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

自主練習 続き

 さて、「平安五段」をできる!と言った男の子。

 そりゃ、管理人も「できる」のレベルくらいは考えてます!
 ですから、そんなに期待はしていなかったのですが....

 「平安五段、用意...  はじめ!」

 .....?

 なかなか第一挙動に移りません。
 
 「どうしたの? 平安五段できるって言ったでしょ?」

 「......」

 お、動いた!    なんだそりゃ?  「平安二段」の第一挙動でしょ!?

 それからの経過は省略しますが、要は「自分で練習もせずに、人に教えてもらおうなんて考えは認めない」ということを伝えました。
 自分で練習をして、できないところを見てもらう。
 なんだかよく分からないところを教えてもらう。
 そんな練習なら、指導する方としても気持ちが入りますよね。

 「できる」と言ったその気持ち。
 そして、第一挙動にすら入れない現実。

 分からないんなら、そう言って来ればいい。
 「どうやるのか、教えて欲しい」
 そう言って来ればいい。

 それから始めから最後まで、平安五段をやりました。
 でも、練習時間の中では、自分の力だけで最後まで通すことはできませんでした。
 保護者の方がお迎えに来ていたので、頃合を見計らって終了。

 自分で練習するんだよ。 自分でやらなきゃできないんだよ。

 道場で「遊んでいて楽しい」のと「空手をやって楽しい」は違うんだから.....


 
 珍しく一般の女性が自主練習の途中から顔を出していました。
 無級の男の子の「平安初段」を指導してやった後に、普段やっていない選定形の「燕飛」や「抜塞大」、「観空大」などの手順を確認していました。

 やっぱり平均的に全ての形を練習しないと、その手順すら忘れてしまいます。
 その女性もダメダメでしたが...

 自主練習ですから、自分がやろうと思ったことをやればいい訳で、道場に来た子たちはそれぞれ楽しく練習していったと思います。

 気が付けば、いつもの稽古終了時間と同じです。

 頑張っちゃったなぁ....
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/679-e90b3153
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad