日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

準備運動の重要性

 今夜の稽古、始まる前の先生との会話。

 一般の女性が以前にアキレス腱断裂の怪我を負った時の話が出て、「いつごろだっけ?」との事。
 丁度今時分なんですよね....

 今日は3月並の暖かい気候になっていましたが、基本的にはまだまだ寒い日が続きますから準備運動でしっかり各部をストレッチしておかないと、怪我を負うことになりかねません。
 そんなこともあって、今夜のストレッチは入念でしたね。
 他の準備運動も長かったので、色々痛い箇所が出てきて参りました。

 移動基本も組手を想定したコンビネーションが多かったので、組手に入る頃には汗だくでした。
 組手も中学生以上は基立ちを置いての打ち込みが主で、テンポがいいので息が上がってしまいます....

 形に入ると、一般の女性と管理人で無級者と白帯さんの形の指導を言い渡されました。

 管理人は白帯4人を受け持って、平安二段の指導です。
 みんな、なんとなく出来るのですが、正確じゃありません。

 拳が裏拳になっていなかったり、足を引くところがそのままだったり.....
 腰が高いのはまだ云々する段階ではありません。


 最後に無級者3人が平安初段を演武。
 前半の挙動だけで終わってしまいましたが、まあ、よく覚えたと言わなければならないですね。

 管理人の指導した白帯4人も平安二段を演武。
 実力通りですが、4人ともほぼ出来ていましたから善しとしましょう。
 
 自分を客観的に見ることは、まだまだ無理な年頃ですがお手本を示してやれば、それを何とか真似をしてくることもわかりましたし、ポイントを抑えて指導してやればそれなりに上達することもわかりました。
 子供たちを指導するのも指導法が解っていないと、的外れになってしまいますね。

 勉強になります。
スポンサーサイト

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/456-6cf7bd56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad