日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

県の強化練習

 今日は県空連の月一の強化練習日です。

 道場からは今年の選考者の2名が参加。
 
 審判講習会を兼ねた今日の練習は組手の試合を通して、審判の判定の仕方を訓練するものです。


 全空連のルール改正(WKFが大元との話ですが)によって審判の判定も変わってきたので、それの対応の訓練が主です。
 
 今年度からは上段への加撃は禁止。
 接触してはいけないと言うことになりました。
 中段も基本的に同様。

 ポイントについては

  突きは1ポイント。   有効です。
  中段蹴りは2ポイント。 技あり。
  上段蹴りは3ポイント。 一本。

 相手の体制を崩しての突き、蹴りは一本。

 実際、組手の試合を通してその判定を見ると、判定も難しいですが、試合の当事者が一番対応に苦慮する事がわかります。
 
 ポイントを取ろうとすれば接触してしまう。
 接触すれば反則を取られる。
 反則にならない様にすると組手のスタイルが変わる。
 スタイルが変わるとポイントが取れなくなる....

 ジレンマに陥ってしまう選手もいるかと思います。
 今までのスタイルを変えずに加撃をしない様にして行こうとするのですが、積み重ねたスタイルはなかなか変わるものではありません。

 そのルールの中で戦うことが出来なければ勝てないと言うことになっていきます。
 選手は自分のスタイルをしっかり作り上げないと大変です。

 道場の高校生は割りとすんなりそのルールに対応する事ができる様で、審判の先生たちに評価されていました。
 管理人が見るに「え~、そんなのでもポイントとるんですか!?」と言うような判定もありましたが、これは審判が慣れていないから。
 これからはルールに沿った試合を出来る者が勝つ様になります。

 「接触は禁止」と言うルールが完全に対応できれば試合の怪我は激減すると思いますが、空手の姿としてはどう写るか不安な所もありますね。

 本来の伝統派の姿と言うことでしょうかね....
スポンサーサイト

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/458-d7624dea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad