日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

火曜日の稽古

 毎日毎日暑いですね!
 こう残暑が厳しくては、稽古するにも熱中症を心配しちゃいます。

 先日の火曜日も、夕方になって多少は風が出てきていましたが、まあ道場の中はどうしようもない状態でした。
 中学生の女の子と「汗だくだよ」と話したくらいです。


 稽古は基本、移動基本といつもの稽古の半分以下の配分で進みます....??

 そのあとに組手。

 久しぶりにメンホーをつけての稽古になりました。
 そして、一般の女性を審判にして管理人を含む4名が試合形式で練習です。
 小・中学生はいざ知らず、管理人はここに来るまでにスタミナを使い果たしてきているので、試合をやっても体が動きません。
 どうしようもないことですが、空元気だけでやって試合終了。

 次の形の稽古です。

 「3回に分けて、自分の練習する形をやってください」

 「練習の仕方はどんなやり方でもいいですから、3回で完成させるように」と先生。

 出来れば選定形をと言う事で、管理人は「燕飛」を選択。
 最後の飛び上がっての手刀受けがダメです。
 この形は、ここがキモ。
 ですから、これが極まらないと後が良くても無意味です。

 結局最後の演武でも極まらず、前足が滑ってしまいました。

 見学の方が見えました。
 なんだか久しぶりの感がありますが、小学校3年、2年の兄弟。
 お兄ちゃんは楽しそうに稽古していましたが、弟君はどうだったかな?

 そしてもう一人。
 小学校3年生の男の子。

 保護者の方は、その昔、仁武館で先生と一緒に稽古したお仲間だそうです。
 管理人も少しお話させていただきましたが、お孫さんを見学させに来られたそうでした。
 
 みんな、頑張ってやってくれると嬉しいのですが!

 あ~、今日も暑いぞ!!
スポンサーサイト

遅れ気味です

 最近は昼間の暑さに比べて夜が涼しくなっているので、気持ちよくって転寝などしていると更新が....

 そんな訳で火曜日の稽古も更新は今夜と言う事で....

 久しぶりに一般の男の子も稽古に参加。
 子供たちの人気を集めていました

 「今年の稽古も後半に入り、また新しい気持ちで基本の技を見直していきます」なる先生の言葉通り、基本技の練習に終始しました。

 基本と言えば、やっぱり「逆突き」
 管理人はお盆休みボケではないですが、今一つ身体が言うことを聞かず、立ち上がりは調子が上がりませんでした。

 稽古が進むにつれ、体が温まるにつれて動きもそこそこ良くなり...?
 移動基本をやるころには、既に汗だく
 動きも悪く....

 で、組手の練習に入ります。

 「一本組手」が協会の組手の基本です。
 事由に組手をしても、間合いとか気持ちのノリとか、そういったものはこの「一本組手」と同じだと言う先生の弁。
 「気合が乗らなければ突かなくてもいい」と言うのはやりすぎですが、気持ちが高まって「ここだ!」という最高のタイミングで突かなければ意味がないと言う事です。

 一般の男の子と一本組手を行いましたが、子供たちとやっているのとは緊張の度合いが違いますから左右両方終わるころには息切れします。
 俗にいう「プレッシャー」とか「圧力」というものが影響するんですよね。

 そのあと、色帯さんたちに一本組手の指導です。
 管理人は白帯の無級の男の子を指導しました。
 
 引き手がしっかり取ることができないという所と、突きが肩に力が入って上から出てしまうという所があって苦労しましたが、なんとか修正しました。

 それから、管理人・一般の女性・一般の男の子・中学生の女の子・小学6年の女の子を審判にして、組手の試合を行いました。
 色帯さんたちが選手です。
 どうしても技が極まりにくくて審判も苦労しますが、そんな試合をして稽古は終了です。

 稽古が締まった後は、久しぶりに稽古に来た一般の男の子が形の見本を見せることになり、しばらく話を交えながら形の演武をしていました。
 いつ来てもすんなりと稽古に馴染める場所と言うのはいいですね。
 

残暑厳しく....

 火曜日の稽古は管理人は都合で欠席です。

 
 で、昨夜の稽古。
 気温は高くなくて気分的には涼しい感じがしていたのですが、いざ稽古が始まったら暑い暑い!
 湿度が高かったんでしょうね....
 まあ、汗が止まりませんでした。


 基本から移動基本にかけて、「下段払い」「上げ受け」「内受け」の三つを重点的に練習です。

 前に出るだけなら勢いだけで出来てしまうことが多いのですが、下がりながらだと別物です。
 いえ、やることは同じなのですが、基本がしっかりできていないと「できない」んですよね。

 要は「構えと姿勢」をしっかり作ること。

 これができれば、下がりながらの各挙動もしっかり極まるかと思います。

 管理人も何とかOKを貰って、指導に回ります。
 OKを貰ったのは、まあ黒帯ですかね。
 あとの色帯さんたちに一人づつ付いて指導します。

 まず「下段払い」、前に出るのは上手です。
 さて、下がりながら。

 やっぱり足が先に下がって行こうとするので、手足が一緒にしっかり極まりません。
 弱いですね。

 その辺を注意しながら繰り返し。
 まずまず「合格」のレベルに上がったので、次の「上げ受け」に行ってもらいました。

 上げ受けの指導者に生徒が沢山集まってしまったので、もう一度管理人がその子を引き受けて指導です。

 そんなことを繰り返して、時間切れ。

 指導者の見ている中で色帯さんたちが、移動基本の三挙動を行います。

 なかなか合格を貰えない子がいます。

 帯の色は関係ありません。
 白帯でもしっかり注意して挙動を行えば、気持ちの良い動きをします。
 逆に帯が上でも、基本に忠実に行わない子はダメです。

 そのあと、形の稽古です。

 先日と同様に、選定形を行いました。
 この辺りになると管理人はバテバテです。
 一つ形を行うと、もう一杯いっぱいでした。

 それでも最後に選定形を一つ演武して、おしまいです。


 最後に組手を行って稽古は終了。

 来週は道場は「お盆休み」です。
 稽古はありません。

 ですが、小学2,3年生は「補習」があります。
 移動基本や形を見ていると、とても帯のレベルに達しているとは思えませんからねぇ....

 これからの仁武館を担っていってもらう年代ですから、今のうちにしっかり身に付けてもらわないとね!
 お盆休みに「補習」なんて、管理人は聞いたことないぞ!!

金曜日

 大会が終わって通常の稽古に戻りました。

 とりあえずシーズンのイベントも残りわずかとなり、ここからは基本的なことをしっかり身に付ける時期に入ります。

 まあ、全国的に猛暑の続くここ数日は、日が落ちようが気温は下がらず道場も風が抜けずに暑いままです。
 そんななかで、少しづつ基本的な技を確認していきます。

 「前屈からの逆突き」がメインでしたね。

 管理人が言うのもなんですが、半身からしっかり入り身に転じて極まった残心が取れないとOKは出ません。

 黒帯でもなかなか上がれなかった子がいましたね。

 身体の大きい者を元立ちにして、中段にしっかり突きを入れる練習もしました。
 しっかり入れた者は合格。
 突きの弱い者は繰り返しやります。

 最後に形の練習。

 選定形の四形のうち、普段やることの多い「慈恩」を除いた他の形を練習しました。
 これも手順をしっかり覚えて出来る様になっていかないといけないですね。

 自分の得意な形だけを練習しがちですが、やっぱり全部できなきゃ格好悪いし!
 稽古が終わっても、足が熱を持ってしまってなかなか収まらなかったです。
 この時期は大変です。
 

第二日目

 間が開いてしまいましたね....

 
 二日目は前日の反省から、係員の集合時間を調整しました。
 選手と一緒に行動する係員と、試合開始までにコートに待機できれば良い係員とを分けました。

 ですから、前日同様の午前6時前にエムウエーブに入ったのは6人くらい。
 それでも試合開始までの間にすることと言ったら、アリーナ内の選手の規制や試合進行の手順位のもの。
 もう少し人数を減らしておいても十分でしたね
 

 さて、時間も近づき仁武館のコートでは個人形試合の続き。
 
 予選から始まりますから、審判の旗の準備などはOK。
 小学校5年生女子形の部の試合です。

 テンポ良く試合が進んでいきますが、この日は同一時間帯にコート係をしてくださっている保護者の子供たちが選手として試合をすることが多くなってしまうことから、形の部の予選で勝敗は旗判定であるのを良いことに、自分の子供の試合がある保護者の方は随時、コートを離れて試合会場へ行ける様に調整しました。

 最低、コートには呼び出しの係2人と、記録をつける係1人、そして管理人だけいれば事足りたので、試合のない保護者の方は別としてそれぞれに応援しに行ってもらいました。

 たまたま仁武館のコートで試合が行われる選手がいて、その選手の試合の時には保護者の方に呼び出しをしてもらいました。
 自分の子供の呼び出しを親がして、目の前間近に試合を見ることができるというのも滅多にないことなので、保護者の方は感慨深かったことと
思います。

 さて、お昼の時間は指導員の模範演武があることから、コートは一旦全て片付けました。

 そして、次の試合までの時間が短いので、係員は自分たちの応援席に戻ることなくアリーナを出たところでお弁当で昼食を済ませました。
 
 演武が終わるまでに昼食を済ませて、すぐにコートを再度作り直します。

 午前中から始まっている組手の試合は管理人が計時を担当していましたが、やっぱり時間を知らせる声は審判に届いたり、届かなかったり....
 でも、最後の試合終了は問題なかったですけどね。

 予定通り、と言うか試合はどんどんと消化され、とりあえず担当の試合がすべて終わったところで、しばらく休憩。
 本部から組手の決勝戦の2試合を担当して欲しいという連絡を受けました。
 組手の決勝戦は、他のコートでの試合結果が出ない事には始まらないので、その間に2日間コートを運営した審判の先生方といろいろ雑談をしていました。

 来年の小学生・中学生全国大会は宮城県の「グランディ21」で開催することが決定したことから、宮城県の先生がいたので、ゆっくりお話しさせていただきました。
 前回10数年前にエムウエーブで全国大会を行った翌年から、グランディ21で開催されるようになった経緯から始まって懐事情なども....

 そんなことをしている間に時間は過ぎて、突然、決勝戦をするというアナウンスが流れ、しっかり2試合を終了してコート撤収。

 この時点で午後4時を回ったくらいでしたかね....

 表彰式が行われて、続いて閉会式。

 午後5時前にすべての日程が終了して、選手は解散となりました。


 ここからが係員のお仕事です。
 
 大会前日はいろいろ調整しながらの準備だったので時間がかかりましたが、撤収は要領だけ間違わなければスムーズです。
 コートマットをどんどんと片付けて、アリーナから観客席のゴミ拾いをして、係員が全員集まって大会本部から全日程終了のあいさつを受けて、係員も解散です。

 自分たちで運営していてなんですが、異常に早く日程が終了してビックリでした。

 コート係を担当してくれた保護者の皆さんとお互いの労をねぎらい、帰路に就いたのが午後6時。

 「大会の楽しみ」と言うものは何もない2日間でしたが、まあ、空いた時間にショップのグッズを見て回ることも出来ましたし、自分の子供の試合も1試合は見れましたから良しとしますかね

 何よりも、全国から集まった選手・関係者がたぶん? 気持ちよくエムウエーブを後にしてくれたことが良かったですね。

 今大会に関わったすべての関係者のご労苦にお礼を申し上げて、終わりとします。
 皆さん、ありがとうございました。

FC2Ad