日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

先生の不在 2

 今日は昨日の「小春日和」から一転、冬の気配が戻って時折雨の降る一日でしたね。

 夜になってからは気温も下がって雪もちらつき始めました。
 管理人は少々体調不良....

 今夜も先生が都合で指導できなくなってしまいました。
 と言うわけで、再び高校生の男の子と管理人、そして一般の女性での三人体制の稽古となりました。

 形の指導を中心に1時間30分の短い時間ではありましたが、それぞれ頑張っていましたね。

 管理人は前回同様に「平安二段」を担当。
 今夜は年長からのチビッ子三人と中学生の男の子と言う変則な体制になってしまいました。
 
 「しっかり家で覚えてきてるかな?」

 「うん、やった」との声もあれば、「....」と首をひねる者もいます。
 そんなことは仕方ないのですが、実際にやらせてみると首を捻った子もそうでない子も大差ない.....

 そこから復習が始まります。
 これをやると先生の普段の苦労が身に沁みます。
 自分はそれほど動かないので身体は楽ですが、声は枯れるわ、集中力を途切れさせないようにする手立てを考えながらやるのに気を使うわ、大変です。

 同じ白帯でもレベルはそれぞれ違います。
 黒帯だけなら勢いだけでやっても、みんなそこそこのレベルなので問題なく稽古が進むので負担それほどありません。
 まだ、平安二段を覚えている途中のレベルですから全て説明しなければなりません。

 昔は先輩がやっているのを見て、それだけで覚えていたものですがねぇ....
 
 そうは言ってもみんな頑張っていますね。
 さすがに中学生ともなれば口で言ったことが理解できて、それを身体で実行することが出来ます。
 細かい所を見ていけば直す所は沢山あるのですが、まだ白帯のレベルで見ていけば概ねOK。

 最後には「平安三段」のグループに上げてしまいました。

 中学生が抜ければ今度は「平安初段」のグループから女の子が上がってきて、これまた平安二段を全く解らない状況なので、再び一からの指導です。

 正味1時間位の形稽古。

 どれだけ理解してくれたことやら....

 稽古の締めに高校生の男の子から「指導を受ける立場の者はしっかりした姿勢で取り組む様に」との話がありました。
 年長さんあたりのチビッ子には集中して稽古しろというのはなかなか無理があろうかと思います。
 でも、道場に来て道着を着ているのですから、指導を受ける時はしっかりして貰いたいですね。

 こと稽古に取り組む姿勢は「一事が万事」を地で行ってます。
 しっかり稽古する者はその分伸びますし、誘惑に気を散らせている者は遅れていきます。
 そんな事にならない様にと思って気を使うのですが、これがなかなか....

 次回は先生が指導できると思います。
 みんな、しっかり頑張ってね!
スポンサーサイト

コメント

大変ですね

先生がいないと 代わりに責任持って教えられる人がいなければ 本当に困りますよね
その代わりが出来る 高校生や 一般がいることは とてもうらやましいですね
私のところは まだまだ これからです
一般は仕事が大事ですから 仕方ありません
今月も 支部長が海外に行くので その数日
頼まれています  考えると どうして指導するか 悩みの種です!! が 
楽しんでやろうと思います

考えさせられます

 実際の指導と言う立場になると、普段先生のやっている流れをそのまま辿ればいいのか、それとも自分の感じていることを実行に移すのか....
 指導する者が変われば稽古のやり方も変わると言うことが良いのかどうか、計りかねますv-393
 「とーこさんの指導」、実行してみてくださいね!

  • 2011/03/08(火) 23:23:09 |
  • URL |
  • 空手親バカ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/585-08212d37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad