日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

昨夜の道場は.....

 日中の日差しの熱が残る道場。
 日が落ちれば肌寒い風が吹いているのですが、道場の中は暖房をかけたように暖かいんです。
 
 でも!  このまま稽古を始めてしまったら大汗間違いなし!
 心地よい暖かさですが、窓は全開!
 夜風が吹き抜けます。

 基本では「手刀受け」がお題。
 平安初段の最後に出てくる挙動の手刀受け。
 これの「腰のキレ」が出来ているか、を見られます。

 先生に「1、2の挙動は出来ているけれど、3の挙動がいつも腰が高くてダメ」とダメ出しで、そこで終了。
 何回やっただろう.... 
 何度やっても出来ないのでは話にならないですね。
 出来るまでやらなきゃ。

 形の稽古に入ります。
 
 前回の稽古では平安参段までやったようです。
 「ようです」というのは、管理人が早退したからなのですが.....
 で、平安四段からです。

 ここでは「蹴上からのエンピ」でつまずきます。
 先生は「腰が浮いて蹴上のスピードがない」です。
 小学生の男の子は「姿勢が悪い。軸を保て!」と気合いを入れられます。
 中学生の男の子は「後屈が全然ダメだ!」とダメ出し。

 「形はリズムと流れ」との話。
 「1 2 3と順序を追っているのではダメ。 その中で自分のリズムと流れを作れ!」
 スピードを上げようとすると形が疎かになります。 う~ん......

 散々繰り返したあと、OKが出ました!
 管理人の良いところを強いていえば、最初の後屈立ちだけ。
 それでもなんとか......

 平安五段。
 これは後半の「飛び上がってからの下段十字受け」を注意されます。
 「飛び上がるときに空中で腰から拳を外さない!」
 小学生の男の子はこれができないらしく、何度も繰り返すことに。

 そのほかに最後の「手刀の下段打ち込み」、そこから後屈に移る挙動。
 これの左の前屈がしっかりできない子が多いね。
 なかなか力が入りにくいから、しっかりとした体勢を作れない。
 この辺り、管理人は見せ方が少し上手いんだな。
 
 意外なほどスムーズにOKが出ました! やった~!

 鉄騎初段。
 これはひととおり通して終了。

 白帯の子達は平安初段を練習していました。
 有段者の前での演武では、それぞれ直さなきゃいけないところはあるけど、まあまあ格好になっていました。
 先輩たちの演武を見ながら、自分でやってみて覚えて上手くなっていくんだから慌てないことだね。

 最後に組手を少しやって終了。

 稽古が終わってからも、形のできなかったところを練習する子が多くみられました。
 頑張るよね。

 保護者の方達と話をして道場を出ると、晴れた夜空に満月が冴え冴えと光っていました。
 清々しい気分になります。
 
スポンサーサイト

一週間ぶりです。

 先週末からシルバーウィークのお休みを挟んでの稽古です。
 今年のお彼岸は5連休の人も多かったんではないでしょうか?
 道場は祝日はお休みですから、ゆっくり休めたかな?

 管理人は一週間ぶりとはいえ、遅れての参加ですが....  そして早退。
 都合がありまして前半で稽古を抜けさせてもらいました。

 雨も上がり、道場を吹き抜けていく風は秋風で気持ちの良い夜風になっています。
 稽古をすればすぐに汗が噴き出すのはいつものことですが、それも夜風にさらされれば直ぐに熱を奪っていきます。
 
 前半の稽古で形を行いました。
 平安初段、平安弐段と続いたところで、平安参段が始まるときに抜けさせていただきました。
 
 どちらの形も「スピード」と「滑らかさ」に欠けています。
 結局はダメ出しを食って次点でOKを貰うことが続きます。
 しっかりしなきゃとは思いますが、なかなか.....

 真新しい胴衣の白帯さんたちも頑張ってます。
 平安弐段はまだ覚えていないんじゃないかと思ったけど、そこそこ順番は追うことが出来ます。
 それって凄いことのような気がします。
 平安弐段、練習なんて何回したんでしょう?
 まだ、片手で足りるんじゃないでしょうか......

 それでもみんなと一緒に動くことが出来るんだから大したものですね。

調子悪し...

 いつもの稽古。

 稽古の始めに、無休の女の子3人の胴衣を先生が持ってきました。
 
 「着たい?」

 先生、そりゃ着たいって言うよ!!

 実際に着てみるとサイズも袖と裾をひとつ折り返すくらいでちょうどいい感じ。
 管理人他で帯を結んであげて稽古開始です。

 中学生は主に3年生が不参加。
 文化祭の準備などで忙しい時期です。

 基本では手刀受けのスピードを上げる練習を行いました。

 基本稽古が終わったところで管理人は離脱。
 腰の調子が悪くて、移動基本、組手にはついていくのが難しい状態だったんです。

 この辺りで参段の男性が遅れて参加。
 組手の稽古で試合を行い始めると、管理人は柔軟体操などを行って腰を柔らかくするようにしていたのですが、先生から審判役を言い渡されてしまいました。

 お互いの攻撃が中途半端に終わってしまい、なかなか勝負がつかない中学生の2人がいたので、自分の攻撃パターンが決まっているならその先を考えて動くように指導しました。
 パターンが終わって攻撃が途切れてしまうのでは、いつまでたってもポイントは取れませんからね。

 形の稽古では、平安初段の後半の挙動の追い突き部分を練習しました。
 参段の男性は、突きの体勢がしっかり極まっているのが良く分かります。
 不祥、管理人も同じ参段ではありますがレベルの差は歴然。

 ある人がレベルの差を喩えるに、運転免許を引き合いに「ペーパードライバーとF1ドライバーの差」ということを言いました。 
 持っている資格は同等でも、経験や知識量、技量の差によってレベルが全く違うということです。
 
 稽古の終わりに先生が「努力しなさい」と言います。
 それは「これで終わりというところはない」から「常に向上心を持って努力を継続しなさい」ということです。
 そして「ほんのわずかでも出来なかったことが出来るようになった」のであれば向上したということです。

 突きでも受けでも、稽古が終わった時に何か得るものがあるようにしたいですね。

豪雨災害

 ここ数日の豪雨で関東から東北にかけての広い範囲で甚大な水害が発生していますが、各地の空手関係者の方の無事をお祈りします。
 自然の猛威に抗うことはできませんが、被害を最小に収めるためにも普段からの心構えと準備をしっかり備えたいと思います。 
 被害にあわれた方、どうぞ気持ちを強く持ってください。

 さて、8月半ばから急に秋の気配を漂わせていた長野市ですが、週末はちょっと逆戻りしましたね。
 道場の中は涼しい風が吹き抜けていくのですが、体感的にはかなり暑い!
 結局、汗だくになるのはお決まりですね。

 稽古が締まってからのお話。

 白帯の男の子が「平安初段を教えてください」とやってきました。
 この夜も形の稽古で「平安初段」の中間部の挙動を繰り返し練習しました。
 管理人も一旦はOKが出たものの、演武の途中で不十分な挙動があり、結局ダメ出し。
 稽古が締まってから、少し自主練をした後のことです。

 形の順序は覚えているので、あとは正確性です。

 立ち方をチェックすると、やっぱり難しいですね。
 前屈立ちは体勢を低く保てないし、後屈立ちは身体がまっすぐに保てません。

 「キツイ~!」

 後屈立ちを直している時の思わず出た言葉ですが、正しい立ち方がキツイものだということを理解できればそれでOK。
 あとは楽をしないで正確にできるように頑張るだけです。
 これがすぐにできてしまったら管理人の面目が.....

 「空手が下手でも恥ずかしいことなんか何もない。他人と比べるから上手い下手が付くけれど、これで終わりということはない。いつまでも上を見て挑戦し続けることが大切。」

 先生が稽古の締めに言いました。
 努力を継続するのは黒帯も白帯も同じです。
 それぞれの目標を持って、それに向けて頑張るだけですね。

身体が動きません

 昨夜は一週間ぶりの稽古です。
 道場に行くと、子供たちが少ない....
 中学生はいろいろ忙しいので参加も少なめかな?とも思うのですが、そうこうしている内に一人、また一人とやってきます。

 時間になったのですが、先生は遅れる様子。
 こんな時のいつも通りに、5分くらい待って先生が来ない場合は管理人が音頭をとって稽古開始です。
 体操が終わるころには先生が到着しましたけどね。

 移動基本は、道場の縦の線を使って行われました。
 「内受け刻み逆突き」「手刀受け」を行いましたが、移動距離が長い分、大変!
 もう、この時点で管理人は身体が動かずに息が上がります。

 「腰のキレがない!」 と厳しくダメ出しです。

 組手は身体が動かない管理人に追い打ちをかけます。
 最後には中学生の男の子とやりましたが、スピードに付いていけないですね。
 まあ、痛み分けというところです。

 形は「平安初段」
 最初から六挙動位をひとつづつ行いました。
 
 自分でやっていて「こんなに極まらないのか!?」と思うばかりです。
 筋肉痛になるのは目に見えてる....それも一日置いて。

 稽古が終わってから「久しぶりですね」と先生に言われ、「一週間だけです!」と切り返しましたが、そんなに来ていないように思われていたのが不思議でした。
 裏を返せば、出席率はいいということですかね!
 でも、合計2回の欠席でここまで駄目になるのは、やっぱりダメということですか......

 稽古が締まっても、胴衣を着ていない子供たちが黒帯の中学生に「平安初段」を教わっていました。
 今が一番楽しい時なのかもしれないね。
 頑張ってね。

ちょっと空いてしまいますが...

 都合で今週は稽古にならないのです。

 で、自主練習をと思いましたが、道場まで出向くのが面倒だったので自宅前の道路でやりました。

 ご近所さんが見たら「何が始まった??」と思ったかもしれませんが、とりあえず移動基本をやってから最近重点らしい「観空大」の入りの何挙動かを.....

 ランニングシューズを履いているので感覚は違うと思いますが、どんな感じになっているのか自分では判断がつきかねます。

 最近は夕方になると秋を感じさせる涼しい風が吹いているのでやっている最中は暑さを感じなかったのですが、ひとしきりやってから家に入ると汗が噴き出してきました。
 やっぱり体は正直ですね。

FC2Ad