日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

得意形

 今夜は得意形別の稽古。

 「慈恩」を自分の得意形に選定している子が稽古の日です。
 やっぱり松濤館では最初に入る選定形は慈恩が多いので、今夜もそこそこ人数が集まりました。
 
 上手な子は基本に忠実にこなしていき、且つ力強さを兼ね備えています。
 なかなか上手く行かずにあちこち指摘されてしまうのはその子なりの癖が目立つから....
 綺麗なだけではダメですが「美しく」なければダメなのです。

 「道のりははるか遠く」と感じさせる者も多く困ったなぁ....レン☆ びえーん
スポンサーサイト

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

コメント

松涛館では平安、鉄騎の次は慈恩を習うのが通例のようですが、糸東流では抜塞大をしているようです。
手刀受けの無い慈恩のほうが、平安の後には丁度いいのかもしれません。

  • 2009/04/09(木) 00:07:01 |
  • URL |
  • HPI #-
  • [ 編集]

こんにちは

 そうなんですね~v-410
 確かに慈恩はほぼ平安形に出てくる基本的な動きで構成されていますから入りやすいのかも知れませんね。
 私は慈恩は移動量が多くて出来れば避けたいところです。
 前半の「上げ受け逆突き」の部分なんかはまだまだ基本ができていないせいか、しっかり決まりませんv-394
 糸東流では入りは「抜塞大」ですか。
 高校生の大会等で演武されているのを見た事がありますが選定形になっている割には「セイエンチン」を演武される方が多い様な気がします。
 長野県の傾向ですかねv-410
 

  • 2009/04/09(木) 10:34:35 |
  • URL |
  • 空手親バカ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/328-332a8e50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad