日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

イベント

 今日は午後から市内のお付き合いのある極真系団体のイベントがあり、家族連れで見に行ってきました。
 会場は700人位収容のホール。(体育館じゃありませんよ。)
 ステージ上で照明あり、 BGMありの一大イベント。
 普段の稽古の発表とこの日の為に練習してきたと言うダンスの披露。
 下は4歳の女の子から上は50近いおじさん?まで皆さん元気一杯、気合い入りまくりでやってました。
 
 移動基本から形、組手。
 試割板による子供達の試割や師範によるバット折りまでフルコンタクトならではの世界が展開されます。
 またダンスでは人気グループEXILEの「ChuChuTrain」を再現。
 総勢50名のダンスが会場と一体となって繰り広げられます。

 すべて終わっての師範の挨拶。

 「ここにいる子供達は私の宝物です。この宝物を皆さんに見て貰いたくてこのイベントを企画しました。暗い話題ばかりの今の日本の未来を背負って行くのは子供達です。この子供達を育てて行くのが大人の務めです」

 「空手をやっていると言ってもなかなかそれを見て頂く発表の場がありません。子供達は今日この会場にいる観客一人一人のおかげで今日の自分がある事を解って貰いたい。この場に立てることに感謝して貰いたい」
 「どうか皆さん、これからもよろしくおねがいします」

 師範はこのイベントの全てを一人で企画して監修したとの事。
 本当に自分の道場を愛して、そして道場生を愛していなければできないでしょう。

 道場生の紹介の中では4歳のころに入門してきた男の子が今年大学入学を決めたとの事。
 それだけ長く見ていれば自分の子供と同じですよね。
 挨拶の言葉にも重みがあります。想いが込もります。

 どうぞこれからも頑張って素晴らしい「宝物」を育ててもらいたいと思います。

 「空手」がこの様なイベントになる事の良し悪しは別として、師範の空手に注ぐ「熱い想い」は素晴らしいものです。
 一緒に行った子供達はどう感じたか、何かを感じてくれたらよいのですが.....

 流派は違えど同じ「想い」を持っていきたいと感じたイベントでした。
 今夜は楽しいお酒を飲んでいる事でしょう絵文字名を入力してください
スポンサーサイト

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

コメント

師範の言葉、ぐっと胸にきましたe-349
このような、指導者に学べる子供達、うらやましいですe-265
師範自ら、このような、お披露目の場を企画してくれるなんて、道場生も稽古に張り合いでますよねv-354

  • 2009/02/15(日) 20:01:34 |
  • URL |
  • こうたひなママ #-
  • [ 編集]

ハートのマークが破れている記号だとは、しらず、ごめんなさい
直し方わからないので、本当は「v-344」です。
文章と記号が合わなくて、おかしなコメントになってしまいました。
ここで、訂正文入れておきますね

  • 2009/02/15(日) 20:05:20 |
  • URL |
  • こうたひなママ #-
  • [ 編集]

ありがとうございます

 そう言っていただけるとマイブログにアップした甲斐がありましたv-426
 大会等に参加しても結局はそこだけの世界。
 「こんなに頑張っているのに....」と言う「もどかしさ」が今回のイベントになったのでしょうね。
 この道場の師範、テニスの松岡修三さんではないですが「熱い」男です。
 ちなみに歳は50前です。
 v-344も色々ありますよねv-363
 もしこんなv-347マークだったらビックリしちゃいますねv-407

  • 2009/02/15(日) 20:27:26 |
  • URL |
  • 空手親バカ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/300-fa1811e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad