日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

手持ちの形

 今夜は週末と言う事もあって基本重視。

 管理人は最終ブロックには残れませんでした。
 何が悪かったかと言うと「手刀受け、前屈抜き手」の動作。
 先生にはいつも「手刀受けが悪い」とは言われますが、どうも今夜もそこが問題だったのでしょう。
 やっぱり前回の稽古を抜いたのが影響するなぁ...

 ダメ出しを食っている子供達は手刀受け自体がしっかり決められない。
 「構えを早くしてしっかり止まる様に」と指導しても、いかんせんスピードが.....(T_T)
 それじゃあいくらやってもダメ出しだよ~(@_@;)

 形の稽古では自分が選定している形を演武してOK貰った者を対象に別の形を指定されます。
 先生が「岩鶴・燕飛・観空小の中から演武しなさい」。

 岩鶴はうろ覚え。
 手順が分からない所がある....

 燕飛は解るけど....
 ここはひとつ、観空小!?

 みんなの申告を聞いていると燕飛が多かったかも....
 岩鶴は少数派。
 観空小は管理人と中の子と一般の男性の3人。

 練習はしていないけど手順は解っているからそこそこに終了。
 一ヵ所動作が多かったけど初めての演武ですからご愛嬌。
 後で聞いたら一般の男性は「全然やったことないけど真似してやりました」だって!!
 それも大したもんだと思いつつ....

 稽古終了後、中の子と一緒に「観空小」を練習している女の子がいました。
 全空連の第二指定形でもあるし、覚えておけばいつか使う時があるはず....
 
 松濤館の形は糸東に比べればずっと少ないですから「自分にあった形」と言う風に選び出すとかなり限られてしまう様な気がします。
 色々言わずにどの形もできる様にしっかり練習する事ですよね。
 時間が掛かったっていいじゃないですか....
 いつまでに出来なきゃいけないってもんじゃないから。

 自分の「引出し」を沢山作って必要な時に開けられるようにしたいものですね。

 子供達の挨拶も少しづつしっかり出来る様になってきました。
 道場訓を読み上げる声も大きかったしね。
 活気があっていいなぁ....
 もっともっと盛り上がると嬉しいね。みんな!.
スポンサーサイト

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/358-d2242390
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad