日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

お別れ会

 週末の土曜日、午後7時から「お別れ会」を開催しました。
 先生を交えてのお別れ会に、上はどのくらいでしょうか、20年以上前の門下生の先輩が参加してくれました。

 まずはOBも現門下生も全員正座していつも通りの稽古開始の挨拶。
 先生からの挨拶をいただいてから、OBも現役も「自分がいつごろから何年在籍したか」の自己紹介です。
 改めて聞いてみると、短い人から長い人は15年の在籍期間があります。
 大学生で空手部に所属して頑張っているOBもいたりして、この道場での経験が「それぞれの今」に生かされているように感じます。

 保護者の方も管理人が知っている古い方も来ていただいたりして、とても懐かしかったですね。

 先生がこの日のために考えてきた余興が、みんなの笑いをとりながら会が進行していきます。
 男の子たちは目隠しをして自由組手をしたり、女の子たちは「慈恩」と「観空大」を何人物の大所帯で団体形をやりました。

 その後は軽食と温かい飲み物をとりながら、それぞれ昔話をしたりして旧知の仲を温めていました。
 その間、道場の30周年と35周年の際に制作したスライドをプロジェクターで上映しましたが、昔の道場の姿が現在とは違っていることも知らない世代がびっくりしたり、都合で会に参加できなかった門下生の姿が登場するたびに懐かしい話がでたりします。

 先生が撮りためた昔の昇級審査の映像などを上映していると、先輩方からは「○○○だよね?」とか「ちがう、○○だ」なんて管理人も知らない話が懐かしさを込めて出ていました。

 楽しい時間はあっという間に過ぎ、最後に全員正座していつものように「道場訓」を読み上げ、会を締めました。
 終わってからもみなさん、なかなか去りがたかったようです。

 区切りの良いところで、保護者の方に手伝っていただいて最後の片づけを行い、道場は空っぽになりました。

 もう、ここへ足を踏み入れることはありません。
 なくなってしまうのですから.....

 なんとなくしんみりしちゃいますね。
 でも、もうすぐ新年度。
 空手のシーズンが始まります。
 何処にいても「仁武館」は常に私たちみんなの中にあります。
 
 新しい気持ちで頑張ろう!! 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/1073-63045ae0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad