日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

過ごしやすい夜

 夜は涼しく過ごしやすくなってきましたね。
 ただ気をつけていないと風邪をひきそうです。
 急に冷え込むようになりましたからね。
 皆さん、気をつけてくださいませ。

 稽古が始まった当初、「今夜は少ないなぁ」という感じだったのですが、一人、また一人と遅れて道場にやってきて終わってみれば黒帯が結構な人数になっていました。
 やっぱり沢山いないと寂しいですからね
 
 「今夜は早めに切り上げて、残った時間は自主練に充てます。普段、なかなか自分の課題を練習する時間が取れないので自主練の時間に喩え10分でもできないところを出来るようにする練習をしてください。」

 との稽古を始めるにあたって先生が言います。
 と言っても、「またいつの間にか稽古時間が終わっているんじゃないか.....?」と内心思っていたのですが....

 今月は昇級審査の月ですから自分の課題を見つけて取り組まなければ上に上がれない恐れがあります。
 ライバルに後れをとって良いものか、それば自分が決めることですが、出来ればそうはなりたくないでしょうね。
 
 いつの間にか、あの子の帯の色が自分と違っている。
 それはどうしてなのか?
 審査に向けての時間をどう過ごしてきたかの証です。
 少しでもいいから毎日「空手」に取り組んでくださいね。

 稽古は基本が中心。
 移動基本を色帯が行って、有段者が出来を判断するいつもの流れに入りました。

 白帯の男の子2人。
 道場に入るのに、なかなかお母さんと離れられなくて困っていた1人は、道場に入ってしまえば元気いっぱい、みんなと一緒に稽古に参加。
 かたや、お姉ちゃんと一緒に道場が楽しくて仕方ないという1人は、体操の時に頑張りすぎて転んで床に鼻を打ち付けて大泣きです

 2人とも移動基本を頑張ってやってます。
 このレベルは順序良く挙動を間違えなければ出来・不出来は問いません。
 しかし!!
 2人とも黒帯たちにOKを貰えなかったのは、「外受け」を「内受け」で行ってしまったから。 

 言われたことを間違えてしまってはダメですねぇ。
 それじゃあ審査に合格できないよ。
 帯の色を変えたいよねぇ.....

 さて、帯ごとに移動基本は難しくなっていきます。
 茶帯ともなるとそこそこ空手の技らしくなってきます。
 「ん、上手いじゃん」 と思わせるようなところも出てきます。

 ひととおり、移動基本を終了して有段者に注意されたところを、それぞれ先輩に指導してもらいます。
 管理人は小学3年生の女の子を担当です。

 身体の軸が傾いていることと、挙動に入る際の構えをしっかりとるように指導しました。
 上手なんだから後は技の極めを意識してやって欲しいねぇ。

 色帯が自主練習に入ると黒帯が移動基本を行う番です。
 弐段の移動基本を一通り行い、弐段以上は初段の評価に回ります。

 挙動ごとに出来の悪い者を落としていきます。
 最後に残ったのは、やっぱり経験の長い者ですね。

 昇段審査までにはしっかりできるようにしておいてね。

 少し長くなりましたが、いつもよりは早く稽古が終了。
 そこから短い間ですが、自主練習が始まりました。

 平安五段の挙動で悩んでいる小学6年生。
 実演を交えて少しアドバイス。
 できるまで頑張って。
 意識すれば出来るよ、きっと。

 帰り道に「吉野家」で牛丼をだくだくで食べて帰っちゃいました
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/1103-f315181b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad