日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

きつい夜

 昨夜の稽古はキツかったですよ~!

 最近は定時に稽古が終了することも多かったのですが、昨夜はちょっと違って30分くらい伸びてました。
 組手の時間が長かったですね。
 全員を2チームに分けて試合形式で対戦です。

 管理人は審判役。

 そのなかでもちょっとびっくりしたのは白帯の女の子が積極的に技を出して、茶帯の男の子より先にポイントをとったこと。
 「始め」の号令とともに前に出て、上段の刻み突きから中段逆突きを決めたこと。

 まあ、そのあとはポイントを取り返されてしまったのですが、そのまま時間が来て引き分けでした。
 それって凄いことだと思います。
 やっぱり前に出るのは怖いですから。

 形は平安・鉄騎のポイントの一か所をそれぞれの形で練習した後、出来を見られます。
 平安三段まで終わったところで時間切れで終了。
 合格者が平安初段から三段までを自己申告で演武しました。

 ダメ出しを受けた者の中に有段者が何名か残ってしまったのは残念でしたね。

 昨夜は受験準備のため、しばらく道場に顔を見せていなかった中学三年生の女の子が「前期選抜」の結果報告と合わせて稽古に参加しました。
 無事に合格一番乗りをして、先生や保護者の皆さんにお祝いの言葉をいただいていました。
 ほかの受験生にも、後期試験での必勝を祈念します。

 しばらく稽古に出ていなかった中学生がいたのも、稽古がキツくなった理由だったかも。

 「空手はやればやっただけ上手くなる。ある時点で満足してしまっては、その先は下手になるだけ。簡単なことはつまらない。難しいからこそ面白い。いつでも自分を向上させる気持ちを持って普段の生活をすること、空手に取り組むことが大切です。」

 時々「なぜ、何のために空手をやっているのか」と思うことがあります。
 上手くできないから、それを上手くできるようにしたいから頑張る。
 そんな気持ちがあるから続けられるのだと思います。
 だって本当は大変なんですから。

 でも、やっぱりそれを克服することが「楽しい」ですから。
 自己満足かも知れませんが、それでも自分で満足できるならそれも良しだと。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/1021-def97179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad