日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

早退

 火曜日の稽古。
 管理人は仕事があり早退です。

 稽古は初めから移動基本までやりました。

 逆突き、下段払い・逆突き、上げ受け・逆突き、内受け・逆突き

 これをしっかり極められるようにということで、みんな繰り返し練習します。

 管理人は「まだまだそんな程度じゃないはず」と言われ、やっている「つもり」になっていたかも知れません....
 
 「平凡な空手をするならそれで良いが、もっと上を目指すつもりがあるなら、もっとしっかりやれ」

 と、なんだか以前にも一度聞いたような.....
 「つもり」になっているときに喝を入れてもらえるのは嬉しいことなのかどうか.....

 頑張ります。
スポンサーサイト

残暑厳しく.....

 昔から「お盆を過ぎれば秋風が吹いて...」などと申します。
 今年は涼しかったりもするのですが、まだまだ残暑が厳しいですね。
 体調にはお気を付けくださいませ。


 昨夜の稽古。
 そんな昼間の熱気の残る中、いつもよりも基本を重視した稽古です。

 移動基本では「前蹴り50本~!」  !!!?

 「リラックスして最速で動くように!」

 て、動けません。
 せいぜい20本が限界。
 あとは流れのままこなすだけ。

 形では、一挙動ごとにしっかりと停止できるように、極めたら動かない。
 これは子供たちにはなかなか難しいところですね。
 そして停止している時間が長い分、立ち方を怠けます。
 たぶん普段はそんな立ち方はしていないでしょ? という子も沢山....

 そこで「そんな立ち方があるか~!」などと檄が飛びます。
 言われなきゃできないのは人間の弱いところですが、それもご愛嬌。
 「それをすることが苦しいから楽をしよう」としているうちは、たぶん上手にはなれないよ。

 頑張ろうね~!

 いったいどれくらい汗をかいたでしょう.....
 稽古が終わって汗が引いた後は、肌がざらざら、べとべとです
 でも、はっきり言ってそんなこと自分の意志ではできません。
 「勢い」というのは何とも「不思議」で大事です。

 移動基本をやっているときもカラ元気を出して、声を出して動けば動作は遅くとも頑張れます。
 子供たちもその辺りを分かってくれれば、もっともっと楽しく活気のある稽古ができると思うのですがね。

 昨夜は見学の方が見えました。
 お母さんに連れられた4兄弟??  すみません、よく把握できてませんで....
 どんな年代でもいです。
 始めるのに「何時」ということは必要ありません。
 やってみたい、始めて見ようと思った時が「今」です。

 そして、多分「潮時」を感じるまで何十年も続けることができるでしょう。
 見学して「いいな」と思ってもらえたら良いのですけどね。

 「格好悪い」とか「大変そう」と思われないように、管理人ももう少し頑張らないとね。

ちょっと自主練

 道場の稽古は今週いっぱい、お盆休みです。

 でも、子供たちはどうかわかりませんが、中年には長い休みは「鈍る」原因です。

 ということで、お盆の中休み、道場で少しばかりの自主練です。

 今夜はとても気持ちのいい風が吹いていて練習には絶好の環境です。
 が、管理人はいつも通り、汗だくです。
 正味40分くらいなんですけどね....

 基本形を全部通して、あとはサンドバッグ相手に打ち込みを少し。
 これで40分です。
 あ~、中年にはこれくらいが丁度いい!!

 あ、練習中に視界の端を素早く移動するモノあり。
 黒くて長い尻尾のある奴でした。

 そりゃ、いるでしょ。
 管理人だけだったし、その存在もあまり気にならなかったのかもしれませんが、動いたらあっという間に物陰に消えました。
 まあ、いいや.....

先週の稽古

 全国大会終わっての先週の稽古。

 組手の団体戦などをして、楽しい雰囲気の中で行われました。
 
 それぞれのチームが怪しげなチーム名をつけて対戦です。
 
 ちょっとビックリなのは、大会前まではなんだかピリッとしなかった子が、「全国大会」という刺激を受けて俄然動きが変わったこと。
 人は変わる時があるんですね。
 
 これを普段の稽古に置き換えてみれば、「見取り稽古」をしっかりやって「真似」をしてみることですね。
 上手な選手の形を真似する。
 組手の上手い選手の技を真似てみる。

 誰でも最初はそこから始まります。

 「あんな風になりたい」 「あんな風に動きたい」

 それでいいじゃない?
 

大会その後

 全国大会が終わって一週間です。

 大会の二日目は、各個人競技がありました。

 今大会は組手の個人競技が少なかったので、午前中に形試合が行われたのがメインになった感じです。

 小学4年男子の部。
 淡々と試合が進みベスト16をかけての試合。
 良い形だったんだけどなぁ.... 残念ながらここで敗退です。

 小学5年男子。
 ここには2人がエントリーしていました。
 どちらの選手も自分にできる最高の気合いを出して頑張ります。
 ここでもベスト16をかけての試合。

 ここが勝負どころ!
 背中を叩いて送り出します。
 普段、道場では見られないような緊張が伝わります。

 残念ながらここでも敗退です。

 中学1年女子は3名がエントリー。
 ここでもベスト16の壁が破れません。

 更に中学2年女子。
 初戦から引き分けて再試合。
 つぎも引き分け再試合。
 ベスト16をかけての試合も引き分け再試合。 とうとうここで判定負けです。

 中学2年男子。
 満を持しての試合は残念ながら2回戦敗退。

 中学3年女子。
 管理人はフォロー間に合わずに敗退です。

 午後に始まった個人組手も、選手とともに監督2名も頑張ったのですが残念ながら初戦敗退です。

 唯一、気を吐いて勝ち進んだのは小学6年女子。

 個人形は、本選に残り敢闘賞。
 個人組手も同じくベスト8まで勝ち上がりました。
 頑張ったね! あと少しだった。

 今大会、どの選手も秋の世界大会への出場を夢見て頑張ったと思います。

 結果的に道場として、中学3年男子形の部で1名が世界大会出場権を勝ち取ったわけですが、大会に出場した誰もが同じ稽古の時間を過ごし、汗を流し苦しい時間を耐えて全力をもって臨んだのです。

 コートに入る選手の背中を押す管理人ほかの監督も「勝って戻ってこい」との思いを込めて送り出したのですが、これも勝負の世界。
 どちらかに凱歌が上がり、どちらかは敗者となる道理は変えられません。

 稽古の量で相手の上を行く。
 流した汗は誰にも負けない。

 そんな気持ちで勝負に臨めたら、また一段階上のレベルに上がれるでしょう。

 これで終わりじゃない。
 みんなにはまだまだチャンスがある。
 「勝ちたい」と思う気持ちを持ち続ける限り、勝負は続きます。

 いつか最後までコートに立っていられるように頑張ろう。

 選手のみんな、保護者の皆さん、お疲れ様でした。
 来年もいっしょに全国大会に参加することができるように頑張りましょう!

全国大会を少し

 先週末の全国大会。

 昨年に引き続き宮城県利府町の「セキスイハイムスーパーアリーナ」(宮城県総合体育館)での開催です。
 ここって、管理人は何度かお邪魔しているので要領もわかっているので、お気楽です。

 前日から長野を出発して、ホテルに入ってから他の監督2人に選手の直前の練習はお任せして、仙台駅横のホテルメトロポリタン仙台へ監督会議に。
 このとき、すごい局地的豪雨に見舞われました。
 ホテルからはずっと下りで道路が「川」です。
 側溝は全部あふれているし、「6時のニュースになる」なんて思いながらタクシーで会場へ。

 会場では他の先生もとお会いして、監督会議の内容もしっかり聞いてからパンフレットをいただいてホテルへ。
 ホテルでは夕飯のバイキングがタイミングと手際の悪い食事提供で、憤慨

 ホテル内の大浴場で気分一新。

 さて、大会1日目。
 朝のバタバタはいつものこと。
 普段着で会場に向かうつもりの子がいたり....  そんな悠長な事してられないよ!

 相変わらず駐車場への渋滞で、道場旗を貼っていただける保護者の方が途中下車して会場へダッシュ!
 「あ~、昔は座席確保に早朝から開場前に並んだっけ」
 そんなころから比べれば楽になったものです。

 会場の外で選手たちのウォーミングアップ。
 開会式の直後に試合のある選手がいますから、テンポも速いです。

 1日目は団体の形・組手と、小学4年生男子、中学3年生男子の形の競技です。

 団体競技はそれぞれ頑張りましたが、管理人が担当していたのは高学年女子で、残念ながら形は予選落ち。
 組手は頑張って初戦を突破して二回戦へ。
 ここでは勝てなかったなぁ....  2-1で敗退です。
 大将戦となってしまったこの試合。
 ほんとに頑張ってくれたのですが、力及ばずでした。  来年、もっと頑張れるよ

 中学生女子の形は、予選を突破して本戦へ。
 過去には2連覇したこともあるこのカテゴリー。
 う~ん、まだまだ上手い団体があるよね。
 残念ながらまだまだ詰めが甘いね

 小学4年男子の形。
 頑張ったね。
 勝ち上がって4回戦。 本戦目前で敗退です。 来年はイケる!!

 中学3年男子の形。
 なんだか立ち上げ表がキツイ当たりだったようで、昨年のベスト8や地区大会優勝者がひしめくブロック。
 そこを勝ち上がって本戦です!
 
 昨年の優勝者はやっぱり上手い....
 全員の演武が終わって得点計算です。
 
 やったー! 敢闘賞! ベスト4に入りました
 この大会、秋の世界大会予選を兼ねていましたから、ベスト4まで出場権が与えられます。
 メダルは逃したけれど、世界大会でリベンジするチャンスができたってことだ!

 そんな1日目を終わって、帰り道に仙台名物牛タンの夕飯をいただいてホテルへ。
 参段の男性が花火を買いに行って、選手たちと一緒に楽しんでいました。
 そんなゆっくりとした時間が流れます。

 これだから全国大会ってやめられない
 

先週は

 いろいろな都合で先週の火曜日は稽古に参加できませんでした。
 道場には顔を出しましたけどね。

 全国大会の一週間前ということで、特別練習の日程にもそれぞれキツイものがあったでしょうし.....

 連日の暑い中、子供たちは頑張っていましたね。
 それは先生も同じ。

 先生、ただ号令をかけてみんなを動かしているだけではありません。
 そんな風に見えますけどね。

 管理人もそんな役割を少し担っていますけど、これはこれでなかなか大変なんですよ、
 「どういう課題を与えようか」「どの程度まで詰めればいいのか」「これ以上やるとダメになっちゃうかな」とかね....

 それで号令だけは思い切りかけますから体力も必要ですし。

そんな稽古を頑張ってきた成果を、先週末の全国大会で出し切ることを目標にやってきたわけですが、さて、みんな頑張れたかな。
 
 頑張ったよね。
 管理人と参段の男性、弐段の女性の3人でみんなのフォローに入りました。
 ただ、コートに入る皆の背中を押してあげることしかできなかっただけですが、少しでも緊張を解す役割ができて、それが全力を出し切る助けになったのなら嬉しいです。
 それが「役目」だったのですから。

 さて、全国大会のお話は別の機会に。

FC2Ad