日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

更新遅れまくり!

 先週は更新できずに終わっています.....
 でも稽古はやっていますし、ちゃんと出席してますよ!

 ではサラリと先週を振り返ります。

 火曜日。
 形は「平安二段」の前半の蹴上部分。
 ここは相変わらずダメですが、上手な子は見ていて奇麗ですよね。
 
 稽古が締まってから先週末の昇段審査の結果を発表。
 道場から審査を受験した2名が結果を申告しました。
 2人とも「昇段審査に合格しました!」と発表。

 管理人としては、正直どうかな?と思ってました。
 稽古が終わってからの自主練習を見ていて良くなっていることはわかっていましたが、審査で見られた際に「しっかりとした挙動を見せられるのか?」については不安が残っていました。
 それをカバーするのは、当日の雰囲気を自分の力に変えて「前に出る圧力」と「力強さ」を見せること。

 どうもその辺が良い方向に向いたようですね。
 なんにしても良かったです。
 やっぱり「道場の一員としての資質と、道場の姿勢」を見られますからね。
 「とりあえず受けさせておけ」という訳にはいきませんから。

 金曜日は県大会に向けての選手の稽古日となりました。

 管理人は先生のお手伝いで指導の補助をします。
 今年度初めての選手対象の練習ですが、まだまだ先生の指導に身体がついていきませんね。
 遅れる子たちを管理人が指導しますが、管理人としてもなかなか納得できません。
 やっぱり「やってやる!」という気持ちですかね。

 これから厳しくなるかと思います。
 頑張ろう!
スポンサーサイト

際限なく続く

 移動基本の後から参加。

 形の挙動をチェックしていきます。
 「どんな形でも簡単なものはない。挙動が少ないからと言って簡単だと思ったら大間違いだ。」
 
 その通りなんですが....
 手刀受けをひとつとっても自分で満足できる挙動をできることは何度あるか.....
 そのほかの挙動組み合わせている「形」はどけだけ手間がかかることやら.....
 一つの形を完成させるのにかかる時間たるや、際限がないですね。

 平安二段の挙動。
 前半だけですが、やっぱり途中で脱落。
 先ゆく者はやっぱり上手です。

 組手も決まりごとはないのでしょうけど、「自分のスタイル」を確立して、でもそれにとらわれないで自由に動けるようにしないとダメなんだろうなぁ.....
 いろんなことができなくちゃね。
 
 稽古の後は日曜日の昇段審査の「審査」です。
 よくなってると思います。
 注意したところを直す努力の跡が見て取れます。

 では、「それで十分か?」
 初段のレベルに達しているか?

 移動基本だけをみてだけで判断してはいけませんね。
 審査は基本、組手、形。
 この三要素が相まって総合的に判断されます。

 健闘を。

手刀受け

 遅れて参加の稽古。
 毎度のことですが、一応社会人なので大人の都合というものもございます。
 ここ数日の暖かな「小春日和」を通り越した「初夏の気候」から一転、寒さが身に沁みます。

 そんな夜の稽古。

 道場に入ると「手刀受け」をやってました。
 途中から参加するわけにはいかないので自分なりに手刀受けを練習していましたが、これがしっかりできる人はやっぱり上手だなと....
 最後のレベルまで行ったのは2人だったかな....

 形の稽古。
 「平安四段」です。
 管理人の一番不得意な形。

 この夜はあまり挙動を区切らずに稽古が進みました。
 おかげ??で早い段階で上がることができたのですが、「技を競え!!」との先生の檄が飛びます!!
 「同じ形をやるなら、相手より早く・力強く・美しくやらなければ意味がない」
 「美しい形は概ね良い形といえる」

 あ~、難しいです。
 「自分を客観的に見なさい」というのは先生の口癖のようなものですが、一所懸命に取り組めば取り組むほど自分が見えなくなっているような気がするのは何故ですかね....

 組手は目新しい練習方法も加わったりして、先生が何を求めているのか、その片鱗が見え隠れします。
 管理人は身体がついていきませんが、子供たちはやっていく中で理解していくのでしょう。

 稽古が締まった後、今週末の昇段審査の対策で茶帯の男の子の移動基本を見ることに。
 いろいろ直すところはあり、審査までに対処できれば良いのですが......
 それは本人次第。

 「やるだけやってダメなら仕方ない」とするのか、「万全を期すまでは安易に動かない」のか。

 その人の「大きさ」を見られるのかも。

 審査は「競技」ではありませんから、人より上手である必要はないはずです。
 ただ、基本に忠実に「やらなければならないことを確実に実行する」ことを求められます。
 そして、そのうえで力強さ・スピード・美しさ・気迫などを備えているかを判断されます。

 すべてを備えることはできないかもしれませんが、最低限「基本に忠実であれ」ということですね。

 頑張りましょう!

春の陽気

 週末、急に暖かくなりましたね。
 道場の中も昼間の熱が残っていて寒さを感じません。
 動いている間には熱くなって窓を開ける者もいました。

 形、組手と稽古が進み、再び形に。

 それぞれの得意形を10のポイントに分けて、それを10回繰り返します。
 都合100回の挙動になります。
 他流派の形ですが、スーパーリンペイの108挙動と同じようなものですね。

 自分なりのポイントの設定なので挙動もまちまち。
 全部終わったところで、通しての演武です。

 それが終わり、一旦全員が正座。

 何名かづつ、前に出て演武します。
 管理人は「拔塞大」です。
 そのほか、燕飛、観空大、慈恩、岩鶴..... あと平安二段。
 これからずっと演舞するであろう形を行いました。

 中学3年の女の子は暫くぶりなので「もう無理」とへばってましたが.....

火曜日の話

 相変わらず管理人は遅れて参加。

 組手の終わるころになりました。
 火曜日はとっても寒くて稽古に参加するのも億劫になっていましたが、道場はヒーターが全開!
 ちょうどよい環境でしたね。

 形は「平安二段」。
 前半で蹴上が出てくるところが苦手です。

 「上半身はいいんだが、下半身がダメだ」といつものごとくダメだし。
 結局、後半部分をやったところで見取り稽古。
 自分が未熟なのは仕方ないですが、なんとかしないとね。

 最後は自分で選定した形を演武して終わり。
 管理人は平安五段を演武しましたが、選定形をやった子が多かったですね。

 この日は胴衣を着たお母さんらしい女性と、小学校に上がったばかり?くらいの女の子が稽古に参加していました。
 稽古終了後にお話しすると、門下生の小学生の男の子のお母さんと妹でした。
 久しぶりにお見掛けしましたし、胴衣姿は初めてだったので頓珍漢なお話をしてしまいました。

 お母さんも紫帯を締めていらっしゃいましたから、これからも稽古に参加してほしいですね!

FC2Ad