日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

遅くなってしまいましたが

 今日は金曜日。
 通常の稽古日ですが、今月から大会参加選手の練習のために金曜日はそれ以外の人はお休みです。

 
 先日の火曜日の稽古、何故か早目に稽古が開始になっていて管理人も遅れて?参加と言うことになってしまいました。

 稽古のほうはいつもどおりに進んできますが、なんとなく進み方が違う.....
 管理人も伊達に長い間先生の指導を見ているわけではありません

 組手の稽古、形の稽古となり最後に「自分の形を二回やります」。
 それぞれに思い思いの形を演武して稽古の締めとなったのが午後8時ごろ。

 そこで年度末を持って引退する小学6年生と中学3年生がみんなの前で挨拶をしました。
 
 小学生の男の子は二年半、道場に通いました。
 他所の道場から移ってきた子で、管理人としても出来るだけ良い環境で稽古して欲しいと思っていましたが、念願の「黒帯」も締めることができて本人も遣り残した事はないと感じたのでしょう。

 中学生の男の子2人と女の子1人も引退です。
 男の子2人は小学・中学と9年間道場に通いました。
 県大会でも好成績を残し、全国大会にも出場しました。
 道場のムードメーカーと言った部分も担っていた子達です。

 女の子は小学校5年の時に引っ越してきたので、他所の道場から移ってきました。
 県大会はおろか、全国大会でも上位入賞を繰り返す「つわもの」でした。
 高校進学しても県内の強豪校で更に上を目指すと言うことです。

 みんな、それぞれに思い出がありますが新年度の句切りに道場を卒業して行きます。
 新しい生活になっても、道場での厳しくも楽しかった稽古を思い出して頑張ってくださいね。

 さて、挨拶が終わった後に先日の昇段審査で合格した男の子が恒例の(試割)に挑みます。

 何故か管理人が板を持つ役になってしまいましたが、さて結果やいかに....


 「それじゃ間合いが遠くないか?」

 管理人が注意をしているにもかかわらず本人は「行きま~す!!」

 !!!!?

 ほら、ダメでしょ....

 気を取り直してもう一度。
 今度は他人のアドバイスを聞く気持ちの余裕が出来たのか、良い間合いで再挑戦。

 見事に割れました

 おめでとう!!!


 それで終わりかと思ったら、選手の稽古が待っていました.....
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/593-ded96978
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad