日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

夏ですかね....

 真夏のような一日の夕方。
 いつものように稽古が始まります。

 先日来、基本動作の「追い突き」上げ受け」「手刀受け」の稽古を重点にやっているとお話ししました。

 今夜もその続き。
 前回の稽古では管理人は「上げ受け」の1回をクリアすることが出来なくて撃沈。
 今夜もそこから始まります。

 何度か行いますが、やっぱりクリアならず....

 「それで相手の腕を折れるのか!?」  と先生。
 「協会は低さ、スピード、強さを重視してます」
 「そんな立ち方じゃ、そんな運足じゃOKできない」
 
 む~、実際、管理人は遅いです。
 何度かの後にようやくOKが出ました。
 かなり前屈立ちを深くしてます。

 その後、「上げ受け三回」「上げ受け逆突き」と進み、「手刀受け」へ。

 今夜は「手刀受け三回」の時点で撃沈。

 これらはすべて「平安初段」のため。
 一つの形をこのレベルで構成するのはかなりの難度。
 でも出来なきゃダメなんだろうなあ......

 組手は帯下の者から「五本組手」「一本組手」「一本組手の変形」「自由約束」「自由約束の変形」と帯ごとに進みます。
 管理人は応用が利かないので「変形」の組手はからっきしです。
 「もっと練習してもらわないと」
 先生に言われます。

 形は帯下から「平安初段」「平安三段」「平安五段」「鉄騎初段」「慈恩」「観空大」へと。
 「慈恩」と「観空大」をやりましたが、しばらく取り組んでいなかったせいもあり、慌てるばかりで形になっていなかったな.....

 最後に「平安形、得意形、自由形なんでもいいです」との指示があり、管理人は「拔塞小」を。
 時にはやってみないと練習になりませんし、忘れちゃいますからね。

 暑くなってきて稽古も大変です。
 稽古が締まってから昇級審査の練習をしている姿があちこちで見受けられます。
 やらなきゃ出来るようにはならないよね。
 来週には審査が行われるようですから週末頑張って練習してね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/1042-f9a9f584
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad