日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

日曜日の大会

 空手協会の北信越大会が本県松本市の総合体育館で開催されました。

 前日から会場準備して頂いた関係者の皆さん、お疲れ様でした。
 
 さて、当日は寒々しい気候となりましたが道場生は三々五々、それなりの時間に会場入口に集合。
 他県の方達は遠方から来られた疲れか、出足が鈍かったのですが7時半の開場を待って会場入り。
 みんな入口の階段を走る、走る....
 大きな会場だから観客席には余裕がありますが、やっぱり間近で応援したいしね。
 我が道場も良い席を確保する事が出来ました。

 道場では今大会、コート係を仰せつかっていてAコートの担当に。
 開会式までは間があるので、子供達はコートで練習。
 こちらはコートの備品を確認したり、多少そわそわと落ち着かない感じ....

 開会式にはコート係として整列してしまいましたが、他のコート係の方達は体育館端に避けていた様な....?
 君が代まで斉唱してしまって何んとなく良い気分。
 形式とか手順って大事なんだよね~(^_-)-☆

 さて開会式もサクサクと進み試合開始。
 先ずは形試合。
 予選から審判席に得点ボードを用意してしまったのは私です。すみません<(_ _)>

 気を取り直して試合進行。

 道場の保護者達は手慣れたものです。
 選手の招集係。 呼び出し係。 読み上げ係。 計算係。 記録係。
 かみ合います。
 得点の計算も読み上げを担当した管理人が主審以下の点数を読んでいる傍から合計をはじき出します。
 験算に電卓なんか使いません。
 「22.8でいいですか?」 「22.9です」 「え?」 「あ、22.9です」 「だよね」
 そんな会話をしながらボードに書き込んで表示。

 どんどん試合が進み、午前中は形試合だったのが組手の一回戦全てを終了する事が出来ました。
 審判は忙しかったかもね....

 お昼休憩をはさんで組手の試合をどんどんと消化。
 Aコート全ての試合を終了して、撤収する準備をしていると審判長が持ってくる試合を担当して消化。
 すべて終了。

 自画自賛ですが良い仕事したと思います。
 コート係を担当してくれたメンバーに感謝。<(_ _)>
 自分の子供が試合しているのにしっかり業務をこなしてくれました。

 本題の試合結果ですが。
 管理人以下、コート係は他のコートの試合は見ていません。
 結果は今夜の稽古でそれぞれが申告してくれるでしょう。

 道場でいつも次点に甘んじていた小学生の女の子が組手でその子を破ったり、高校生男子は形・組手の二冠を達成したり、三兄弟全員が形優勝したり....
 
 いろんな素晴らしい試合があった様ですが、残念ながらリアルタイムで見ていない事にはお伝えするに表現が乏しい。

 勝った者、負けた者、おしかった者、一試合で終わった者....
 それぞれ悲喜交々ですが、次の試合では「負けない」気持ちで頑張ろう!

 予定を大幅に短縮して終了した大会。
 係員の方、ご苦労様でした。
 遠方へ帰る方達も若干なりとも負担の軽い大会になりましたかね(^。^)y-.。o○
スポンサーサイト

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/420-0441b778
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad