日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

昨夜の稽古

 火曜日の稽古。
 中学生達は「テストが近い」という事で、学業に専念??すると言う名目で、稽古は全員お休みでした。
 で、管理人がまとめ役になってしまいましたが....

 普段どおり、稽古が始まりました。
 基本重視の流れは変わらず。
 移動基本をメインに行いました。

 昇段・昇級審査の移動基本で、帯別の挙動を有段者が見本で行います。
 そのあと、同じメニューをこなしていく訳ですが、こっちがハァハァ息が上がっているのに、なんだか軽々とやっていくのは、管理人の思い過ごしでしょうか....

 できている者から抜けていくのですが、なかなか抜けていけない子もいます。
 それは、どこか決定的に間違っている部分があったりするからなんですね。
 みんな、それぞれに相当の期間を練習してきているのですから、出来ない所というのは似通ってきます。
 でも、その中でも注意して練習している子は、出来ない所が他人より上を行くわけで....

 やっぱり自分で注意していかないと、治るものも治らないのです。

 そんな中、有段者が帯下の子に一人づづ、指導についたときの事。
 管理人が指導にあたった小学生の女の子。
 不十分な所を言葉で指導して、少し見本を見せてみました。

 そして、本番。
 出来るじゃないですか!!
 能力を持っていても、要領がわからない・方法がわからない、という子はいるんですね。
 そういう子は、少しきっかけを教えてあげると、直ぐに出来てしまう。
 すごい事です。

 組手では、4チームを作って団体戦を行いました。

 7人で団体を組んでの試合ですが、管理人のところは一人少ない6人体制。

 試合は、それぞれの個性が出ていましたが、少しアドバイスをしてあげると動きが変わるというのも、基本の所と同じ事ですね。
 管理人は、こと組手はからっきしですが、それでも子供達の練習相手くらいにはなるので、一生懸命やってます

 最後に自分でやりたい形を一度通して、稽古終了。


 月末に行われる合宿の話もありましたが、参加する者は、楽しく行事を過ごしていく中にも、筋の通った行動を取って、事故のないようにして欲しいと思います。
 それが、道場の先輩の役目。
 けっして、親元を離れての「好きな事やりたい邦題」の時間ではありません。
 
 後輩は、「先輩の姿を映す鏡」だと思え。  

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/662-863a9e07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad