日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

やっぱり立ち方

 昨夜の稽古は参加者が少なめでした....?

 中学生がいなかったのかな?
 でも、稽古が始まってからはポツリポツリと高校生や一般がやってきて、最終的にはちょうど良い位の人数になったようです。

 部活が終わってからやってくる中学生の男の子は、短い時間しか稽古できませんが頑張ってますね
 できるだけ効率よく練習して、「早い時期に昇段審査を受けてくれれば」と思っているのですが....

 さて、先生曰く「簡単なことでも、しっかり完全に行うのは難しい」と言う事で、基本を重点に稽古が続きます。
 「手刀受け」の立ち方で、後ろ足の「腿の張り」について、重点的に直されました。
 管理人などは、既にそんな筋肉はどこかに行ってしまっているのですが、「弱弱しい!」と厳しくダメ出しです

 「騎馬立ち」の両足の張りについても、同じように直されました。
 
 「張りながら締め込む」

 と言う、この矛盾した動きができないと騎馬立ちの「安定感」が出ませんね。
 そして、上体が突きを出すと振れてしまいます。
 この矛盾を解消できるのはいつのことやら....

 基本の動作については、帯の上も下も関係ありません。
 「できない」のであれば「できない」んですね。

 組手の稽古では「蹴り」を取り入れた約束組手を行いました。

 「一本組手」で上段、中段、前蹴りの受け側の攻撃を「突き」ではなくて「蹴り」で行いました。
 当然、間合いが遠くなければ蹴りは出せませんから、自ずと受けの挙動は離れて行うことになりますが、その間合いの取り方で出せる蹴りの種類が限られてしまいますので、難しいですね。

 そのあとに、受けたら突き・蹴りを織り交ぜて短時間の連続攻撃を練習しましたが、管理人は「遅くて逆に攻撃されちゃうよ」とまたまたダメ出しでした。
 この練習は流石に有段者でけでしたが....

 形の稽古は「平安初段」でした。
 一つ一つの挙動がしっかり極められるように意識しての練習です。
 
 「ふらつくのは問題外!」

 先生の檄が飛びます。

 最後に平安初段の逆動作の「裏形」をやってお終い。
 なかなか極まらないですね。
スポンサーサイト

今夜はキツイ....

 先週の金曜日に「追い突き」「手刀受け」の合格ラインに達しなかった子供たちが月曜日の特別練習に回ったため、今夜の稽古には参加していません。

 と言う事で、ほとんど有段者の稽古になってしまいました。
 基本重視の稽古には変わりないのですが、やっぱり稽古の対象が有段者になってくると先生の気合いのノリも違ってきます。
 ハッキリ言って、容赦ありません。

 管理人なんか、息切れしちゃってついていくのがやっとです

 その場の基本から移動基本。
 移動基本が終わった時点で、もうかなりきてます....
 みんな、手刀受けの立ち方が悪いんですかね....  先生もかなり重点的に直していました。

 そして組手。
 一本組手の「受け」だけを極める練習です。
 しっかりと技が極まってから突く、ということを重点にやったのですが、なかなか極まらないのが実際です

 形は「平安二段」。
 先日の稽古と同じで、しっかり極まったと思ったら次の挙動に移る稽古をしました。
 これも「一つ一つの技を極める」と言う趣旨です。
 ひとしきり稽古した後に「燕飛」!

 なかなかOKが出ませんでしたが、最後は弐段の女の子2人が合格でみんなの前で演武。
 管理人は最後の「飛んで手刀受け」の挙動でダメ出しでした。
 もうねぇ、稽古も最後になってくると「飛べない」んです!

 逆に飛ぼうとするから駄目なのかもしれないです。
 小学生の女の子たちは、なんだか簡単にクルリと回っていますが、そんなに飛んでないし....

 余談になりますが、長野県のそれも北の方の方言で「走る」のことを「飛ぶ」と言うんですね。
 県外の方が「急いで、そこのコンビニまで飛んでって...」とか言っているのを聞くと、「???」になるらしいです


 そんな話はどうでもいいのですが、やっぱり燕飛は飛ばないとカッコつかないですよね!

 稽古が終わってからも、みんな練習してました。
 道場の中は暑いですが、夜風はまだまだ冷たいですから、身体を冷やして体調を崩さないようにしたいですね。

基本重視

 金曜日の稽古、管理人は少し遅れて参加。

 その場の基本をやっているところからの参加でした。
 なんだか、みんな元気がない感じでした
 
 「空手」に限らず、普段の日常生活の中での「掛け声」とか「気合」って大切だと思いませんか??
 たとえば体操をやるとき、みんなの気持ちをそろえる時の「いち、に、さん、し」ですが、これだってボソボソとハッキリしない小さな声でかけるより、いち、に、さん、し って掛ける方が気持ちも揃いますが、何より力が入ります。

 重いものを何人かで持ち上げる時、「せーの」と言うより せーの!! って声をかける方が、踏ん張れますよね!

 それと同じことです。

 空元気でも何でもいい、しっかり「気合」を入れた練習をしなければ、その充実度が全く違います。
 同じ時間を過ごすなら、より上手くなれる方がいいでしょ!?
 

 さて、稽古には高校生が3人、一般の男の子が1人参加して、少し道場が狭くなったような気がしました。
 移動基本では、「追い突き」「手刀受け」をお題として、繰り返しやりました。

 先生からOKを貰ったのは、やはり実績ある者ばかり。
 管理人は「追い突き」から既にダメ出しでした。

 曰く、「突きのスピードが遅い」んだそうです。
 あと、「突いた時に腰が入り身になっていない」ということらしいです。

 確かに、突きのスピードと言うより身体の移動のスピードが遅いんですよね。
 下段払いから右の追い突きをする際に、右足で踏み切って身体を前に移動させるのですが、身体が出きってから腕で突いている様な感じですかね....

 踏み切りから突ききるまでを一連の流れで、且つしっかり腰の入った突きにすることが求められます。
 中年にはキツイ話ですがね。

 そこでOKを貰って、次の手刀受けでまたまた足踏みです。
 後屈の姿勢と、左の動作に余計なアクションがあるとの指摘を受け、そこで練習の持ち時間はお終い。

 指導者を除いた残りの者で「追い突き」「手刀受け」をやって、指導者からOKを貰えなかった者は、月曜日に特別練習を組まれました。 今日だね....

 紫帯から下の子たちになりますが、先生の言うことをよく聞いて、理解しないといつまでたってもできないぞ!
 頑張ってね。

 さて、稽古は最後に形をやりました。
 「平安初段」を挙動ごとに「20秒間停止する」という方法で最後まで通しましたが、最後の手刀受けの時は先生がいろいろ語っていたので、絶対1分を超えていました!!!

 そして、各々自分が挙動が極まったと思ったら次の挙動に移るというかたちで、「平安初段」を通して稽古終了

 なんだか早い...

 「みんな、丸くなれ~!」
 「昇段審査に受かった者の試割りをします」

 お~、まだやってなかったね。

 中学生の男の子と小学6年生の女の子です。

 板の持ち手は、管理人と一般の男の子。

 さあ、先ずは男の子から!
 慎重に狙いを定めて「行きま~す!!」    
 !
 成功です。
 綺麗に突けたときは、持ち手にも衝撃はほとんどありません。
 拍子抜けするほどですね。

 次の女の子。
 前段階が少し短い...   大丈夫? もう突く?

 「行きま~す」

 見事に割れました。

 これで「黒帯」の仲間入りですね

更新遅れました!

 先週は稽古に参加できなかったり、いろいろありまして更新が滞ってしまいました

 先週末の日曜日に、松本市総合体育館で空手協会の小・中学生長野県大会が開催され、仁武館からも選手が参加しました。
 みんな、それぞれ頑張ってきてくれました。

 団体戦に参加したチームは

    低学年女子・高学年男子・高学年女子・中学生女子

の4チームでした。
 
 こうししてみると、今の道場内の構成比率が解ってしまうのですが、新年度になって小学校を卒業して引退していった子には男の子が多かったと言うことなんですね。
 
 低学年男子のチームも組むことができなかったのですが、小学1・2年生はいるけれど3・4年生がいないんですね....
 ここ数年、入門者が女子に偏ったと言うことになってしまうんでしょうか....
 仕方のない話ではありますが、来年以降はまたチームを組める様に頑張らないといけないですね!

 さて、試合の方ですが管理人は都合で現地に行っていません。
 コート係をするはずでしたが、残念ながら会場に行くことはできませんでした。

 後で聞くところによると、コート係を担当していただいた保護者の方は口をそろえて「キツかった」とぼやいていました。
 今回の大会ではコート係も、この後に控えている全国大会の事前準備も兼ねてやって頂いていたのですが、今回がそんなにキツいということは、全国大会の2日間は一体どうなってしまうのでしょうね~

 当日の担当者の方には申し訳ないですが、それはそれとして大会自体はスムーズに進行できて、事前の予行演習という意味では大変良かったのではないでしょうか

 団体戦ですが、結果から言うと高学年男子チームが組手の出場権を逃してしまった以外は、全チーム全国大会出場が決まりました!!
 何はともあれ、これでホッとしましたね。
 あるチームは大方の予想を裏切り、好成績で全国出場権を獲得して管理人もビックリです

 中学生女子のチームは、昨年全国大会形の部での「三連覇」を逃してしまったので、今年はもう一度優勝できる様に頑張って欲しいですね。
 
 どのチームも頑張ってるから、全国大会までしっかり修正してレベルを上げていこうね!


 個人戦の成績ですが、全員の成績を述べるのは大変ですから、全国大会に出場することができない子が、3人いたことだけお話ししておきますね。

 今回の大会に参加した選手は、全員が全国大会に出場しますが、個人戦では出場できない選手も出てしまいました。
 自分の中に「俺は、私は、大丈夫」という「慢心」が何処かになかったかな....?

 試合はやってみなければ解りません。
 「下馬評」通りに事が運ぶときもありますし、「大番狂わせ」があるときも....
 それは、試合に出てコートに立っている「俺」、「私」の

          絶対、負けない

という気持ちが相手に勝るときに、大方の予想を裏切った「結果」が出るのですね。

 これからの時間をどう使っていくかは、みんなの「意識」次第。
 「全国大会に出られて十分」なんて、思わないで

 だって、この道場で頑張っているんだもの。


 

明日の大会

 今週はなかなか慌ただしくって、稽古にも参加できず....
 また、金曜日は選手だけの稽古日になっていたので、管理人を含め保護者は大会のコート係の打ち合わせ。

 皆さん、冬に戻ったような冷たい風の中、お疲れ様でした。

 団体形の練習をチョッピリ見ましたが、みんなそこそこの仕上がりでした。
 
 明日はいよいよ県大会です。
 みんな、頑張って全員が全国大会が開催されるエムウェーブに行こう!

 また、高校生の何人かも、高体連の北信ブロック大会が明日開催されるので、そちらに参加するようです。
 こっちも頑張って県大会に出場できるように頑張ってね!!

 また、明日!

五月

 五月に入り今日も暑くなった一日でした。
 風が強かったせいか、それほど気温が高いとは感じなかったのですが、体調を崩す人も出ているので大会も近いことですし、気をつけたいところですね。

 さて、気持ちの良い夜風が吹く中で稽古が始まりました。

 基本では「後屈立ちから騎馬立ちへの移行」を入念に行いました。
 
 「右後屈、左下段払い、右上段内受け」

 こう言うと、????? となってしまいますが、形の一つ「慈恩」の中に出てくる挙動です

 ここから「鉤突き」をしたり、「上段両手内受け」をしたりしますね。
 まさに今夜の主眼はここにありました。

 管理人は「鉤突きが腰から出ていない」との指摘を受けてダメ出しです
 まあ、そのほかにも「腰で突けていない」とか「姿勢が悪い」とか「寄り足が足らない」.....  いろいろあるのですが、要は「基本に忠実でなければならない」と言うことですね。

 基本の稽古にかなりの時間を割いて、次に形の稽古へ。
 
 即「慈恩」でした。
 そりゃそうですよね。
 ずっと、その挙動を練習していたのですから....

 前半の「三本突きからの上げ受け逆突き」の上げ受けのスピードと極めを注意して、基本でやった後屈からの動きに注意して....

 管理人はどうしても中間部の「内受け、追い突き」のところでスタミナ切れです。
 この形をやると、みんなそうだと思うのですが練習不足ですね。

 最後に短い時間でしたが組手の稽古。

 有段者が新しく入った者をつかまえて指導する姿が見えます。
 自分からは何をやって良いのかよくわからないから右往左往してしまうのですが、先輩が声をかけて引っ張っていってくれると新しい子供たちもやり易いですね。

 最後に小学3年生の男の子VS4年生前後の女の子3人の試合。

 管理人が主審。
 二段2人と初段2人が副審。

 試合の結果は男の子が一勝、女の子チームが二勝で女の子チームの勝ちとなりました。
 なかなかポイントとして採ることのできない技があるのですが、主審として試合を止めても副審が誰も動かないと状態だと、やはり採れませんね。
 相打ちみたいなものが、そのケースでしたかね....

 やはり踏み込みが足りないと、どうしても突きが「手打ち」になるのでポイントとしては採れません。
 管理人も「立ち方」がどういう形をとればいいのか、思案中です。
 動ける立ち方が良いのでしょうけど、動けても突き・蹴りにいくときに良い体勢をとれない様では駄目ですもんね。

 今夜も疲れました

 今週の金曜日は祝日ですから稽古はお休みですね。
 また、来週の大会前の金曜日は選手のみの参加になりますから、間違えない様にしてくださいね。

 でも、今週末の金曜日は選手だけで練習をやりそうな、そんな予感がするような、しない様な....

FC2Ad