日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

ちょっと自主練

 昨日は先生の都合で稽古はお休み。

 一日、割と暖かく良いお日和でしたね。
 そんな温もりの残る道場へ自主練に。

 前回の基本の練習の復習です。

 ひととおりやった後に、先生から出されている形の宿題を。
 正味1時間はやっていないのですが、汗だくでした。

 来週は管理人の都合で稽古に参加できないので、やれるときには身体を動かしておかないとね。
スポンサーサイト

基本、基本、基本

 前回の稽古はお休みしちゃいました。

 さて、長野県北部を震源する震度6弱の地震が起きた土曜日から3日目を迎えましたね。
 今日の朝がたも震度4の地震がありましたけど、とりあえず長野市内は平穏無事のようです。

 今夜は気温の上がらない一日の締めくくりの夜になりました。

 さて、今夜は基本、基本、基本.....

 「追い突き、三本突き、上げ受け逆突き、下がりながら内受け逆突き、手刀受け、下がって手刀受け後屈逆突き」

というメニューを一挙動づつクリアしていかなければなりません。

 これ、結構キツいんです。
 一発でクリアできればいいのですが、ダメ出しが入る恐れを最小限にするためにも待機時間に練習、練習、練習.....
 これでもうバテバテです。

 最終的には管理人が一抜けという形になったのですが、子供たちは話をしながら遊んでるもんね。
 管理人なんか悲壮感漂っちゃいますもん。
 普段の稽古でいかに気を使って行っているかが、こういう場面でハッキリ出てきます。

 最初に下段払いをして構えた時に「ちょっと待て!」と声がかかり、立ち方を直されちゃうとテンションガタ落ちで待機では練習、練習.....

 大会などのイベントの終わったこの時期、自分を見つめ直すにはよい時期ですがキツイのもまた事実。

 頑張らないと。

 今夜は中学生がテスト期間で欠席者多数。
 少ない人数で中身の濃いけいこができたのではないかと思います。

 管理人は先に上がりましたけど、最後の人はいつまでやっていたことやら.....
 先生もお疲れ様です。

大会開け

 今夜は夕方からかなり冷え込んできましたね。

 11月も半ばを過ぎ、師走の声も聞こえるこの頃ですから寒いのは当たり前。

 とは言うものの、まだまだ寒さに身体が慣れきっていないこの時期は、北風が身に沁みます。

 そんな夜の稽古。
 先週末に大会が終了したばかりで、参加者は少なめ。
 黒帯が少なかったのかな.....

 基本、移動基本、組手、形と稽古が進んでいきますが、人数が少ないので色帯の子を前に出して、管理人ほかの黒帯は後列に下がります。
 こんな時には前列でしっかり先生に見てもらえばいいよ。
 
 「そんな後屈があるか」とか「騎馬立ちになってないだろ!」などの指摘が飛びます。
 
 ほらほら、普段からしっかりやっていないと人数が少ない時は先生に見つかっちゃうんだなぁ.....

 午後8時になって一旦終了の雰囲気。
 ただ、お迎えの保護者の方が誰一人として来ていません。

 そりゃそうだよ、こんな時間に終わるなんて誰も思っていません。
 稽古している管理人以下、全員がそんなこと思っていません。
 当然、保護者の方も思っていません。

 結果、「じゃあ、組手やるか」となりました。

 2チームに分けて試合をやったところ、4-3で白組が勝ちました。

 そうこうしているうちに保護者の方がポツリ、ポツリと来はじめて、管理人は午後9時を過ぎたころに帰宅。
 早いぜ、いろいろやっても日が変わらない!

 このブログも当日の更新なんてかなり久しぶりです。
 でしょ?

大会当日

 管理人は仕事の都合で会場へは行けませんでした。

 コート係をお願いした保護者の皆さん、多分しっかりとした進行をしていただいたと思います
 お疲れ様でした。
 地区大会ともなれば「慣れた」メンバーが担当する方がスムーズに進みますから、どうしても負担をお願いしてしまうのですが、経験の少ない方たちが自信をもって担当できるようになるまでの間、申し訳ないですがよろしくお願いしますね。

 結果については聞いていないのでわかりませんが、それぞれに頑張って全力で試合に臨んできたかと思います。
 今年最後の試合でしたが、笑う者、悔し涙を流す者、それぞれだと思います。
 来年のシーズンまでに、自分をしっかり作って頑張ろうよ!
 時間はあるけれど、やることも沢山あるはずだよね。

 一般の部に出場した参段の男性の結果を聞きました。

 形の部、優勝!
 組手の部、第3位!
 団体組手のメンバーとして、優勝!

 だそうです。

 頑張りましたね~
 土曜日の自主練習の際、形の構成を何度もチェックしていましたし、それに対して管理人もアドバイスをしたので、もしそれが功を奏したのであれば嬉しい限りです。
 管理人は、自分でできなくても善し悪しを指摘することはできるのでね

 今夜はおいしい酒を飲んでいることでしょうね。
 でも、疲れてすぐに寝ちゃったかもしれないなぁ.....

 次の稽古でみんなの結果を聞くのが楽しみです。

 管理人は、仕事の帰り道に高速道路のサービスエリアで休憩をしていたら、長野市内の支部の男性が丁度いらっしゃって、少しお話しできました。
 大会に参加された方、係員で参加された方、審判の方、一日ご苦労様でした。

週末は

 金曜日の稽古。

 週末の日曜日に松本市で開催される空手協会北信越大会の前に最後の稽古です。

 基本の稽古から「形」を意識した挙動を中心に練習します。
 それは移動基本でも同じ。
 形の中の連続した挙動をそれぞれ選択して行いました。
 そして「形」を行うにあたっては、自分の選択した形をすべての挙動に気合いを入れて「極め」を作りながら行いました。

 管理人は久しぶりに、やめておけばいいのに「慈恩」を選んでしまい、最後まで一人でやっていました。

 組手を少し練習してから、中学生を頭に4チームを作って勝ち抜き戦です。
 帯下から対戦をして、勝った選手は勝ち残ります。
 口を切って血を流しながらも4人抜きをした男の子もいました! 頑張ったね~!

 稽古が締まってからは、選手のみの練習。

 基本形をチェックした後は、自分の行う選定形を練習です。
 順番は関係なく2チームに分かれて、形試合で対戦して勝ち抜けます。

 負けた選手は管理人がアドバイスして、それを練習。
 勝った選手は次の対戦。
 最終的に5人が残って、全員の前で演武しました。

 練習が終わってから更に練習する子もいますが、友達同士で話をしている子もいます。
 何が良い悪いではないですが、試合に向けての「意識の差」が見て取れますね。
 それが結果に繋がらなくとも、試合に対する意識、もっと言えば「空手に対する姿勢」に現れるはずです。

 自分を冷静に見れて、それを修正しようとする者が最終的には強いんじゃないでしょうか....?

流れの中で

 昨夜の稽古も参加者少なめ。

 北信越出場選手の練習となる後半部分には増えてきましたけど、それでも少なかったかなぁ.....
 
 参加者が少ないと、帯下の子は後ろの方に下がりたがります。
 まあ、これは仕方ないとは思いますけどね。

 一番前の列で先生の目の前で稽古をするのは、それはストレスを感じる部分が大ですから、できれば後ろに下がって先輩の陰に隠れてやっていたいというのが本音なのかな.....

 でもね、管理人はそんな子たちを最前列に送り出してしまいます。
 「ほらほら、前へ行け!」

 当人にとっては大迷惑かも知れませんけど、気持ちだけでも強く持とう!
 だって、試合でコートに立ったら「独り」だから。

 最後に組手の団体戦をやって稽古は終了。
 
 後半の選手の練習は、最初、管理人が面倒を見ます。
 先生、一旦、道場から出て用足し?です。

 昨夜は「鉄騎初段」です。
 手にパワーリストを着けて稽古開始。

 第一挙動からの打ち込みを繰り返したところで先生にバトンタッチ。
 やっている中で各選手の足りない部分をフォローします。

 紫帯くらいのレベルの子達にとっては、なかなか難しい形になってしまいますかね。
 実際、かなり苦労しています。
 それを修正していく管理人にとっても、かなりの労力です。

 騎馬立ちの横移動での挙動は、それまでの平安形とは勝手が違うでしょうね。
 でも、頑張っていれば少しづつでも前に進める。
 それは分かってくれたと思います。

 昨夜は参段の男性が参加しました。
 来週末が北信越大会ですからね。
 しっかり練習しなきゃ!

怪我もします.....

 昨夜の稽古。

 管理人は先週の稽古で足を痛めて、昨夜はテーピングでぐるぐる巻き。
 完全に足首を固定して参加です。

 やっぱりいつもとは勝手が違います。
 痛い・痛くないの話じゃなくて、固定されてしまっている足が動かないので移動基本も形も思い通りに動けません。
 唯一、組手だけは痛くないように気を付けていれば、普通に動けるというのは皮肉な話。

 道場ではスポーツ保険に加入しているので、稽古中の怪我や往復の途中での怪我も保険が下りるようになっています。
 いままで一度も保険を請求したことなんてなかったけど、ちょっと治療費が嵩みそうなので請求することにしました。
 面倒な手続きもやってみなければ解りませんしね。

 昨夜は参加者が少なかったですね。
 道場が広く使えるのはいいことでけど、いろんな順番がすぐに回ってきて大変ということもあり痛し痒し....

 稽古が締まってから北信越大会の選手の練習には、お手伝いで参加。
 平安五段では、鏡を見てやることが大切だということを解ってくれた子がいたんじゃないかな。
 
 「自分の姿を見て、格好がいいという形をやりなさい」

 と、これは管理人。

 自分の姿を真摯に見つめられなければいつまでたっても上手にはなれませんからね。
 頑張ってね。

 先日の昇段審査。
 管理人は都合でいけませんでしたが、道場からは初段と弐段の審査に7人が参加しました。
 結果は初段の2人が合格。
 弐段では1人だけが合格です。
 合格できなかった「先輩」と称する人たちは自分の取り組み方を考えないといけないんじゃないかな?
 合否は時の運だとは思いますが、努力は裏切らないとも思います。

 次回は年度末。
 頑張りましょうね。

最近は怪我続き

 先週末の稽古。

 テンポよく進む稽古に大汗です。
 移動基本が大変だったかな....

 組手では痛めているところを更に酷くしてしまって、「年甲斐もなく」という言葉が身に染みる思いです。

 何とかならないかと思うのですけど、これはどうしようもない.....

 稽古が締まってから、三連休最終日の昇段審査に向けての練習をする子があちこちに。
 管理人は前回審査に落ちてしまってから、受験する機会を失っていて今回も都合で受験できず。

 昇段を目指すみんな、頑張ってきてね!

FC2Ad