日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

真夏の一日

 長野市もほぼ真夏日になった火曜日。
 道場の中はひどい暑さかと思いきや.....
 
 少し遅れて参加でしたが、それほど暑くなかったのは窓全開で風が強かったからですかね。

 基本稽古から各挙動を丁寧にチェックしていきます。 
 そりゃキツイですよ。
 蹴り技は「引き足」を強く意識して行うようにスナップの練習から入ります。
 
 後屈立ちでは2人が組になり、腰を合わせて上下動を行って立ち方を修正します。
 体の軸を変えないようにするのが大変。

 そんな感じで基本の稽古に1時間近くを費やし、それから移動稽古です。

 「追い突き」を自分のペースで20本。
 「しっかり突けると思うまで動かないこと」という先生の言葉ですが、子供たちはサクサクとこなしていきます。
 対して管理人は体力手差にきつい部分もあるのですが、しっかり突くという意識が強かったのか必ず最後まで残っています。
 そんな感じで「手刀受け」も.....

 そこから組手に入りました。
 久しぶりに高校2年生の女の子が途中から稽古に参加しました。
 管理人とその子で審判役を担当して、試合を行います。
 総当たりです。
 いろいろとアドバイスをしながら行いました。

 そして最後に「平安五段」と得意形を行っておしまい。

 稽古の締めに3月の昇段審査で合格をした男の子2名に対して認定証が渡されるという状況になりましたが......
 「渡さない~!」
 そうです、まだ「試割り」が済んでない!!

 なんだか久しぶりのような気がします。
 道場では試割りが成功しないと、初段と認めませんからね。

 男の子2人とも管理人に板を持つように言ってきました。
 さて、しっかり持たないとぶれてしまっては割れるものも割れませんからね。

 結果!
 2人とも一回で成功です。
 
 さらなる精進を。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/1039-5fc712e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad