日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

先週末

 いつもどおりの稽古が始まります。

 昇段審査後のここ何回かは、「立ち方」に重きを置いて、稽古が進みます。

 「後屈立ち」、「騎馬立ち」の二つの立ち方ですが、これができないとダメなんですね.....
 「騎馬立ち」からの「前屈下段払い」への移行を、繰り返します。
 これが上手くいかない....

 身体の締めと張りが足らないみたいです。
 まだまだですね。

 形の稽古はやらずに、組手の稽古だけでしたが、今は全国大会組の稽古が後半にあるので、それほど長い時間をとることもできないんですよね。

 そんな感じで、割と早目に稽古が終了。

 一旦、締めてから後半が始まりました。

 この日は、管理人もそのまま道場で稽古の様子を見ていました。

 団体の形の稽古がメインです。
 各学年のチームがそれぞれに行います。

 コートに入場するところから集中していなければいけないのに、なんだかのそのそと入場して、ピリッとしたところがありません。
 ガチガチに固まった動きをする必要はサラサラありませんが、手の先までピンと延びた、一本筋の通った姿勢が大事なんじゃないのかなぁ....
 形は相手を想定して、演武するのですが、「演武」であるからには、「演じる」ことをもっと気にする必要があると思うんですよね。

 子供達には、まだまだ理解できない部分なのかもしれませんが、コートに入る動作一つとっても、その選手の技量がわかるってもんです。
 「形がしっかり出来ればいい」のですが、ある意味、それだけだけではないのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/633-2a2807c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad