日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

火曜日は

 管理人、遅れての参加です。
 高校生の女の子も、一緒に遅れて参加。
 

 既に移動基本の練習に入っていました。
 管理人は良く身体をほぐしてからでないと、予期せぬトラブルを抱える恐れがあるので、こういう時は入念に体操します。
 アキレス腱切ったり、肉離れしたりしたら敵いませんからね。

 組手の部では、そろそろ昇級が近いので「五本組手」からの練習です。
 これって、しっかり出来ない子が多いんですよね。
 間合いを上手く取れないのが原因ですが....

 そこから「一本組手」「約束組手」と進みますが、帯下の子達は「いまひとつ」の感が拭えませんね。

 さて、形の部では「平安二段」がお題になりましたが、挙動ごとのチェックでは、みんなの進み具合が良くなくって、先生が痺れを切らしました。
 と言う事で、「平安二段」は途中でおしまい。

 帯別に有段者が指導にあたりましたが、管理人は茶帯の男の子二人の「慈恩」を見ることに。

 それぞれの指摘事項を全て指摘するとなれば、時間は足りません。
 ここだけは注意してと言う所だけを指摘して、練習時間終了。

 「その帯のレベルにあるか」と問われれば.... 「?」

 頑張っているのは良く解ります。
 でも、頑張りが「結果」に結びついているかと言うと、なかなかそうじゃないんだなぁ....
 もう少し、自分で、頭で考えてやってみたらどうだろう。

 勢いだけとか、かたちだけとかじゃなくって、「こうすれば」「こうしたら」って自分でいろいろ考えて、解決方法を探してみるのも大切じゃないかな。

 そんな事を言う管理人も、実際にやってみれば「ダメ出し」だとは思いますがね....
 でも、自分で何とかしようと考えるんです。

 そうなってくると、全然違ってくると思うんだけどなぁ


 稽古終了後、先週末に総本部で行われた「世界大会代表選考会」の結果が発表されました。
 小学3年女子形の部で、代表選手に選ばれました

 8月にタイ、パタヤで開催される世界大会の代表です。
 やってくれるね~
 でも、その前に開催される全国大会での成績の方が、もっと大事かもしれないよ。
 どっちの大会もがんばってね

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/612-fb5cbe08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad