日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

手刀受け

 遅れて参加の稽古。
 毎度のことですが、一応社会人なので大人の都合というものもございます。
 ここ数日の暖かな「小春日和」を通り越した「初夏の気候」から一転、寒さが身に沁みます。

 そんな夜の稽古。

 道場に入ると「手刀受け」をやってました。
 途中から参加するわけにはいかないので自分なりに手刀受けを練習していましたが、これがしっかりできる人はやっぱり上手だなと....
 最後のレベルまで行ったのは2人だったかな....

 形の稽古。
 「平安四段」です。
 管理人の一番不得意な形。

 この夜はあまり挙動を区切らずに稽古が進みました。
 おかげ??で早い段階で上がることができたのですが、「技を競え!!」との先生の檄が飛びます!!
 「同じ形をやるなら、相手より早く・力強く・美しくやらなければ意味がない」
 「美しい形は概ね良い形といえる」

 あ~、難しいです。
 「自分を客観的に見なさい」というのは先生の口癖のようなものですが、一所懸命に取り組めば取り組むほど自分が見えなくなっているような気がするのは何故ですかね....

 組手は目新しい練習方法も加わったりして、先生が何を求めているのか、その片鱗が見え隠れします。
 管理人は身体がついていきませんが、子供たちはやっていく中で理解していくのでしょう。

 稽古が締まった後、今週末の昇段審査の対策で茶帯の男の子の移動基本を見ることに。
 いろいろ直すところはあり、審査までに対処できれば良いのですが......
 それは本人次第。

 「やるだけやってダメなら仕方ない」とするのか、「万全を期すまでは安易に動かない」のか。

 その人の「大きさ」を見られるのかも。

 審査は「競技」ではありませんから、人より上手である必要はないはずです。
 ただ、基本に忠実に「やらなければならないことを確実に実行する」ことを求められます。
 そして、そのうえで力強さ・スピード・美しさ・気迫などを備えているかを判断されます。

 すべてを備えることはできないかもしれませんが、最低限「基本に忠実であれ」ということですね。

 頑張りましょう!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/1025-6f9e3598
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad