日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

身体が思い出す

 木曜日の稽古では月曜日に行った稽古の復習。

 移動基本では相変わらず「早くやっているつもりになっているけれど技が疎かになっている!!」とダメ出し。
 早くやっているつもりになっているだけで、実際はそんなに早いわけではないのですが.....
 
 月曜日には「人は忘れる生き物」と身にしみて感じましたが、木曜日には「繰り返してできるようになった技は体が覚えている」ということも感じました。
 それは大した動きではありませんが、やはり稽古で何回となく繰り返してきた動きは身体に沁みついているものだと.....
 歳とともにそれを思い出すことに時間がかかっているだけで、決して忘れている訳ではないのだと.....

 まあ、普段やっていない動きなので忘れないように少しづつでもやっていく必要があるのですが、それでもそんな動きを練習すればそこそこ動くようになります。
 
 初段の子達の弐段審査の移動基本を見させてもらいました。
 一つの挙動ごとに「審査を受けることが出来るか」を見させてもらったのですが、多少甘めでしたが最後まで行った子は2人。
 もっと技を極められるようにならないと難しいかな....

 「まだまだ直さなければいけないですね」と先生のコメント。
 
 号令に合わせて挙動を淡々とこなしていく過程。
 挙動をより良くできるようにと考えながらも、それだけに集中して無心で行う時間。
 何も考えずに集中できる時間のあることの幸せを感じます。

 自分の気持ち次第でもっともっと上手くなれる。
 稽古には終わりはないのです。
スポンサーサイト

FC2Ad