日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

いつもと違って...

 何のことはない、形のお話ですが....


 先日の稽古、いつも最後に形を稽古しますが、まず「自由に形を2回行ってください。」と先生。
 
 平安形でも自分の身につけたい自由形でも、なんでも構いません。
 どこからやっても構いません。
 練習したいところだけでも構いません。

 みんなそれぞれ自分の選んだ形を練習します。

 平安形をする者、高度な形をうつ者、人それぞれですがなかなかスペースがとれなくて大変です。

 管理人は「観空大」を練習。
 蹴上が不得意な者はこの形は選ばない事が多いのですが、そうは言っても「自由な練習」ですから...

 「あんな風に出来ればいいな」と云う様な憧れを込めての練習です。

 2回やり終えると「全員、正座」


 白帯、色帯からコートに出て演武が始まります。
 このレベルでは平安形、「二段」位が多いかな....

 ここで良い形を演武した者が勝ち残りで、次に出てくる者と一緒に再度演武します。
 二度目の者は一回目と違う形をやらなければなりません。

 こうなると最初の形を無難なモノにしようと言う意識が働きます。
 まずは基本形から入る子が、俄然多くなりました。
 色帯さんたちは良しとしても、有段者には選定形以上をやって欲しかったなぁ....
 

 管理人の番が回ってきます。
 ここは一発、出来ないながらも自分の形を!

 結果、ものの見事にダメ出しでした


 それでも別にかまいません。
 自分の選んだ形ですから...
 自分の練習ですから....
 自分が出来る様に練習するのですから。

 最後に演武した者は3人。
 自分の形を演武しておしまいです。

 「技」としての集合体が「形」となるのが理想。
 と言うか本来のあるべき姿。

 「演武」であるべきで、けっして「演舞」ではない。

 演じるためのモノでなく、正しい姿を残していきたいですね
スポンサーサイト

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/496-338486a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad