日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

昨夜は

 管理人は前回、今回と都合で遅れて参加。

 参段の男性も同じく遅れて参加しました。

 道場では、団体の形試合をしていました。
 学年別に団体を組んで、選定形での紅白試合をします。
 そして、初めに「負け残り」をして、次に「勝ち残り」をしていました。

 いつも試合で組んでいる相手とは違うメンバーで形を行うのは、呼吸も合わないでしょうし、なかなかやりにくいものですよね。
 でも、それなりにみんなこなしていました。
 先生からは酷評されてていましたけどね。

 次は組手。

 金曜日は日中から気温がぐんぐん上がっていて、夜になっても暑い暑い....
 ここでの組手の練習は、環境は最悪!!

 もう汗だくで頑張ります!

 2人くらい相手を変えると、もう体力は底をついて電池切れです。
 それでも動かなきゃ!
 動かないけど.....

 前半の稽古が終わって、後半は自主練習でした。

 それぞれに少しづつアドバイスをしながら終了です。

 ここ数日とっても熱いですが、みなさん救急車で運ばれることのない様に十分注意してくださいね。
 明日は、千曲市で空手協会の練成試合が行われます。
 ここでも水分をしっかりとって頑張ってくださいね。
 
スポンサーサイト

今日は真夏日

 先週末の稽古はそれほど暑くもなくって、頑張っちゃいました。
 そりゃ、「暑くない」とは言っても、「とてもじゃないけどやっていられない」状態ではないというだけですけどね。
 胴衣の下も胴衣も汗だくです.....  いつも通り。

 一本づつの極めを重視したここ数回の稽古。

 その場だけでできるようになっても、それがいつもの動きに反映されてこないのは身についていない証拠。
 意識がまだまだ低いということになってしまいます。

 得意形を行いなさい。

 と言われて、やってはみるもののやはり挙動が甘くて「良いかと思ったら全然変わっていない」とダメ出しです。

 前半の稽古が終わり、選手の特別練習。

 この日も管理人は団体選手の面倒を見ました。
 
 みんな、だんだんと出来てきているよね。
 管理人が言う「なんだかハッキリしない指示」にも自分なりに付いてきてくれているしね。

 だけど、やっぱり「その時はできるけど通してやると元通り」という人が多いよね。
 先生も「だいぶ良くなっています」と言ってくれてますが、もっともっと気を使って頑張ろう!

 自分で自分の姿を見つめることができなければ、いつまでたっても上達しないよ!

昨夜は

 管理人は都合で欠席。

 参段の一般男性が来て稽古をしていったようです。

 今夜は、全国大会出場の選手が練習でした。
 管理人がお迎えに行ったら、もう終了していましたけど保護者の方も誰も来ていなくて、先生が「時間通りにやりますよ」といつもの練習には不釣り合いなお言葉を残して帰って行きました

 でも、今日はかなり暑かったですからしっかり集中してやっておしまいにしたのでしょうね。

 長野市内は「マイマイガ」が大量発生していて、窓全開の道場の中にもたくさん舞い込んできています。
 女の子達は悲鳴を上げて大騒ぎですが、10年に一度くらい大量発生するんだそうですね。
 でもいただけないです
 稽古の邪魔だもの。

暑いですよね

 昨夜の稽古も暑かったですね。

 参加者も心なしか少なかったような.....
 中学生ともなると、部活などで忙しくなってしまい、なかなか稽古に最初から参加するというのは難しくなっているようです。
 それでも稽古が進むにつれ、ポツリポツリと中学生が顔を出します。

 そういうところは偉いなと思います。
 確かに、全国大会の選手に選ばれている者は、大会が控えているので稽古を休むと自分に跳ね返ってくるのがわかっていますから遅れても参加します。
 そうでない者も、遅れながらも参加するというのは、この時期「サボりたい」という誘惑があると思うのですが、それでも顔を出して暑い中、稽古するのですから大したものです。
 頑張ってくださいね。

 前半の稽古は、「慈恩」の挙動の一部を練習です。

 「後屈・下段払い・上段内受け」 「騎馬立ち・鉤突き」 「後屈・下段払い・上段内受け」 「閉塞立ち・上段両手内受け」

 これを繰り返します。

 管理人もダメ出しに苦しみながらも、何とか最後まで。

 先生は「挙動をしっかり極めてから、次の挙動に最速で動け」と言います。
 確かにその通り。
 でも、これがねぇ.... 気ばかり焦ってしまい、できないんですよ。

 最後まで上がったので、まだできない者の指導に移りました。
 「鉤突き」のところ。

 「後屈・下段払い・上段内受け」の態勢から、「鉤突き」に移るときに「上段内受け」からの手をそのままもって行く者が多いんですね。
 別に何が正解という訳ではないのですが、一旦体側に付けてから「下段払い」の手を引き付ける力を利用して、寄り足をして「鉤突き」をすると力強い挙動が行えると思うんです。
 
 そんなところを慣れてもらって、しっかり行えば大丈夫だと思います。
 中学生の女の子も、そう言えばちゃんとできますからね。

 形は「選定形」です。

 自分の選んだ選定4形のうちの一つを、ポイントを練習してから演武します。

 管理人は「抜塞大」です。
 いつも指摘されるのですが、「逆腰」をしっかり入れること。
 意識しているのですが、「つもり」で終わっているようです。

 あと、引きつけての蹴込を下段にしっかり行うこと。
 これを指摘されました。
 まだまだですね。

 茶帯のあたりの子が、「慈恩」を行ったのですが、技がしっかり極まっていなくて、そのあとに演武した「紫帯」の子達と並び替えられました。
 
 「帯の色が間違っているんじゃないか??」
 先生が言うのですが、まあ、誰が見ても的外れではないよね。
 帯下のグループのほうが上手だったもの。

 そのあとに組手を少しやって前半はおしまい。

 後半の稽古は、先生が個人形の選手の基本形をみて、管理人が団体選手の「慈恩」をみます。
 前半でやった挙動ができなくなっていて、「何のためにあれほど練習したんだ!」と気合です。
 言われたこと、やったことは自分で考えて直していこうよ。
 その度に言われていては、前に進めないよ。

 稽古の後に聞きましたが、小学校の男の子が道場を退会したそうです。
 どういう理由かもわかりませんが、頑張っていたと思うので残念ですね。

昨夜の稽古

 管理人は遅れて参加。

 道場に入った時には「平安弐段」をやっている最中でした。
 途中から参加して、第二段階までは進んだものの、そこでダメ出し。
 結局、最後まで残ったのは男の子2人だけでした。

 そこから合格をもらうために演武しますが、2回のダメ出しで終了。
 第一挙動が極まっていないのと、手刀受けの立ち方が高いとの指摘を受けました。
 また、頑張ります!


 前半の稽古が終わり、後半は選手の時間。
 管理人はお手伝いで、団体戦のみに出場する選手の面倒を見ることになりました。

 形は慈恩。

 まだまだ極まっていなし、スピードも遅い。
 でもね、勢いのある選手もいました。
 それはそれですごいことだと思います。
 気迫があれば、多少のことはマイナスポイントにならないかも.....

 とは言うものの、しっかり正確にやってよ!!

 形の後は組手の試合。
 管理人自身にも言えることですが、もう少しリラックスして動ければもっと楽にポイントを取ることができるんじゃないかと思います。
 後、無暗やたらと攻撃する者は、もう少し効率の良い組手をすることを考えた方がいいんじゃないかな。

 練習が終わってから、女の子の胴衣を新調する算段を保護者の方と。
 ここに「こだわり」があるんですよね。
 特に形の選手は「見た目」が大事。

 しっかり計算して、良い胴衣を作らないとね。
 でも、大会に間に合うか.....??

大会終わって

 先週末、スポーツ少年団の空手道競技大会が松本市総合体育館で行われました。

 管理人は都合で欠席。
 参加者が多数のため、例年、形競技は得点方式で行われていたものが、紅白試合を経てのトーナメント方式で行われたようです。

 小学生2年生の女の子は、ここで準優勝したとのこと。
 普段大会に縁のない学年なので、その成績にビックリです。

 この大会は道場からもエントリーしていない者も多く、いろいろ変わった部分もあったかと思いますが、かなり盛大に行われたようですね。

 中学1年生の女の子は、形試合で初の優勝を勝ち取ってきたみたいですね。
 おめでとう。

 次は協会小・中全国大会です。
 選手のみんな、これからキツくなるけど頑張って!

キツイ....

 夜になればなんとなく涼しい風が吹いては来るものの、道場に入って胴衣を着ればすでに「熱い」と感じてしまいます。

 すると、体操をしている時点で息が上がるのと同時に、汗がにじんできます。
 基本、移動基本と続いて動いていると、汗がしたたり落ちます。
 拭っても拭っても、止まりません。

 それだけ新陳代謝がいいということですかねぇ....
 稽古が終わって体重を計ると、2㎏は落ちてますからねぇ....
 身体の水分が出ているだけなんでしょうけど、体に悪い訳ではないと納得させています。

 まあ、それはさておき。

 移動基本では、「追い突き」「手刀受け」「前蹴り」の3挙動を繰り返し行いました。
 管理人は、「追い突き」「手刀受け」まではスムーズに上がったのですが、「前蹴り」で躓きダメ出しでした。

 「悪くはないが、もっと上を目指せる」

 と言われたダメ出しなので、実際「悪くはない」のかなと。
 でも、それで止まってしまっていると、後は落ちるだけですからね。
 頑張らないとね。

 そして、その挙動を応用しての形の演武。

 なんでも選択して良いとのことだったので、一応各挙動が入っている「慈恩」を選んで行いました。
 でも、なんだかつながりが悪くて、踏鞴を踏んだりしてしまい最低な形でしたけど。

 最後に組手を行いましたが、管理人は一般女性とともに審判役。
 先生が時間を計りながら、各人の動きを見ます。

 勝ち負けがつくのは仕方ないですが、どれだけ動けるかが今の段階での練習ですね。

 暑いけど頑張ろう!


 明日は、スポーツ少年団の空手競技大会が松本市総合体育館メインアリーナで行われます。
 あまり重く考えずに、自分のできる動きを出し切ることを考えて気楽にやってみよう。
 残念ながら管理人は会場へ行くことができなきなってしまいましたが、頑張ってきてくださいね。

FC2Ad