日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

集中的に

 昇級審査を見据えた稽古も最後です。

 移動基本では、「前後の移動に限界まで足を出すように」との指示でやった後、通常の挙動にするという感じで移動を行いました。
 確かに幅広く移動距離を取った後の通常の挙動は、気分的にも身体的にも余裕を持てます。

 帯別に移動基本をやって有段者が指導するときに、管理人は紫帯の男の子2人を担当。
 ここ数回の稽古で、ようやくやる気モードになったのか、それとも危機感を覚えたのか、どちらでも構わないのですが、気合が入ってました。

 「注意してできるのに、自分ではできないのは神経が行き届いていないからだ」と指導すると、「神経って何?」との答えが....
 そんなに難しいこと言ってるつもりはないんですけどねぇ....
 「気を使っていないと言う事だ」と言いなおしました。

 「指の先、足の先まで気を使ってやりなさい」
 そう言うとできるんですよ、これが....
 「お前たちはできるんだから、しっかり気を使って気合を出して元気にやるんだ」

 そのあと、2人を合格としてみんなの前で他の合格者と一緒に移動基本をやったのですが、1人が上げ受け逆突きを間違えて挙動を行ったので、見ていた先生が即座に「下がれ」とダメ出し。
 練習の時にはできているのに、何で本番で間違えるかねぇ。

 組手の練習では、管理人と一般の女性が無級者の指導を担当。
 先に「一本組手」の練習をしたのですが、合格者が出る前に「五本組手」に移行することになり、管理人が担当した4人は合格といったところですかね。

 形の練習では「頭が働いていない」と尻取りをしながら平安初段をやるという訳の分からない練習になってしまいましたが、要は勢いだけで形をやるのではなく、「良く頭を働かせて考えながら行えるようになれ」という趣旨だったんです。

 でも、尻取りをやりながらでは、考えている時間にダメ出しが出てその度に拳立てをやる羽目に.....
 最後に帯別に形を行い、有段者の合格を貰った者は半分くらい。

 さあ、本番は月曜日です。


 稽古が締まってから、保護者の方が団体形の練習をします。
 管理人が胴衣を持ってきて、それぞれに着てやってもらい、まだまだ胴衣に着られていますが、それっぽいです。
 男性の方の練習になればと思って、一般の女性と一緒に管理人の3人で形をやってみました。
 大人同士でスピードとか丁度いいかと思ったら、やってビックリ、速い早い!
 管理人もついていくのが精一杯でした。

 でも、男性の奥さんの意味ありげな視線はいったい何を物語っていたのか、しっかり聞いておくべきでした。

 ああ、面白かった♪
スポンサーサイト

遅れてます

 「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、先週末を過ぎたら朝晩は急激に冷え込むようになって、日中も陽射しは強いモノの爽やかな風が常に吹いている様な「秋らしい」気候になりましたね。

 ですが、道場で稽古を始めれば結局大汗をかいているのは管理人だけでしょうかねぇ....

 最近は審査に向けての練習が主なので、「何を、いつ」があやふやになってきちゃっています。


 まず、基本の動作では「手刀受け」をしっかりやりましたよ。
 普段は四挙動を連続で何回か繰り返しているのですが、「一挙動で20秒、動くな」と指示が飛び、先生が次の号令をかけるまでそのままの体制を保持しなければなりません。

 これって見た目にも「キツイ」ですよね~!?
 当然、やっている方としては「ちょっと!もう20秒たっているでしょ??」という気持ちでやっているのですが...
 なかなか次の号令がかかりませんでした。

 移動基本は白帯さんの見本として一通りこなした後に、一人づつ受け持って指導しました。
 管理人は、まだ始めたばかりの小学生の男の子を担当。
 でも、しっかり手順は覚えてましたよ!

 年齢が低い子たちは、言葉で言ってもあまり理解できませんから、とにかく「真似すること」です。
 良い見本を見せてあげれば、それを真似して良い動きをするようになります。
 管理人が「良い見本」だったかどうかはさておいて....

 組手では「五本組手」を練習しました。
 有段者にとっては、ほんとに久しぶりの「五本組手」だったと思いますが、そこに「前蹴り」も加えられて、難しかったです....

 無級から8級までは「五本組手」をやりますから、しっかりできるようにね!

 形では、「鉄騎初段」を練習してから先に有段者が演武して、それから指導をするパターン。
 管理人は白帯の男の子に「平安初段」を指導することになりました。
 だいたい手順は覚えていますが、ときどき逆に回ってしまったり....
 でも、たぶん大丈夫。

 稽古が締まってから、来月の交流大会に出場する団体のメンバーがそれぞれ練習をしていました。
 なんだかとっても微笑ましい光景でした。

 管理人も始めたころはそうだったことを思い出しながら、しばし見学。

 でも、結構イケますよ、みなさん♪

塩梅....

 金曜日の稽古、やはり基本を重点的に行いました。

 移動基本が主でしたね。

 帯別に移動基本をやるのですが、この子たちが列を作ります。
 そして、これの前に有段者が出て、同じ動きを「見本」として見せます。

 管理人ほか、三人が「前列」でした。
 後列は茶帯。

 移動基本は「三本突き」「下がりながらの上げ受け逆突き」「外受け、猿臂、裏拳」「下がりながらの内受け逆突き」「手刀受け、前屈貫手」「前蹴り」「回し蹴り」「蹴上」「蹴込」です。

 この中では、たぶん誰もが苦手とするのは「外受け、猿臂、裏拳」だと思いますが....
 ご多分に漏れず、管理人も苦手です、はい。

 何とか無難にこなしたかとは思いますが,,,, 見本になったかな?

 その後、茶帯の男の子2人に指導を頼まれました。
 年が上のこともあり、力強さは問題ないのですが、やはり「神経が行き届いていない」という部分が多いです。

 そして、問題の「外受け、猿臂、裏拳」です。
 「ゆっくり正確にやればいいから、しっかり前屈から騎馬立ちへの移行をやるように」と何度も言うのですが、外受けだけなら問題ないのに続けての挙動となると前屈になりません。
 気ばかりが先に行っているのですね。

 指導する時間の中では、これを修正することはできませんでした。
 そして移動基本の合否の判定ですが、管理人は茶帯の2人に移動基本合格を上げることはできませんでした....

 厳しいですかね...?
 もう少し気を使えばしっかりできるはずなのに、何度やっても同じこと。
 ねぇ、頑張ろうよ。
 技も上手くならなきゃいけないけど、気持ちをしっかり持ってやらなければ、いつまでたっても変わらない。

 組手では、合格した者が色帯の前で「一本組手」を行ってから、それぞれの挙動を指導しました。

 先日入門したばかりの男の子。
 まだ小学校のジャージ姿なのですが、頑張りました。
 二つ目の挙動の「中段追い突き」まで進みました!

 昇級審査まであと一週間ですね。
 みんな、自分で努力しなければ変わらないよ?
 

 今日の日曜日、県空連主催の「ジュニア選手権」が安曇野市穂高で行われました。
 道場からの参加者は、小学生の女の子2人。
 なんだか寂しいですね。

 2人とも残念ながら入賞までは届きませんでしたが、また少し視点が変わったのではないかと思います。
 空手協会と違って、競技志向が強い試合方法に対応することができなければ、勝ち残ることは難しそうですが....

 高校生になれば否応なしに、全空連のルールの下に戦うことになっていくのですから、小学生・中学生のころは無理に参加する必要もないというご意見もありますけどね。
 「強いもの」は「どこでも強い」のです。

 もっともっと練習が必要だよね。

基本・基本・基本...

 昨夜の稽古ですが、「立ち方」の練習が主でした。

 「前屈」「後屈」「騎馬立ち」の三つを何度も繰り返します。
 また3人一組になって、この立ち方を連続して行います。

 管理人は、一般の女性と中学生の男の子との組になっておこないました。
 「前屈」は中学生が、「後屈」は管理人が、注意されてダメ出しでした。

 「騎馬立ち」はどうだったか、はっきりする間もなく基本の稽古は終了。

 「後屈立ち」は苦手です。
 前に出した足には、しっかり力が入って張りがないとダメですし、その状態で腰を後ろに引くなんて...
 

 次に移動基本に入って、帯別の挙動を行いました。
 管理人は、紫帯の男の子2人に指導を頼まれました。

 基本の時間にやった「立ち方」がしっかりできていないことが良くわかります。
 だって、前に出る挙動と、後ろに下がる挙動とでは移動する距離が全然違うんだもの。

 あと、顔の向きが中途半端。
 横目で斜に見てもダメ出すね。
 
 そして、「蹴上」や「蹴込」の足刀に神経が行き届いていない。

 そういう所がまだまだ出来ていません。
 でも、上手になっているんですよ、2人とも。
 管理人は、できているところ、良いところは素直に褒めてあげたのですが、2人とも解ってくれたかな?

 けれど、移動基本の挙動が昇級の帯のレベルに達しているかは別問題。
 管理人には、2人を「昇級できる移動基本ができた」とは認められませんでした。

 基準を甘くすることは簡単です。
 でも、陰で「あれで○○級?」とか「○○帯なの?」って言われたくないでしょ?
 それよりも、「○○級なのにあんなに上手なの!?」って言われたいでしょ!??

 そう言われるようになってください。

 組手の稽古を挟んで、形の稽古。

 「自分で選んだ形を二回練習すること」「一回目はゆっくり挙動を確認して、通して行うこと。二回目は部分を選んで二か所を二回繰り返すこと」

 こんな指示で練習です。

 管理人は、基本でやった「立ち方」がすべて入っている「平安五段」を選びました。
 
 有段者が演武して、色帯が演武します。
 レベルはそれぞれですが、やっぱり「上手になろう」と思っている者は、形にその意識が表れていると思います。
 それぞれ頑張ってね。

 稽古が締まった後、保留になっていた初段合格者の「試割り」が行われました。
 管理人は板の保持を任されました。

 挑むは小学校4年生の女の子。
 はっきり言って「弱い」んです、突きが....
 なんだか板も厚い気がするし....

 結果は、2回やりましたが失敗です。

 先生が「肘」でやってみろ、と助け舟。
 今度は先生が板を持っての挑戦です。

 結果は、残念ながら失敗。
 割れません。

 終了後、「サンドバックを突いて練習しろ」との指示が出ました。
 ちょっと難しいかな....

 でもね、二年生でも割った女の子がいるんだから、必ずできるよ!!

蒸し暑い夜

 昨夜は夜になって涼しいかと思いきや、昼間の熱が残っていて稽古をしている者には厳しい時間となりました。

 基本も移動基本も「立ち方」が主体で進みます。

 組手を終わって形の稽古に入ってから、各形の何挙動かを練習しました。
 たとえば「平安初段」であれば、下段払い・追い突き。

 それを3回位繰り返して練習です。
 平安形から鉄騎初段までをそんな感じで練習した後、有段者が各色帯のやるべき形を演武します。

 管理人は平安二段を演武した後に、8級の男の子から指導を頼まれました。

 だいたいの挙動はできていますが、初めからの3挙動目、「右後屈左流し突き」が抜けていました。
 そのほか、後半の「前屈両手内受け」が低すぎる、といったところが問題点でしたかね....

 全体のスピードをゆっくり正確に、そしてところどころ間をとる様に指導して練習時間は終わり。
 黒帯の前で演武です。

 帯別に演武していきますが、黒帯が合格と判断される子は少ないです。
 全体の3分の1くらいでしょうか....
それだけ帯のレベルに見合った演武ができていないので、黒帯は納得できないと言うことです。

 最後に黒帯が選定形を演武することになりました。
 中学生と一般が4名稽古に参加していたので、奇しくもそれぞれ別の選定形を行うことになりました。
 管理人は「抜塞大」、一般の男の子が「燕飛」、一般の女性が「慈恩」、「中学生の女の子が「観空大」でした。

 稽古の後、保護者の方との話で「最後の選定形の演武はおもしろかった」でした。
 珍しいですよね、選定形四つを同時に演武する場面がみられるなんて!
 
 次に小学生以下の子たちが「慈恩以外の選定形」を行う様に言われ、しばらく固まっていました。(笑)

 燕飛を演武した子が多かったですかね。
 次に観空大。
 抜塞大は一人だけだったかな....

 やっぱり少しづつ練習していかないと、いつまでたってもできないからね。

 稽古が締まった後に、形を指導してもらう子の姿が印象的でした。

見学

 金曜日、見学の方が見えていました。

 小学校2年生くらい?の女の子と、年長さんくらいの男の子。
 お母さんと一緒に稽古の前半を見学されていかれました。
 
 さて、子供たちの目にはどう映ったのでしょうか....

 稽古終了近く。
 なんだか珍しく保護者の方達のお迎えの待機が早かったような気がしました。
 先日、見学に来て入門した様子の、小学校1年生の男の子の保護者の方が一番乗り。
 
 そりゃ、気になりますよね~!
 昔は管理人もそうだったな.... と。
 道場に迎えに来て、稽古が終了するまでずっと正座して待ってましたもの。
 
 子供の頑張る姿をしっかり見ていただいて、保護者もそれを理解してくれることが大切だと思います。
 習い事は「やらせておけば終わり」ではありませんからね。
 そして子供をサポートしてあげて欲しいと思います。

 子供自身の意志だけでは、難しい問題もあるでしょうから。

 さて、稽古の方ですが、組手は「一本組手」です。
 門下生を半分に分けて、試合をしました。
 全試合して勝数が同じくなってしまい、もう一度全員で今度はジャンケンで勝敗を決めました。
 結果は管理人がいるチームの負けでした。

 形では、選定形からそれぞれが選びグループに分かれました。
 「燕飛」を選ぶ者がいなかったので、残りの三つの形でそれぞれが練習しました。
 管理人も普段なら「燕飛」を選ぶのですが、昨夜は「抜塞大」を練習してみようかと....

 やっぱり「慈恩」が大半です。
 「抜塞大」は管理人を含めて5人。
 「観空大」は3人。

 先生の号令に合わせて、それぞれ手順を練習した後、3人から4人に組み分けをして団体形として演武です。

 試合ではないので、それぞれの団体がその団体なりに演武をするのですが、有段者から無級者までレベルが全く違う団体になってしまったりしていたので大変です。

 でも、その中でもしっかりと「技」としての形を意識して演舞した者が合格でしたね。
 6人くらい残りました。

 普段やらない形でも、「形は基本の組み合わせ」であることに変わりはないので、しっかり意識してやればそれなりになると言う事でしょうか....

 昨夜は門下生の名札を新たに追加しました。
 今まで長い間、「名無し」で頑張ってきた子も沢山いたのですが、新たに名札を作ってもらって道場に掛けました。
 少しでも自分の名前が上に上がって行ける様に頑張ってね!

昨日は...

 ようやく朝晩は秋めいた気候になってきましたね。
 九月になると違うものです。

 
 さて、道場ではいつも通りに稽古が始まります。
 昇級審査が今月末頃に行われるので、その対策を兼ねた稽古内容になりますね。

 稽古が始まる前に、胴衣を着た男の子とご両親がみえました。
 ちょうど、先生が着替えている途中だったのですが、管理人が気付いて「先生、見学の方?が...」

 見学といっても胴衣を着ているし、どこかの道場で会員になっていて引っ越しか何かで、仁武館に見学に来たのかな?という感じを受けたのですが、話を聞くと小学校1年生だそうです。
 スポーツクラブの教室に通っていて、もう少し本格的にやってみたいと言う事だったようです。

 どんな理由でも「仁武館」を選んでもらえるというのは嬉しいことです。
 その選択に応えられるレベルにならないとね、先輩たち??

 移動基本では、一本の技に集中して全力で行うという練習をしました。
 「追い突き」「手刀受け」「前蹴り」....
 気持ちが入っていない技を出すと、何度でも繰り返しやることになります。

 組手では一本組手の挙動を行い、一定のレベルにある者が無級者に「追い突き」と「上げ受け・逆突き」を指導します。
 管理人と一般の女性がこれを担当。

 色帯と白帯、そしてまだ胴衣を着ていない子。
 みんな一線横並びで「出来」を見ます。
 練習時間内でできる限りの指導をしましたが、なかなかね、出来るようにはなりません。
 でも、管理人の号令にはしっかり反応していたので、気持ちは入っていましたよ。

 そのあと、五組ほど組手の試合をして、その審判を管理人が主審、一般の女性が副審で行いました。
 相変わらず判断が難しいです。
 
 最後に形を一回練習した後、帯別に指導を行いました。
 無級者は平安初段から覚えなければいけないので、管理人も演武してから指導に回りました。
 頑張ってたよね、みんな。

 帯が上の者の演武のレベルがその帯に達していてなくて、先生がきつく指導しました。
 だって管理人が見ていたって、「それじゃダメだろ」と思うのですから、先生にしてみれば「もう少ししっかり考えて稽古しなさい」と言いたいと思います。
 
 「そんなレベルじゃ審査に行っても落ちるだけ」

 先生がそう言うのですから、そうならない様にしっかり練習してね!

金曜日です

 毎度、遅れてます。

 金曜日は組手主眼の稽古でした。

 元立ちを立てての打ち込みや、時間を区切っての連続攻撃の練習....
 そんな風に、組手を意識しての練習が続きました。

 管理人は久しぶりに「足の皮がむけちゃうかも?」状態になりましたが、何とか熱いだけで終わりました。
 とは言え、普段からの練習が甘いという証拠に他なりませんから、あまり喜べませんね。

 最後に組手の試合をしましたが、管理人は足が動かず中学生の女の子に負けてしまいました。
 体力不足ですね....

 稽古の締めはやっぱり形を部分ごとに分けて練習しました。

 自分でポイントだと思う個所を繰り返して、それを三回やった後に通しての演武です。

 練習ではしっかりできたと思う所も、通しての演武では結局上手くいかなくて自己嫌悪です。

 色帯さんたちの中でも、何人か選定形を行いましたが、何でもやってみることは大切だと思います。
 自分に合った形を見つけたら、しっかり練習しようね。

FC2Ad