日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

日曜日

 北信越地区空手道選手権大会(ミニ国体)が富山県の黒部市総合体育センターで開催されました。

 道場からは高校生の男の子が参加。

 少年形の部に出場です。

 この大会位のレベルになってくると、形試合は緊張感があって見ている方もテンションが上がります。

 初戦は第一指定形。

 門下生は「慈恩」を演武。

 相手も松濤館だったので「観空大」でした。 

 初戦は決して良い形とは言えませんでしたが、門下生以上に相手の演武が悪かったということだと思います。
 初戦突破にホッと胸をなでおろして二回戦。

 立ち上げから察するに相手選手は対戦県のナンバー2!?

 第二指定形の対戦は....
 門下生は「燕飛」、相手は剛柔の「クルルンファ」です。

 結果、3-2で二回戦敗退でした。
 ちょっとスピードがなかったかな....
 良かった部分もあるのですが、先の演武と言う事も多少は影響したかもね。

 三位決定戦は高校総体地区大会の因縁の相手との試合。

 それぞれが得意形を演武ですが、門下生はこの形「雲手」が一番練習していないのですから到底勝ちは望めません。

 でも、先の演武となった相手の形「スーパーリンペイ」を見ても、ピンとこない印象の薄い演武でしたから「これは!?」と淡い期待をもっていました。
 いざ演武、前半はまずまずですが、やはり課題の後半の息切れが露呈しました。

 それでも結果は?

 3-2で相手の勝ちとなりました
 
 結果は仕方ない。
 この仇は沖縄で!
 
 同県の、それも協会の選手が見事に形の部優勝を飾ってくれたのが救いです。
 まあ、この選手がいれば門下生が決勝で対戦しても勝てなかったと思いますから、本大会には結局のところ進めなかったのですが.....

 組手の試合を応援して、最後の団体戦は自県の名誉をかけて県勢みんなで応援です。

 大将まで試合をもって行かずしての素晴らしい試合運びで優勝でしたね

 県選手団の皆さん、お疲れ様でした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/525-8930dc64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad