日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

人は忘れる生き物.....

 昨夜の稽古。
 ちょっと人数が少なかったですね。
 いつも稽古に参加している弐段の子達は一人もいなかった!
 こんな夜もあるんだなと.....

 年度が替わって中学生から高校生になった子達は、それぞれが自分の道を歩んでいるらしく道場の稽古には姿を見せません。
 学校生活に、部活にと忙しい日々を送っていることと思います。
 どんなことでも全力で頑張って欲しいですよね。
 道場での特別練習なんかをやりきってきた経験は新生活の糧となっていることでしょう。

 さて稽古の話。

 昇級審査や昇段審査に向けての基本重視の稽古です。
 移動基本では茶帯と初段の子が初段の移動基本を行いました。
 茶帯の子はまだしも初段の黒帯でも移動基本がしっかりできていません。
 当然、審査の時はしっかり準備して臨んでいるのでしっかりと行ったでしょうし、それ故黒帯を締めているのですが.....

 人間は忘れる生き物。
 しばらくやらなければ、以前はしっかりとできたことが疎かになります。
 
 その後の弐段の移動基本。
 管理人も参加して行いましたが、まあ恥ずかしくって他人のことなんて言えません。
 弐段の移動基本、いつやったっけ???
 普段からやっていなければこんなものです.....

 稽古の締めに先生が話しました。
  
 「空手が上手だからと言って黒帯になれる訳ではない。 稽古をしてきた時間、稽古に対する態度、そして技の習熟度などを総合して判断された結果、昇段審査に合格できる。 たた上手だからと言って昇段審査に受かるかというとそうではない。」
 
 技術だけが優れていても空手に対する姿勢・態度がなっていなければ、とても黒帯を締めることはできないでしょう。
 道場訓にも最初に挙げられている「人格完成に努ること」は、それを如実に表しています。
 「俺は、私は黒帯より上手い、強い!」 といっても誰が認めてくれるでしょうか?
 やはりその人間の姿勢・態度・技術を見てきているからこそ、黒帯を認められるのです。

 だから逆を言うと、常にその帯に相応しい態度・技術を求められます。
 だからしっかり稽古しなきゃダメなんですね。
 だから怠けていてはダメなんです。
 
 人間は忘れる生き物なんです....残念ながら。
 しっかり稽古しなきゃ!

 最後に形を一回。
 割と涼しい気候の一日でしたが、大汗でした。
 先生曰く「涼しい顔してやっているから稽古し足りないんじゃない?」
 
 そんな訳ないでしょ!!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/1087-1a22bcb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad