日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

新体制になって

 木曜日の稽古です。
 4月からは稽古日が変わって毎週月曜日と木曜日です。
 
 また、5月の県大会までは木曜日は選手のみの稽古になっています。
 で、管理人も少しお手伝いと思って顔を出しました。

 いつもは準備体操を行ってから体をほぐして稽古開始となるのですが、選手だけの特別練習となれば話は別。
 稽古時間を有効活用するためには、準備運動は自分の責任。
 すぐさま稽古が始まります。

 基本、形、組手。
 いつも通りかもしれませんが、先生の気合いも一段上がって指導も自ずと厳しくなります。
 管理人も選手たちの気になるところをアドバイスしながら見て回ります。

 最後は組手の勝ち抜き戦で、管理人が審判役。
 メンホーをしている組手の試合は思い切って技を出せる反面、接触も多くなります。
 試合規則では「接触すると反則」ということになっているはずですが、申し訳ありませんが管理人はメンホーに当たるくらいじゃないと有効打とみなしません。
 そのための防具ですから。

 でも過度の接触は反則です。
 
 防具なしの素面で試合を行えば、どうしても委縮して技が届かなくなります。
 今、届かなくて防具を外した時にどうして届くのでしょうか。

 みんな頑張ってますね。
 先生に注意されたところを直すことを第一に、それを早く行うこと。
 それが上達の近道。
 管理人は先生の受け売りと、ちょっとしたコツを与えるだけ。
 大会前の稽古は始まったばかり。

 体調維持と怪我に気をつけよう!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/1077-0853a8a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad