日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

散々でした。

 週末の稽古はダメ出しの連続でした

 組手では「全然できてねぇじゃねぇか!下がれ!」と気合が入っちゃいましたし、形は形で「基本でやっていることが形になると全然ダメだ!」とまたもやダメ出し。

 管理人、形は「平安五段」と「鉄騎初段」を練習でやり、個々の演武では「平安四段」をやったのですが、ここで前述のダメ出しでした。

 合格者の弐段の女の子に指導を受けたのですが、この時には一つの挙動を行うと他の色帯さんを指導している間は、その態勢をキープしているので、後屈の体勢の時なんか、もうプルプルです。
 エライ目に遭いましたが、こんなところにいないように自身がしっかりできるようになればいい訳で....

 そうは言っても、まだまだ未熟なので....

 自宅で以前の昇級審査の際の練習などの映像を見返してみると、多少上手にはなっているものの、本質的な部分では何も変わっていないという事がよく解ります。
 これを変えていくというのは、よほど気を使ってひとつづつの挙動を行わないとダメですよね。

 
スポンサーサイト

感覚

 火曜日の稽古で組手の試合をした際に、久しぶりにメンホーをつけて行ったのですが....

 距離感がぜんぜん掴めずに、高校生との試合ではすっかり良いところなしでした。

 また、審判役の一般女性からは「スピードと極めがないから入っていても有効として認められない」と指摘され....

 メンホーをつけての組手も練習しなきゃいけないかなぁ....
 嫌なんけどなぁ

 稽古はいつも通り。

 基本も形も自分で考えながらやっていかないと、なかなか上手にはなれません。
 大変だけど頑張ろう!

 だって、黒帯目指して頑張っているんだもの。
 まだまだ先が長い人は尚更だよね。

珍しい参加者

 久しぶりに高校生の男の子2名が稽古に参加していました。

 そろそろ高体連の新人戦の準備が必要な時期ですね。
 1年ぶりくらいになるのかな?

 身体もずいぶん大きくなって管理人よりも背が高くなっているかもしれません。

 何より面白かったのは「声変り」していたこと。
 耳にしたときは「おぉ!??」って感じでした

 最後まで稽古をしていきましたけど、組手では中学生5人を相手に試合をしたり、形では突如として「燕飛」「岩鶴」をやらされたり....

 先生には「お前たちがいたから、ちょっと気を使ったんだぞ」なんて言われていましたが、普段それほど練習していないはずですから、普段通りの稽古についていくのはそれなりに大変だったかと思います。

 さて、色帯さんたちはそれぞれのレベルの形の練習をすることになりましたが、管理人は「平安五段」をやらなければならない今現在5級の子たちの面倒を見ることになりました。

 ここで、ひとことで言ってしまうのなら「覚えていない」です。
 現在、紫帯を締めているという事はここまでの過程をこなして来ている証拠であり、そうであれば次に習得しなければならない形の挙動くらいは理解することは当然であって、昇級審査を目前にして「前屈」なのか「後屈」なのかを管理人が指摘していく段階でないことは解るはずです。

 そのために「見取り稽古」として有段者の演武する形を見て覚える時間がとられているのであって、そこで覚えられなければ自分の時間を使うのか、それとも稽古の終了後に先輩に教えてもらうのか、とにかく自分で何とかするしかないのです。

 それを自分で分かっていないんじゃないのかな?
 誰かがやってくれる訳じゃない。
 
 管理人が面倒を見た紫帯は全員不合格です。
 そして、「自分が直さなければいけないところは何処か、方法は解っている?」と先生に聞かれて、全員が「解っています」と答えたのですから、次までに直さなければいけないよね。
 少なくとも、直そうとする努力はしなければいけないね。


 次回の稽古を楽しみにしています。

空手に必要なもの

 稽古の終わりに珍しく先生が全員に質問しました。

 「空手を上達していくのに必要なことは?」

 ホワイトボードに書き出していきます。


 帯下の者から質問をしていき、昨夜の参加者全員に質問をしました。

 いろいろな回答が出ました。

 ○スピード
 ○パワー
 ○極め
 ○姿勢
 ○気迫
      などなど...

 そして最後に一番大切なこと。
 
 ○練習

 自分で上手になろうという気持ちで練習をしなければ、上達はしません。

 稽古自体は、移動基本で半分がダメ出しを受けていました。
 管理人は遅れて参加したため、それには参加せずに見ているだけでしたが、それでも良し悪しはわかりますからね。
 ダメ出しを受けた者は、やっぱりそれなりです。
 帯のレベルで見られたら仕方ないと思いました。

 普段、列の一番後ろについて先生の目を盗んでしっかり稽古していない者。
 前に出されて移動基本をすることになって、そこでは「しっかりやっているようなフリ」をしていても、普段からしっかり稽古していないので、すぐにポロが出ます。

 なぜ? 稽古の時間を一生懸命練習すれば出来ないことはありません。
 それをせずして、良い目を見ようと思ってもダメでしょ?
 やっぱり普段の稽古の積み重ねが「実力」となって表れるのです。

 「センス」というものもあるかと思います。
 それを持っている者は、人より一歩先んじることが出来るかもしれません。
 でも、地道に努力し続ければ最終的に到達するところは同じです。

 道場の門下生、全員に頑張って稽古をしてもらい、自分を高めていって貰いたいと思います。
 個人を高めることは、道場全員の格を高めることになるから。

 今、自分でやらなければいけないことはわかっているはず。
 自分で考えて稽古しようね。
 

毎度ですが

 金曜日の稽古、一般男性とともに遅れての参加。

 基本の練習が終わったところでの参加です。
 
 この日は形の稽古から入りました。
 ここ数回、平安形のチェックにかなりの時間が費やされていますが、この日は「平安五段」に行くかと思いきや、そうではありませんでした。

 じゃあ、どんな練習をしたかというと...  よく思い出せないんです???

 とうとう「若年性痴ほう症」が始まってしまったかもしれませんね....

 で、管理人は先生から小学一年生の男の子に「平安初段」を教えるように指示されました。
 このところ、稽古をお休みしていた感のある男の子。
 以前にも平安初段は教えていたのですが、さて、どんな具合かな?


 う~ん、前半の上げ受けのところ辺りまでは突っ掛りながらもなんとかいきますが、そのあとはどうにも....

 一挙動づつ号令をかけて進んでいきます。
 やっぱり最初は転回をする動作が覚えられないんですよね。
 これは大人も同じ
 ここを理解できると、そのあとは覚えが早いのです。

 さて、男の子はなかなかここが理解できません。
 管理人は「手とり足とり」教えていくのは嫌いです。

 一応手本を見せながら、あとは挙動を口で説明して号令をかけていきます。
 「右」だとか「左」だとか、そんなことは小学生なら理解できるはずです。
 理解できないのは、その「つもり」がないから。

 与えられた時間で、とりあえず突っ掛りながらも最後まで行けるような感じになりました。

 そして、それぞれの指導を受けた者が演武することになりました。
 先生は「無号令でも、号令をかけてもいいです」と助け舟を出してくれたので、管理人は号令をかけて演武させることにしました。
 だって、まだ無理だもの。

 ここでかなりの時間を取りながらも最後まで演武を行いました。
 稽古が終わってから、「忘れないように家で練習してね」と声をかけておきました。
 平安初段が覚えられないと、胴衣を着ることが出来ないのです。
 いつまでも体操着じゃあ恰好がつかないよね。

 残った者もそれぞれ自由に形を演武しましたが、先生からは「全然挙動が決まっていないじゃないか!」と一般男性を除いて全員ダメ出しでした。

 最後に組手の練習です。
 組手が終わった後、身体をリラックスさせる時間を取って、床にあおむけになって腹式呼吸を繰り返しました。

 ここで、大汗をかいて胴衣が濡れていた者は床の色が移ってしまって大変なことになってしまいました

 お尻が黄色くなった者、背中全体が黄色くなった者....
 やっぱり胴衣の下にTシャツを着ている女の子は胴衣自体がそれほど濡れていないので色移りがありませんでした。

 帰ってから直に洗剤をつけて洗ったにも拘らず、一度の洗濯では落ち切れず、二度洗濯しました。
 大変です

今夜も遅れました

 さすがに定時に稽古に参加することは難しいのですが、今夜も1時間ばかり遅れての参加です。

 今夜は一般男性が来ていました。

 管理人が道場に到着したのは移動基本が終了したところ。
 今月は昇級審査があることから、色帯たちのレベルアップに余念がありません。

 というか、レベルが低いのでなんとか上げていこうという感じですかね....


 続いて形の稽古。

 前回は「平安三段」をお題に、自分が納得できる挙動を行えるまで先に進まなくていいという事でしたので、しっかり挙動を極められるまでやっていたら管理人が最後になっていました。

 で、今夜は「平安四段」です。

 あまり得意ではないし、どちらかといえば苦手な形ですが、前回の三段は途中で「下がれ!!」とダメ出しを受け、今夜は頑張ったせいもあったでしょうか、最後まで残ることが出来ました。

 うちの先生のスゴイところは、年齢性別に左右されることなく「ダメ出し」をし、叱ることが出来ることです。

 「なんだその後屈は!? 腰が高い!」

 立ち方が悪ければ、足を払われて転ばされてしまいます。

 そんな厳しい指導を受けながらも、子供たちが何も言わずに黙々と稽古を続けるのは先生を信頼しているからに他なりません。
 実際、子供たちはそんなに深く考えてはいないと思いますが、「先生が言う事だからしっかりできていない自分がいけない」と納得してしまっているところで、そんな先生の指導も受け入れていられるのだと思います。

 みんな、その指導に応えられる様に自分でも練習しなきゃ!?

 道場だけの稽古じゃ、追いつかないよ。

金曜日

 遅れての参加です。

 30分くらい遅れちゃうんですが、だいたい基本稽古から移動基本の途中くらいからの参加になります。

 この日も移動基本の途中でした。
 「追い突き~~~....20本!!」
 
 道場の端から端まで、いつもは横を使ってやるのですが、このときは縦を使っての移動基本でした。
 有段者と色帯を分けて、一列に並ばせての移動基本です。

 この間、管理人は準備体操。
 大人はしっかりと体操をしておかないと、アキレス腱を断裂したり、いろんなところを痛めることがありますからね...
 入念です。

 組手からの参加です。

 いろんなパターンの「お題」を決めての組手の練習なのですが、なかなか上手く行かないなぁ...
 火曜日の稽古をお休みしたのがジワリ、影響しています。
 身体が動かないのです。
 週二日は稽古していないとダメですよね。

 形の稽古は「燕飛」。
 最近のお題です。

 管理人は以前から練習しているのですが、この夜も上手く行かない....
 最後の飛ぶのを練習するうちに、変な風に回るようになってしまい断念。
 出来るときにやらないと、変な癖が付くかもね。

 夜は涼しい風も吹くようになってきていますが、やっぱり大汗。
 稽古が終わると1.5㎏は体重が落ちます。

 ダイエットしたい方、ご一緒に如何でしょう!??


 

FC2Ad