日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

なんだか久しぶりのような

 ここ数回の稽古に参加できず更新も滞っていましたが、ようやく火曜日に遅れながらも稽古に行ってきました。
 道場に入ると形の対戦をやってました。
 
 そこに小さな子供たちの面倒を見ている大学生の姿が。
 今年で学生生活も最後となる男性です。
 子供たちに手取り足取り教えている姿はなんだか微笑ましい。
 管理人じゃ、こうはいかない。

 それから組手。

 身体が全然動かない....
 好きでサボっている訳じゃないけど、稽古を休んだしっぺ返しが.....
 
 最後に一回だけ、自分で選んだ形をやっておしまい。

 稽古の締めにどうしたことか、道場訓を読み上げずに終わってしまいました。
 ????

 子供たちの形を少し見てアドバイスをしました。
 でもね、この時期に来たなら自分たちの信ずる形を全力で演武することが一番大切だと思う。
 参考程度にしておいてくれれば。

 ゴールデンウイークの県大会まであと少し。
 頑張って!
スポンサーサイト

時間が足りない

 金曜日の稽古は選手たちの時間。

 管理人は1時間ほど遅れて道場へ。
 お手伝いというだけなのですが、それでもこちらも一生懸命です。
 
 先生の要求することができない。
 それは普段の稽古への取り組み方を表しています。
 普段、どういう気持ちで先生の言うことを聞いて稽古に取り組んでいるのか?
 「ここはこうやりなさい」
 それを真剣に取り組まなかった結果、特別練習として参加すると出来ていないところが如実に表れます。
 
 できない。
 「なんで出来ないんだ! 普段どういう稽古をしているんだ!」
 言われるけど出来ない。
 どうしようもない。
 悔しい。
 でも、今はできない。

 今できなければ、いつできる??
 稽古が終わるまでにできるのか?
 次回の稽古までにできるようになるのか?
 大会までにできるのか?
 試合でコートに立った時にできるようになるのか??
 試合に負けた後に出来るのか??

 いったいいつ出来ればいいのか?

 「今」でしょ?

 今できなくてどうする。
 だから「今までどんな稽古をしていたんだ?」と言われる。

 すべて自分に甘かったせい。
 真剣に取り組まなかったせい。

 でも、幸いまだ時間はある。
 「出来る」様に頑張れ!

なんだか久しぶりのような

 結局は遅れての参加なのですが、火曜日の通常稽古に参加です。
 新高校生も3名が参加しました。

 道場に入ると団体形の勝ち抜き戦を行っていました。
 いろいろな組み合わせを試してみないと良い団体は出来ませんからね。
 得意形での勝ち抜き戦でしたが、最終的には中学生女子の「慈恩」だったかな....

 管理人は遅れての参加だったので見学してました。

 続いて組手。
 「防具着けて」の号令で準備をしたところ、「審判やって」の指示。
 実際、しっかり判断基準を理解している訳でもないですし、自分の主観だけですから試合をしている者にとっては不満もあるかもしれませんが、そこは「それなりの年月を全国レベルで見てきた者」の主観として納得していただきましょう!

 形。
 最後は自分の得意形を演武して終わり。
 
 「帯が上がってくると自分は出来るんじゃないかなという錯覚に陥りがち。私が見ているとそんなことは少しもなくまだまだ直さなければいけないところばかり。」
 「黒帯を締めるということは空手の世界では一人前。自分のことを自分でできない者は黒帯を返上しろ!」
 
 身につまされる言葉ばかりで身の置き所がありません。

 さてさて、そんな形も終わり稽古は終了。
 新高校生が新年度を迎えて一区切りをつけるらしく、先生が「高校生から挨拶があります」。

 3名が前に出ます。
 「高校に行ってもまだ空手は続けます。今までのように稽古には来れないと思いますが、これからもよろしくお願いします。」
 というようなことを3人が3人、挨拶しました。
 
 これを聞いて先生。
 「なんだ。高校に行ったら空手を卒業するから挨拶するんじゃねえのか!」

 どうも予想とは違う結末だったようですが、先生としても内心嬉しかったんじゃないですか?
 春は出会いと別れの季節。
 道場を卒業するという区切りをつける者がいても不思議ではないのですが、今年度はいなかったようです。
 
 それじゃあ、今年度頑張ろうか!

稽古には出ていますが...

 週2回の稽古。
 現在は火曜日が通常稽古の日になっていて、金曜日は選手の練習日という設定になっています。
 とりあえず5月の連休までなんですけどね。

 で、管理人も火曜日の通常稽古に出られない日が続いていますが、金曜日の選手の練習日には先生の補助という形で道場に行っています。
 選手たちの進み具合で遅れている子を指導するのですが、遅れていく子はどちらかというと技術的なことよりもメンタル面で遅れている感じです。
 それは「選手として練習に参加している」という自覚に欠けていると言ってもいいのかも知れません。
 「前に進む気持ち」というか、「先生の要求を絶対にクリアしていくんだ」という強い気持ちにかけているのかも知れません。

 それは技術のレベルの差があるのは否めません。
 弐段から6級くらいの子供たちが集まって稽古をしているのですから、経験年数の少ない子は大変なことは重々承知。
 でも、この練習を通して「強い気持ち」と「負けない身体」を作り上げるんです。

 そして「大会」という場において、作り上げてきた「100%の自分」を開放するんです。
 そこで「100%」を「120%」に引き上げるのは、先生の厳しい指導にくじけずに付いてきた「強い心」です。

 出し惜しみせず「全開の自分」を常に保っていれば、本番ではそれ以上のものが出せるはず。
 頑張れ!

FC2Ad