日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

面目なし

 いつもの通り管理人は遅れて参加。

 組手が始めるころに道場入りです。
 自由約束組手の練習から自由組手へ。
 小学校2年?の女の子との練習です。
 まだまだぎこちないところはあるものの、アドバイスしながら、そしてちょっとだけ褒めながら相手をすると上手になっていきます。
 不思議ですよね。
 こんな年のころはすぐに吸収できるのでしょうか....

 形では紅白に分かれて試合形式で行います。
 これから稽古のたびに行うということで、この日の管理人の相手は小学6年生の初段の男の子。
 先生の指定した形は平安弐段。
 結果は引き分けでした。

 相手の男の子には失礼ですが、管理人としては面目なし。
 もっとしっかりやらないといけませんね。

 稽古が終わってから、この連休に行われる昇段審査を受ける予定の男の子の形を指導することに。
 先生は「良い出来と思ったら受けられることにしましょう」と管理人に一任。

 あそこが悪い、ここがダメと受けさせないようにすることは簡単。
 「まあいいか」と許可することも簡単。

 でも!
 審査を受けるからには一発合格して欲しいし、不合格であれば道場としてOKをして送り出したことの資質を問われます。
 偉そうなことは言えませんが、道場の指導者が受験許可を出すことの「重み」を考えなければいけないと。

 で、形は「慈恩」です。
 昇級審査までは「観空大」や「拔塞大」をやる子もいましたが、昇段については「慈恩」で行うようにとの先生からのお達し。
 
 しばらく練習していなかったせいか、しっかり極まりません。
 事細かにチェックしてから通しての演武をみました。
 「まだできていないけれど、今指導したことが出来るようなら受験して良し」と許可しました。
 この子の形を見るに、「前に出る気持ち」や「気迫」というものが見えません。
 見えないというのは「形の前面に出てきていない」ということなのですが、それは「自分の形はこう演武する」という自信みたいなものがないということですね。

 指導する中で、部分的に練習するとそれが見えることもあるのですが、通して行うと希薄になってしまうのです。
 どれだけ自分の中でモチベーションとコンセントレーションを維持できるかがカギでしょうか.....

 なんにしても頑張ってきてほしいです。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/1011-503d0ef7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad