日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

高体連北信大会

 今日の土曜日。
 高体連空手道部の新人戦の北信大会・東信大会が千曲市の屋代高等学校の体育館で行われました。

 道場からは2年生と1年生の女子が出場。
 同門対決になったところもあったりしたようですが、それぞれ頑張ったようです。

 来月行われる長野県大会では、各地区の代表と戦う訳ですからしっかり準備して挑んでもらいたいですね。
 
スポンサーサイト

寒い日

 木曜日は黒帯が多く色帯が少なめ。

 今の道場内は黒帯の人数が多いものの、中学生になってからなかなか参加できる者が少ない。
 色帯は絶対数が少ないものの、稽古にはしっかり参加している。
 そんな中、黒帯の数が多いのは珍しい状況でした。

 全体が少なくなっているのは寂しい限り

 先日の稽古で気合いの大きいことを先生に褒められた白帯の男の子。
 またまた気合いが入って元気いっぱい。
 確かまだ年中さんなんだけど....??
 体操の手順も全部覚えているし、信じられない!!

 茶帯のお姉ちゃんの影響か??
 もしそうならお姉ちゃんこそ褒めてあげよう

 組手の稽古の時も試合で積極的に動くし、スゴイですほんと。

 同じく白帯の男の子と一緒になって、稽古が締まった後に先輩たちから形を指導してもらっています。
 もうすぐ長野市大会もあるし、その後は昇級審査が控えているからね。

 形は「鉄騎初段」。
 先生も言われますが、やっぱり力強さが必要なこの形は女の子はあまり得意じゃないみたい。
 多分、(ここ大切) 管理人より形が上手な子達も鉄騎初段だけは簡単にはOKが出ません。
 珍しく「一般の形としてはまだまだだけど....」という注意書きが付いたものの、一番乗りでOK!

 腰のキレがキモであり、面倒なところですね。

 稽古が締まってから、自主練習をする時間が取れないのは仕方ないのですが、先輩を捕まえて練習している色帯たちを見ていると今更ながら以前の環境の素晴らしさが身に沁みます。
 
 365日、24時間、何時だって練習出来たんですから......

 でも、限られた時間の中で自分が高い意識を持って取り組めば何とでもなると考えたいです。
 それには、普段、稽古のない時間をどう過ごすのか?
 ちょっと突きの練習をしてみる。
 10本くらい蹴上の練習をしてみる。
 形の挙動を気をつけながらやってみる。

 そんな少しの時間が積み重なって、道場での稽古の際に効いてくるのではないのかと....
 そんなことを目論んでいる管理人です

一番の気合い!

 昨夜の稽古。

 いつものように準備体操から始まります。
 号令をかけるのは白帯、緑帯、紫帯の4人です。
 この中で一番小さな年中?? さんの男の子。

 今年から稽古に参加しているのですが、体操の手順を覚えていて号令もしっかり掛けられます。
 その号令の声の大きなこと!
 4人の中でもひときわ響きます。

 「すごいなぁ、一番号令が大きいね」
 先生も褒めてあげます。
 やっぱり気合いが大きいと身体も動くようになるし、何より元気が出ます。
 目先の技術とかじゃあなくて、「勢い」みたいなものも大切ですね。

 組手の稽古。
 管理人と練習したのは茶帯の女の子。
 いつになく積極的。
 少しアドバイスをしながら相手をします。
 いい動きをしますね。

 その後の試合形式の稽古では、黒帯で中学生の男の子との試合。
 そりゃ総合的には黒帯の男の子の方が強いですが、1ポイントとりました!!
 すごいなと思いました。
 自分に自信が持てると自ずと動きも変わってきます。
 それを目の当たりにした感じです。

 形は「平安五段」。
 「一つ一つの手順を追っているだけ。形の流れがない。」
 どうにもいけません。
 
 稽古が締まってから、自主練習をする子が多く見られます。
 色帯は昇級審査に向けての自主練習。
 時間が足りないね。

 それぞれ頑張って!

平安四段

 木曜日の稽古。
 形のお題は「平安四段」です。

 管理人は「蹴上」とか足技がある形は苦手。
 何が苦手って「足が上がらない」んですね。
 当然、蹴上は上段を蹴るというのが基本。
 でも、管理人はいいとこ中段まで.....

 「形は流れの中で行うもの。ひとつひとつ止まってるんだよ」
 先生に言われ、じゃあ、スピードを上げるという気になると蹴上の高さは、せいぜい中段どまり。
 左はまだしも、右はどうにもこうにも.....

 「エンピは上体で打つものではなく、腰で打つ」
 蹴上げた脚を引いて、それを溜めて腰のキレでエンピを打つということなんですが.....

 「それは黒帯のレベルじゃないよ」
 ダメ出しを食って意気消沈。

 稽古が締まってからも練習しますが、これは時間がかかりそうです。
 ってことは、今までの10余年の年月は何をしてきたのだろうということになってしまうのですが......

 また頑張ります。

久しぶりの参加

 木曜日の稽古。

 急に涼しくなった今週の長野市ですが、道場では窓を閉め切っての稽古です。
 本当は稽古が始まればすぐに身体が温まって汗が出てしまうので数か所開けておいた方が良いのですが、身体を動かさない先生は夜風が身に沁みるようで....

 それでも前半の1時間ほど過ぎたところで管理人が何か所か開けてしまいました。
 だって暑いんだもの。

 途中、参段の一般男性が参加。
 前回参加してから半年以上たってますが、久しぶりの参加です。
 組手では管理人とも対戦ではワン・ツーのみの攻撃ということでしたが、ブランクはあるでしょうが管理人ではとてもついていけません

 そりゃ無理だよね。
 それもワン・ツーのみの組手となると攻撃の幅がないですから.....
 見ている子供たちも改めてその実力を思い知ったでしょう

 後半の稽古は組手に充てられ、管理人と一般男性の二人でコートを受け持っての試合でした。
 稽古が終わって「足が痛い」と言う男性の両足の親指は見事に皮がむけてました。
 裸足で稽古していないとそんなもんなんだよね。

 そんな管理人も久しぶりに大きく動いたので、夜には足を攣って目が覚めましたけど

 形の稽古はなく終了。

 一般男性、先日8月半ばに結婚したばかりで、その際には道場のみんなからお祝いメッセージをいただいていました。
 披露宴には先生や道場の同期の門下生も招待されて楽しい時間を過ごしていました。
 門下生からのお祝いメッセージは当人も知らないサプライズでしたので、なかなか良い演出になったようです。
 
 仕事が忙しいようですが、たまには顔を出して後輩の指導や管理人の相手をして欲しいですね。
 稽古が終わってから新婚旅行のお土産を配ってました。
 また顔を出してくださいね。

まだまだ暑い

 9月に入ってからというもの、涼しい風が吹くようになり夜は寒いくらいで風邪をひきそうです。
 道場の稽古も少しは楽になったかと思いきや、そうではありません!!

 涼しい夜風はありがたいですが、一旦稽古が始まればそれどころではありません。
 あっという間に汗が吹き出します。
 この時期は大会が終わっての基礎練習に時間を割くにはよい時期。
 とはいうものの、基礎練習ほどきつい稽古はない!

 昇級審査も近くなってきましたから、いろいろな移動基本もやらなければいけません。
 すっかり身体が忘れてしまっている挙動に苦しみながらバタバタ身体を動かすだけです.....

 形では平安初段の挙動をチェック。
 移動基本でやっていることがそのまま「形」になってます。
 管理人はダメ出ししきり。

 「腰が高い。移動基本ではできるのに形になるとなんでそうなの?」
とダメだし。
 でも、号令に合わせてできるだけ早く動こうとすると......
自分ではやっているつもりなんです。
 でも傍から見れば一目瞭然という事でしょうか.....

 もう自分なりにスピードをコントロールしてしっかりやるしかないと.....
 自宅でも練習してみるんですが、どうにもねぇ.....

 頑張らないとねぇ。

 昇級を控えた子供たちもできない挙動が目立ちます。
 立ち方、体の締め、極めが足らないですね。
 基本を大切にするしかないですね。

FC2Ad