日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

更新遅れましたが....

 先週の金曜日の稽古は管理人、都合で欠席。

 話を聞くところによれば、ほど良い緊張感を伴って気持ちの良い稽古ができたそうです。


 さて、昨夜の稽古。

 週末に控えた昇級審査の対策に特化した稽古です。
 
 基本の稽古から移動稽古、組手をはさんでの形稽古。
 基本ではそれぞれの帯別に行いますが、そこに黒帯が混じって同時に行います。

 それを残った黒帯が見て、基本の部分での合否を判定します。
 さて、結果はどうだったかと言うと.....

 基本の不合格者は3人いました。

 しっかり出来ていなかった者、挙動を間違えた者....
 それなりの理由があります。
 妥当です。

 組手では「一本組手」を黒帯が色帯を捕まえて指導します。
 普段は色帯側から指導を受けたい先輩を選ぶのですが、今回は逆でした。

 指導をした後に、試合がありました。
 勝った者、負けた者、それぞれですが一人ひとりに対して先生からアドバイスがあったので、しっかり聞いていた者は自分に足りないことが解ったと思います。

 形の稽古では帯別に行いましたが、やっぱり黒帯が同時に行います。
 そして指導を受けたい先輩を選んで練習します。
 その後は指導した黒帯が形の合否を判定して演武を行わせます。

 最終的に基本・形を「合格」と判定された者は5分の3と言う所でしょうか....
 その他の5分の1が基本の合格。
 残りの5分の1が両方とも不合格。

 「自分は頑張っている」と思っている子も多いと思うのですが、結果が伴っていなければ最終的には不合格と判定されます。

 「結果が全てではない」
 その通りだと思います。
 でも、結果を求められる事に向かう為にはそれでは話になりません。

 「経過は大切だ、だが結果が全てだ」
 やはりこの言葉の方がしっくり来る様な気がします。
 
 道場の稽古だけで「結果」を出せる者もいます。
 反対にそうではない者もいます。

 では、そうではない者はどうしたら良いか?

 自分の時間を削って追いつかなければ「結果」はついてきません。
 週末まであと少しです。

 不合格と判定されたみんなも頑張って見よう。
 ちょっとの頑張りで合格を貰えるかも知れないよ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/572-3e3d805d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad