日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

昨夜の稽古

 月曜日の稽古は都合で欠席。
 昨夜は参加できました。

 体操が終わって先生の一言。
 「声がちっちぇなぁ....」 「空手に対する気持ちが入っていない証拠だ」 「全員、外へ出ろ!!」

 「やる気になったら入ってこい!」

 あぁ..... なんでこうなる?
 確かに声を出しているつもりでも、受け取る方はそうは思っていないかも知れません。
 そうならないようにやっている「つもり」なんですが.....
 結局、自分が悪いということですね。

 外は風が強くて寒い夜です。
 3月半ばとは言え夜は冷え込みますから。

 子供たちは早々に入っていきます。
 入った順に稽古が始まります。
 管理人は全員入ったのを見計らって稽古に参加。
 こういう風にしないと子供たちには理解できないのでしょうけどね。

 月曜日に参加しなかっただけで立ち方が極まりません。
 子供たちとは体の柔軟性が違いますね。
 まあ、頭の柔軟性も違いますが......

 移動基本では自分の練習ということで、5本を2往復。
 行う技は自由。
 挙動を組み合わせても良し。 単発でも良し。
 管理人は追い突きだけで済ましてしまいましたが、それだって理由があり考えてのこと。
 
 そこから形に移ります。
 「基本の良しあしが一番解る形は?」   「そう、慈恩ですね」
 ということで慈恩です。

 前半の追い突きを終わったところから、転回しての後屈下段払い上段内受け。
 「腰が高い!」
 そこをクリアして、その体勢からの鉤突き・切り返しての鉤突き。
 それが終わると鉤突きの体勢からの下段払い。
 「弱い! 前に出る気持ちとスピードが足りない」
 下段払いからの底掌受け。

 管理人は下段払いの段階で撃沈。
 そこまでしか進むことができませんでした。

 3人づつ組んでの演武。
 「団体形ではないので、自分なりにやること」
 と、ちょっと不思議な演武になりました。
 なんとなく揃う組もあれば、管理人の組のようにバラバラの組も.....

 先生的には団体を組むレベルを見たかったんだと思います。
 
 最後に組手をやってお終いです。
 稽古が締まってから、先日の昇段審査で初段合格を果たした小学生の男の子。
 合格を発表した後、恒例行事の「試割り」です。

 板を持ってくれるのは黒帯の中学生の男の子2人。
 管理人が「お前たちがしっかり持ってあげないと割れないよ」とアドバイス。

 さて、挑戦!!  「いきま~す!」

 「カツン」    あら~.......

 横から見ていましたが、インパクトの瞬間に拳が下に滑っています。
 綺麗な正拳が出来ていない証拠。
 そして正確に真っすぐ突けていない証拠。

 もうちょっと頑張らないと初段とは認められないね。
 黒帯もお預けです。

 次に挑戦するときまでにしっかり練習しておいてね。

 全て終わった後、少し自主練習です。
 高校生の女の子と組手の練習を少し。
 蹴りを絡めての連続技の練習をしました。
 できなくてもなんでも練習です。
スポンサーサイト

FC2Ad