日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

昨夜の道場は.....

 日中の日差しの熱が残る道場。
 日が落ちれば肌寒い風が吹いているのですが、道場の中は暖房をかけたように暖かいんです。
 
 でも!  このまま稽古を始めてしまったら大汗間違いなし!
 心地よい暖かさですが、窓は全開!
 夜風が吹き抜けます。

 基本では「手刀受け」がお題。
 平安初段の最後に出てくる挙動の手刀受け。
 これの「腰のキレ」が出来ているか、を見られます。

 先生に「1、2の挙動は出来ているけれど、3の挙動がいつも腰が高くてダメ」とダメ出しで、そこで終了。
 何回やっただろう.... 
 何度やっても出来ないのでは話にならないですね。
 出来るまでやらなきゃ。

 形の稽古に入ります。
 
 前回の稽古では平安参段までやったようです。
 「ようです」というのは、管理人が早退したからなのですが.....
 で、平安四段からです。

 ここでは「蹴上からのエンピ」でつまずきます。
 先生は「腰が浮いて蹴上のスピードがない」です。
 小学生の男の子は「姿勢が悪い。軸を保て!」と気合いを入れられます。
 中学生の男の子は「後屈が全然ダメだ!」とダメ出し。

 「形はリズムと流れ」との話。
 「1 2 3と順序を追っているのではダメ。 その中で自分のリズムと流れを作れ!」
 スピードを上げようとすると形が疎かになります。 う~ん......

 散々繰り返したあと、OKが出ました!
 管理人の良いところを強いていえば、最初の後屈立ちだけ。
 それでもなんとか......

 平安五段。
 これは後半の「飛び上がってからの下段十字受け」を注意されます。
 「飛び上がるときに空中で腰から拳を外さない!」
 小学生の男の子はこれができないらしく、何度も繰り返すことに。

 そのほかに最後の「手刀の下段打ち込み」、そこから後屈に移る挙動。
 これの左の前屈がしっかりできない子が多いね。
 なかなか力が入りにくいから、しっかりとした体勢を作れない。
 この辺り、管理人は見せ方が少し上手いんだな。
 
 意外なほどスムーズにOKが出ました! やった~!

 鉄騎初段。
 これはひととおり通して終了。

 白帯の子達は平安初段を練習していました。
 有段者の前での演武では、それぞれ直さなきゃいけないところはあるけど、まあまあ格好になっていました。
 先輩たちの演武を見ながら、自分でやってみて覚えて上手くなっていくんだから慌てないことだね。

 最後に組手を少しやって終了。

 稽古が終わってからも、形のできなかったところを練習する子が多くみられました。
 頑張るよね。

 保護者の方達と話をして道場を出ると、晴れた夜空に満月が冴え冴えと光っていました。
 清々しい気分になります。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/1000-bbfb807e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad