日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

感じること

 先週の土曜日に行われた昇級審査。

 道場からも何人か、受験して来たようです。
 さて、ほとんどの子が順調に昇級したようですが....
 中には兄弟で受験して、級が逆転してしまったケースもあったとか
 ちょっと上の子のメンツ丸つぶれ

 急ぐ必要はないけれど、こんな事が起こるのは稽古不足だったんじゃないの~!?
 これに奮起してほしいですね!

 さて、昨夜の稽古、管理人は欠席。

 先日見学に来ていた小学生低学年の女の子が、また顔を出しました。
 「空手をやりたい」んだそうです。
 嬉しいですね
 

 管理人が思うに、そういう気持ちがある事が一番ですが、子供が習いごとを続けるにあたって一番大事なことは「保護者がどれだけ一生懸命になれるか」と言うことだと思います。

 スポーツクラブなどの習い事と違って、基本的に保護者が送迎をしなければ道場での稽古は成り立ちません。
 学年が上がれば自転車などで自分で来ることも可能でしょうが、夜遅くなることもあるのでやはり送迎が必要になってきます。

 保護者にも都合がありますし、「ごめん、今日は連れて行けない」と言う事もあるでしょう。
 この「ごめん」をなくす為にどれだけ頑張れるか、それが子供の習い事を続ける事が出来るかの、最たる要因ではないかなと思います。
 

 保護者も頑張る。   子供も頑張る。

 それがかみ合って、厳しくも楽しい環境が作り上げられるんじゃないかと....


 最近入門者が増えた事、とっても嬉しい事です。
 でも、続ける事が出来なければ意味がありませんし、その為には色々な犠牲を払わなければならないことも事実です。

 入門したての子供達、みんなはただ道場の稽古を頑張ればいい。
 それを支えるのは保護者の皆さんの役目です。

 子供と一緒に厳しくも楽しい「仁武館」を感じていきませんか?


 なんだか説法じみた話になりましたが、みんなで頑張って行けたらと思う管理人です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/512-3dbcad01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad