日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

明日は運動会

 と言う事で今夜の稽古は小学生の参加は少なめ....

 そうは言っても月末に昇級審査が控えているとあって茶帯以下の参加者はそれ程変わらず。
 それを見越した稽古内容ですし、出ておかないと不安もあったりで子供なりに大変ですね。

 一本組手の稽古でそれぞれの挙動を対象に有段者から指導を受けましたが、これもなかなか直して行くのが大変。
 また、先生が待機している色帯に対して「組手をやりたい人は出なさい」と声を掛けたにも拘らず、誰も名乗りを上げなかったのは非常にマズイ事。
 
 審査を受けるのは君たち。
 それが為の稽古内容なのに自分から参加する姿勢を見せられないのは「昇級の意思なし」と取られても仕方のない話。

 来週末の審査には「レベルに達していない者は審査を受ける事はできません」との先生の話の通り、道場として審査対象になるかどうかを判断されるでしょう。
 まず判断するのは有段者。
 みんな自分のレベルで見るから厳しいと思うよ。
 
 それを納得させる内容でないと、みんなOKは出さないでしょう。
 自分なりの頑張りに期待します。

 稽古が締まってから残っている昇段合格者の試割が行われました。
 今夜は小学生の男の子一人。
 結果は失敗。

 「板」を見るから割れないんだろうね。
 実はその先を突く筈なのに....
 正拳は体重移動の力を板に伝えるだけの手段。
 拳から肩までが「一本の棒」になっていれば、その力は板を突き抜ける筈。
 それが出来ないのは「気持ち」なんだろうねぇ....

 稽古終わってから「見て下さい」と言ってきた男の子。
 後屈の姿勢を見て欲しかったようで、鏡の前で姿勢のチェック。
 納得してくれたかな。
 リアクションが薄かったので、これで良かったかどうか不安....

 後ろでは一般の女性が女の子の平安五段を見ていました。
 みんな不安なんだよね。
 それを「何とかしよう」と思う事が自分を高める最短の方法です。

 誰でも良いから自分より上手な人に教えて貰う。
 先輩は絶対嫌な顔はしません。
 自分もそうして貰ってきたから。
 ただ教え方が上手かどうかは別です.....<(_ _)>

 明日の運動会、頑張ってねみんな!!
スポンサーサイト

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/406-bf84a29d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad