日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

高校総体県大会

 週末の土曜・日曜と高校総体長野県大会が下諏訪町体育館で開催されました。

 道場からは各学年男女合わせて4名が参加。
 頑張ってました!

 管理人は遅れて会場に到着したのですが、最初は女子個人形。

 門下生の出番は管理人が到着してすぐに一回戦?が終わってしまいました
 2年、3年の2名が出ていたのですが、残念ながら敗退です。

 高体連では全空連のルールに則って試合が行われます。
 形はまず第一指定形から...
 2人とも「慈恩」だったのですが、駄目だったかなぁ....

 観客席からと審判とでは見え方もかなり違うようですが、残念です。

 観客席では知り合いの保護者の方や、各道場の先生たちと話をしながら観戦です。

 女子形の決勝は松商学園高校同士の試合になっていました。
 どちらも上手ですね

 さて、男子個人形は1名が参加。

 一回戦、二回戦とも危なげなく勝ち上がります。
 さて、三回戦からは第二指定形に変わります。
 ここで前半戦の山場、対戦相手は松商学園高校の選手。

 同じ形同士の対戦は3-2で門下生の勝ち!!
 同じ形同士と言う事で、審判も勝敗は「好み」の範疇に入って来るのではないかと思います。 

 ここでベスト4が決定したので北信越大会(ミニ国体)への出場権を獲得です。

 次の四回戦が一番の重要な試合。
 ここで勝ち上がれば本大会(インターハイ)出場決定です

 相手はまたも松商学園高校の選手。
 今の県内高校生では間違いなく五本に入る選手。

 ここでも同じ形同士となりました。
 対戦相手同士、相手の実力はお互いに良く解っています。

 相手選手が先に演武。
 キッチリ極めてきます。

 そして門下生。
 極めどころで若干バランスを崩して終了
 そこは絶対極めなきゃいけない所なのに....

 判定。

 3-2で門下生の勝ち!!!!!
 ここでインターハイ出場決定です(^_-)-☆

 そして決勝。

 相手はまたも松商学園高校の選手。

 こちらも相手を良く知る者同士。
 相手は松濤館流の「壮鎮」を演武。

 門下生は「雲手」です。

 結果判定。

 4-1で相手選手の勝ち。
 門下生は準優勝という結果でした。
 
 結果は結果として北信越大会でひとつでも上を目指して頑張ってほしいですね。

 

 個人戦終了後、団体形の試合です。

 門下生1人がメンバーに入る女子団体。
 「慈恩」はなかなか揃っていましたが相手の勝ち。

 男子団体も門下生1名が入ります。
 一回戦、二回戦を「慈恩」で勝ち抜けます。
 三回戦は第二指定形に変わり、「燕飛」となりました。

 ここで相手校は松濤館流の「観空小」です。
 判定は4-1で相手校の勝ち。
 相手校はそのまま団体戦で優勝しました。

 三位決定戦は「五十四歩小」同士の戦い。
 相手校はなかなか切れのある演武です。
 こちらはどんな形を演武するのか予想もつきませんでしたが、あけてビックリ、「ここまでやるとは思わなかった」のレベルの「五十四歩小」でした。

 ここで4-1と勝ちを拾って団体形でも北信越大会へ出場決定です。

 次も頑張って欲しいですね!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/505-99661028
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad