日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

こぢんまり

 昨夜の稽古、いつにも増して小ぢんまりとしていました。

 小学生が登山や臨海学校の学校行事のために、欠席者が多かったのと、中学生がほとんどいなかったため....
 中学生はテスト期間は終わってると思うのですが、少なかったなぁ....

 管理人は遅れて参加。

 基本の追い突きと手刀受けのチェックをしているところでした。

 その後、移動基本から組手へ。

 一本組手の「寸止めの大切さ」「受けの手首の捉え方」について、改めて指導がありました。
 「寸止め」って難しいですよね。
 遠ければ「寸止め」にならないし、当ててしまっては話になりません。

 相手との一本組手で、勝敗を自己判断したのですが、判断がつかない組み合わせは全員の前で再試合。
 そこで、勝敗を判断するのも「見取り稽古」です。

 次に形稽古。
 基本の時に追い突きと手刀受けをやっていた事もあって、「平安初段」がお題です。

 OKを貰ったのは弐段の中学生。
 その中学生が、次の合格者を判断します。
 その時点で管理人は上がる事ができましたが、まだまだですね....

 帯下の子達は、手順は覚えていて、動く事はできますが、結局、正確さや極めの部分でダメ出しを食っています。
 みんなは、「この人」って思った先輩の真似をする所からはじめよう。
 そうすれば、その先輩と同じ事が出来るようになってくるから。
 その先輩が上手なら、みんなも上手になるはずだよ。

 形が終わったところで、管理人を含めて4チームの組手の団体戦です。
 一回戦の終わりに、相手の一般の女性と対戦して、中段に廻し蹴りを入れてポイントを取ったら、離れ際に蹴飛ばされてしまいました。
 どうも、痛かったようです
 周りでみていた保護者の方から笑われてしまいましたが....

 人数も少なくて、リラックスして稽古できたんじゃないかな....?
 ゆっくり出来るのも、そう長くないです。
 そろそろ全国に向けての練習が始まるだろうから
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/622-682bf3b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad