日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

高体連県大会

 先週末に高体連の長野県大会がありました。
 道場からは高校2年生の女の子が参加。

 形の部では一回戦を勝ち、二回戦へ。
 女の子は「慈恩」。
 相手は糸東流の選手で「セイエンチン」。
 
 一回戦の形のほうが出来は良かったかな。
 5-0で二回戦敗退です。

 松濤館流の選手は決勝まで進みましたが、惜しくも2位。
 決勝の演武は「壮鎮」。
 相手は剛柔流の選手で「スーパーリンペイ」でした。
 
 インターハイの本大会に進めるのは2人だけ。
 厳しい戦いです。
 秋季大会で頑張って欲しいですね。

 ちなみに組手は一回戦敗退でした。 反則負けするかと思いました。
スポンサーサイト

歳には勝てず

 一週間ぶりに稽古に参加。
 昨夜の稽古は基本重視。
 おかげで筋肉痛が出てます。
 
 先生も「時間に余裕のあるこの時期に基本の確認をしています。基本ができるようになっても移動してできなければ意味がありません。今のうちにしっかりできるように。」とのこと。

 追い突きで移動するにあたって、後ろ足の張り、踵の浮きがチェックされます。
 いつもは勢いだけで前に出ますが、分解すると途中で両足が揃ってから前足が出ていくことになり、後ろ足を床に密着させたまま身体を前に押し出すことになります。
 理屈は.....。
 そして後ろ足が曲がることなく張られ「前屈立ち」が出来上がります。   理屈は。

 これができない。
 移動中は当然膝は曲がります。
 でも理屈では足は床に密着してしっかりと張りを保って身体を前に押し出します。

 「追い突き」に限りません。
 「上げ受け」であろうと「内受け」であろうと同じです。

 次に「手刀受け」
 騎馬立ちからの腰の位置を変えずに、そのまま手刀受けの「後屈立ち」に変化させます。
 実際のところ、この体制では動くことも儘ならないのですが、理屈ではそうなります。
 なので、それに近づけるために動きを繰り返します。

 二人ペアになって一人が挙動をチェックします。
 そしてアドバイス。
 また繰り返し。
 常に意識していないと惰性に流れます。

 基本、移動基本で一時間。
 みっちりです。

 組手を挟んでの形。
 平安初段から三段までをそれそれのチェックポイントを個々に作って練習します。
 そして一つを選択して演武。

 3人位づつの演武でワースト1を選びます。
 アドバイスはしますが居残り。
 駄目なものはダメというところでしょうか。
 帯の色も関係ありません。
 ここが厳しいところではありますが.....  仕方ない。

 稽古が締まってから、紫帯の女の子に管理人が保管しているおさがり胴着を着てみてもらいました。
 ほぼジャストサイズ。
 もう管理人が持っていても使い道がありませんから、すこしでも利用できるならと思い渡しておきました。
 これから夏に向かうと胴衣も替えが欲しくなりますからね。
 形の好みもあるかと思うけど、まだそこまでのレベルではないと思うから練習に使ってもらえれば。

FC2Ad