日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

先週のまとめ

 先週は火曜日の稽古は都合で欠席。
 金曜日のみの稽古となりました。

 火曜日の稽古のお話は、最近の流れ同様ですが....
 子供達の出来ない部分、基本・組手・形の修正にかなりの時間をかけたようですね。
 大会などのイベントがないこの時期。
 基本の習得に時間を掛けられる時に、しっかり見につけてしまえば、この後が楽になりますね。

 で、昨夜の稽古。

 やはり、基本の習得に当てられました。

 特に移動基本では、来週に昇段審査があることから、茶帯の子を中心に各帯別の挙動を有段者が見本を見せて、それから指導にあたりました。
 管理人は、火曜日を欠席した事もあって、身体が動かなくって、とても見本にはなりませんでしたけどね....

 管理人が指導にあたったのは、緑帯の小学1年生の男の子。
 立ち方と、動作の正確性が足りませんでした。
 まあ、まだまだ無理からぬ事だとは思いますが、出来ないものにOKは出せませんからね。

 茶帯のうち、指導者にOKを貰ってみんなの前に立ったのは一級の女の子と、二級の男の子。
 移動基本を行っている途中に、先生から檄が飛びます!

「そんな気合しか出ないのか!?」

 女の子は、途中で止められてしまいました。

 男の子のほうも、「腹の底から気合を出せ!!」といわれ、一応最後まで続けましたが、
      
       「気合、相手を上回ろうとする気迫が感じられない者は、技術があってもダメだ」

と、厳しく言われました。

 この流れは組手でも続き、「相手を倒すという強い意志」が感じられない者は、技が出来ていてもOKはもらえません。
 
 「気迫のあるものを上げてください」

 判断する有段者に対し、先生は求めます。

 という事で、なんだかいつもと違った流れになりましたが、「技術は後からついてくる。先ずは気迫のあること。」と、気合の入った組手の稽古になりました。

 さて、形の稽古に入ったときは、時間も推してきていたせいもあってか、各形の第一挙動のみをやって、最後に自分で選んだ形を、各挙動に「気合」を入れて、演武しました。

 各挙動に「気合」を込めると、当然「力」も入ってきます。
 ですから、言い方は悪いですが、ガチガチに力の入った形になりました。
 でも、これだけ力の入った形を、スムーズな流れの中で演武できれば、すばらしいですね。

 みんな、そう出来る様に頑張ろう!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/661-8bf472e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad