日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

練習の変更

 昨夜の金曜日から、練習時間が変更になっています。

 通常の練習は、6時から7時半までです。
 まあ、いつもの通り、そんな時間にはキッチリ終わるべくもないのですが、一応、先生の言うには「7時半まで」です。

 その後は、全国大会の選手の練習時間になります。
 1時間くらいと言う事です。

 さて、昨夜は稽古時間になって、挨拶が終わると直ぐに基本の動作に入りました。
 いつもは体操から入っていくのですが、時間がもったいないのでしょうか、体操は飛ばして稽古に入りました。
 これからは、稽古の前に自分で身体をほぐしておかなければならないですね。

 基本の動作では「手刀受け」のチェックがメインでした。
 管理人、この動作が苦手です。
 似た様な人も多いと思うのですが、どうしても腰が浮いてきてしまって、正しい姿勢が保てません。
 でも、昨夜は調子が良かったのか、ダメ出しを食わずに指導する側に。

 自分が上手くできないので、他人の粗もよく見えます。
 直してあげるのですが、なかなか出来ないことも解っちゃいます。
 兄弟で見てあげると、下の子の方が良かったりして、「出来る、出来ない」は厳しいものです。

 さて、これが済むと移動基本です。

 帯下の者から、追い突き・上げ受けの辺りからチェックして行きます。

 黒帯の番になると、弐段の移動基本です。
 管理人は相変わらず上手くできませんが、テンポが悪いんですよね....
 それは身体がスムーズに動かないのが原因ではあるのですが

 組手の稽古では、「足を使った攻撃を考えるように」と指示が飛びます。
 蹴ってから突くのか、突いてから蹴るのか、それぞれ自由ですが、攻撃のバリエーションを増やす事を考えなければならないんですね。
 これも、思った事を実行できる身体能力が必要になります。

 最後に形を二度やりました。
 一回目はそれぞれ練習。
 二回目は通して演武。

 昇段審査を受ける者が、弐段の先輩の前で演武します。
 それぞれ、アドバイスを貰って稽古終了。

 そこから、大会選手の練習が始まります。
 段々とキツくなってくるけど、選手は「長野県の代表」と言う事を認識して、頑張ってくださいね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/629-77e11dfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad